【ESO】クエスト「帰還者」攻略

「帝国軍による攻撃を受けて、家屋は燃え、デイドラの生物が村中をうろついていた」

クエスト名受注場所/人物報酬
「帰還者」場所:バンコライ
クエスト「帰還者」の受注場所
ハミルから受注
軽-肩:焦げたショルダーパッド

414ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:井戸で手桶を満たす
すぐ東にある村に入り、井戸から水を汲みます

タスク2:火事を消す
村にある3軒の家で燃えている場所に水を使います

タスク3:シャランと話す
火事を消し終えると家の外にシャランが現れるので話します

タスク4:ヴィセトゥスのキャンプを探す
村の南側の高台にあるキャプへ向かいます

タスク5:ヴィセトゥスを倒す
ヴィセトゥスを倒します

タスク6:ダマールと話す
村の東側の入り口付近にいるダマールと話します

以上でクエスト「帰還者」はクリアとなります

ストーリー

ハミル:「頼む、手を貸してくれないか? ダマールという商人のために働いてるんだ。彼が君の助けを必要としてる」

どうした?

ハミル:「仕事で村を離れてる時に、帝国による攻撃の話を聞いた。ここに着いた時には、家が燃えてたんだ! ダマールは生存者を探しに行った。婚約者のミルタを探してるんだろう

ダマールは今どこにいる?

ハミル:「彼は家に入ったけど、体の片側を抑えながら逃げ出してきた。その時デイドラだらけになってるのに気付いたんだ! ダマールは奴らに追われて、村の反対側へ向かつた! 頼む、この手桶を使って、井戸から水を汲んできて火を消してくれ! それからダマールを探してくれ。彼ならここで何か起きたか、詳しく話ができるだろう。私はこの村の者ではないから、見たこと以外は知らないんだ

何とかしよう

村にある燃えている家を火事から救うことを引き受けた。 まずは近くの井戸で手桶に水をくむ

水は手に入れた。次は燃えている家で水をかけて火事の炎を消す

シャラン:「ここだ! 俺だ、シャランだ。助けてくれ! 囲まれてる!」

火事を消し終えると、生き残った村人のシャランから呼ばれた。この家の外側から声が聞こえたので、探し出し彼と話しをする

シャラン:「頼む、助けてくれ! あんたが炎を消したのを見たんだ。デイドラを止めてくれ!」

デイドラはどこから来てる?

シャラン:「帝国軍が突入してきた後で現れたんだ。ヴィセトゥスだ。奴が次から次ヘとデイドラを召喚している。奴は最初のデイドラの攻撃による生存者達を集めた。でも、彼らに何をしでかすか分からない!」

生存者たちはどこに連れていかれた?

シャラン:「丘の上の、岩場の裏へ連れていかれた。頼む、救出してあげてくれ! 俺もあそこへ向かってみる。これ以上ここに残る理由はないしな」

もっと情報が必要だ

シャラン:「協力ならする。ずっと隠れていたけど、火事で外に出ざるを得なくなったんだ! ここなら安全だと思ったけど、もう安全な場所なんてなさそうだな」

ダマールを知っているか?

シャラン:「ああ。 善良な男だよ。娘のミルタと婚約してる。デイドラが現れた時は留守にしていて、彼を探すためにいつもの道ヘ人を送ったんだ。彼の名前を知っているということは、生きてるんだな。本当に良かった」

ヴィセトゥスについて何か知っているか?

シャラン:「よくは知らないが、帝国の一味だ。でも別のグループか攻撃してきた後に到着して、また立ち去った。捕虜を殺すつもりだろう。 ペットのデイドラの餌にするのかも知れない。丘の上から悲嗚が聞こえたから、あそこにいるぞ。絶対に」

シャランから、彼の娘であるミルタを含む生き残った村人を、召喚師が捕虜にしたと聞かされた。 岩場の裏にある召喚者のキャンプを探し、村人を救出する

ミルタと、帝国の召喚師であるヴィセ卜ゥスを見つけた。 これ以上デイドラか現れて残りの村人を襲う前に、彼を止める

帝国の召喚師であるヴィセ卜ゥスを倒し、 ミルタを救出した。 村へ戻るとシャランとダマールが待っていた。彼らと話そう

ミルタ:「祝福を!祝福を!あなたがいなければ、今頃私達は皆死んでいたでしょう。生き残れなかった友達のために祈るわ。あなたへの感謝と共にね」

シャラン:「こうしていられるのはあんたのおかげだ。 我々がこの村を造り直した後、あんたがもう一度旅をするなら、その時は名誉ある客人として歓迎するよ」

ダマール:「何て嬉しいんだ・・・ミルタが生きてる! でも彼女とその父親に安全で生き延びられる避難所を提供できるのがいつか、 誰にも分からんな」

これからどうする?

ダマール:「ミルタと結婚するんだ。 デイドラが出ていったら、ここに家を建て直す。もちろん、シャランもー緒に住むことになる。どれも、あなたの助けがなければ不可能だった」

以上で「帰還者」のストーリーは完了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました