【ESO】クエスト「要塞の急襲」攻略

「帝国軍が、南北バンコライを隔てる戦略的な砦であるバンコライ駐屯地を制圧した。ア一ツェラ女王と聖ペリンの戦士たちが駐屯地を取り戻そうとしている中、エメリック王と獅子の守謹団が、支援のためにやって来た」

峠道での集結」からストーリーが続いているクエストです

バンコライの大楯:「縁にそって刻まれているのはエバーモアのイーモンド王とアーツェラ女王の紋章である」

クエスト名受注場所/人物報酬
「要塞の急襲」場所:バンコライ
クエスト「要塞の急襲」の受注場所
上級王エメリックから受注
盾:バンコライの大楯

414ゴールド

1スキルポイント

スポンサーリンク

攻略

タスク1:下水道に入る
エメリック王の後ろにある門を抜けて下水道に入ります

タスク2:門番小屋を探す
下水道を奥に進んで行くと門番小屋へ繋がる梯子があります

タスク3:中央門のスイッチを作動させる
門番小屋にあるレバーを操作します

タスク4:上級王エメリックに会う
門番小屋を出るとエメリック王がいるので話しかけます

タスク5:兵舎を襲撃する
要塞の西側にある駐屯地兵舎へ向かいます

タスク6:拘留された騎士を解放する
兵舎の地下監房へ向かい、そこで3囚われている騎士を解放します

タスク7:コマンダー・アティウスを殺害する
監房の奥にいるコマンダー・アティウスを倒します

タスク8:兵舎の外で上級王エメリックと会う
兵舎の外に出るとエメリック王がいるので話しかけます

タスク9:橋に攻め込む
エメリック王の後ろにある階段を下りてまっすぐ進んで行くと橋があります。橋の敵は倒してもすぐ復活するの相手にせず先へ進みましょう

タスク10:王家の墓地に入る
橋を渡り先へ進むと王家の墓地があるので中に入ります

タスク11:魔闘士パプスを倒す
王家の墓地の奥で魔闘士パプスを倒します

タスク12:上級王エメリックと話す
魔闘士パプスを倒した場所の近くに外へ通じる扉があるのでそこから外に出てエメリック王と話します

タスク13:召喚されたダークアンカーを破壊する
ダークアンカーの前にモアスと言う敵がいるので倒します

タスク14:上級王エメリックの演説を聞く
ダークアンカーを破壊すると演説が始まるので聞きます

タスク15:アーツェラ女王と話す
演説が終わったら要塞の南門から出てアーツェラ女王と話します。以上で「要塞の急襲」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
峠道での集結「要塞の急襲」を受注するためにクリアが必要なクエストです
「要塞の急襲」からストーリーが続いているクエストです

関連資料

アティウスへの命令
アティウスへの命令

ストーリー

上級王エメリック:「来たか。もし私達がすでに壁をよじ登っていると予期していたのなら、がっかりさせてすまない。誤解しないでくれ。やろうと考えてはみたんだ。我々の・・・ごく限られた人数で、強みを生かせるとは到底思えなかった」

強みとは何だ?

上級王エメリック:「ああ、ここに下水道の入口があるわけだが、帝国はそれを知らないようだ。それで、その・・・何だ、我々には君がいるしな。ここを攻撃戦略の基盤にしようと考えているのだが、どうだろうか?」

下水道から入れと言っているのか?

上級王エメリック:「ああ、勝利とは汚れることを意味すると云うが、 まさに文字通りの真実だ。下水道は門番小屋ヘと続いている。内から門を開ければ、下手に壁をよじ登って兵士を失わずとも駐屯地に入れる」

それなら下水道に入って門を開けに行こう

上級王エメリック:「大したことではないが、君が汚水を苦労して進んでいる間、私達はここで昼寝をする訳ではない。先へ進んで中央門に突撃する。それでうまく注意を引けるだろう。そしてそれは、君が失敗したなら私達は全員死ぬという意昧でもある。大したことではないがな」

攻撃を指揮するのか?

上級王エメリック:「戦いが始まる前に、神々が私を打ち倒すとお決めにならぬ限りはな。帝国軍との戦いについて話しながら、玉座の間でじっとしているのはもうたくさんだ。敵の鎧の隙間に、刃を滑り込ませる喜びをなくして寂しいのだよ」

ア-ツェラ女王も戦うつもりか?

上級王エメリック:「無論だ! 我らには戦いの血が流れている。君は我がー族が茶会に出たり、宮廷での戯れ事に興じたり、有力な貴族の機嫌を取ったりすることで王の座に就いたと思っているのか? 否。この国の王と女王の仕事は本来・・・血なまぐさいものなのだ」

アーツェラ女王:「私よりずっと立派な人達がこの王国を守るために命を失った。私の夫・・・私の子供達・・・彼らの元へ行くことを恐れてはいません」

全員が中に入った後の計画は?

上級王エメリック:「そこに抜かりはない。駐屯地の構造を含め、諸々の要点は既に調べあげてある。実際のところ、全ては我々がそこで目にするものにかかっているのだが何にせよ、奴らの油断を突けると確信しているよ。何があろうと、この機会は存分に活かさねばな」

そもそも、どんな経緯で要塞が帝国の手に落ちた?

上級王エメリック:「悲しいことだが、その点は定かではないのだ。二百人以上の聖ぺリンの騎士が駐屯していたが、逃げ延びたのは一握りの者だけだった。彼らの話は混沌として収まりがない。やれ巨大なデイドラが壁をはぎ取つただの、死者が墓から蘇っただの・・・本当のところは誰にも分からん」

魔導将軍セプティマ・サルンが関わっていたのでは?

上級王エメリック:「あの古き魔女が黒幕なのは疑いようもない。実際、逃げてきた騎士の一人は、レッドガードの避難民に化けたセプティマが、駐屯地に忍び込んだと主張している。そして次の夜にオブリビオンを解き放ったのだと。あの女のことを知っているが、いかにもありそうな話だ」

セプティマ・サルンを知っているのか?

上級王エメリック:「ああ。一度会った。ソウルバース卜の前だったな。認めるのも痛だが、本当に魅力的だと思ったよ。無論、彼女はノルドの冬のように冷たかったがな。今でもまだ、人を惹きつける力があるのだろうか? いずれにせよ、あの女の首は、槍の上にある方が映えるだろう」

上級王エメリックに、下水道を通って要塞に潜入してくれと頼まれた。 制御装置を探し出し、それを作動させて中央門を開ければ、エメリックが要塞の中に部隊を導ける

下水道に潜入して中央門を開け、エメリックが部隊を中に導けるようにした。門番小屋を出て王ともうー度合流する

上級王エメリック:「押し続けろ! 奴らを追い散らせ! 打ち倒せ! この感覚を忘れていた。血で頭がのぼせる。戦いの音と激情! そして数年経ったらとうだ? ここが私に相応しい場所だ。この駐屯地を取り戻すか、取り戻そうとして死ぬかだ」

次はどうする?

上級王エメリック:「私はかつて砦をいくつか制圧し、手痛い形で教訓を得た。中庭を制する者が、要塞を制する。中庭に兵力を集めるぞ。だが、同時に兵舎も攻撃すベきだ・・・帝国が鎧を身につける前にな」

兵舎を攻撃すればいいのか?

上級王エメリック:「そうだ。だが、準備できていない兵士たちを虐殺しろ、ということではない。我々はリーチの民ではない。マ一ラの名にかけてな。目的は別だ。そこには我軍の騎士が数名捕らえられているはずだ。彼らを解放しろ。味方はできるだけ増やしたい」

わかった。囚人を見つけたら全員解放する

上級王エメリック:「中庭を制圧したら、そこで会おう。ああ! それからセプティマ・サルンか彼女の指揮官を見つけたら、遠慮なく始末しろ。あの古い魔女を自分で始末したいところだが、君の方が適任だ」

もし見つけたら、始末する

上級王エメリックは中庭を支配するために部隊を先導した。その問、兵舎を襲撃して拘留された聖ペリンの騎士たちを解放し、見つけた帝国軍の指揮官たちを攻撃するように頼まれた

ジェリック卿:「アッティウスは広間の奥にいる。拷問された仕返しをしてやれ」

スルニク卿:「頼みは一つだ。コマンダー・アティウスを、殺してくれ」

兵舎で解放した聖ペリンの騎士たちに、コマンダー・アティウスを見つけて殺してほしいと頼まれた

聖ペリンの騎士たちを解放し、監房の奥にいたコマシダ一 ・ アティウスを殺した。 外にいる上級王工メリツクともう一度合流する

上級王エメリック:「君が現れてくれて本当によかった。あそこヘ突入して自ら君を探そうとしていたところだ。もし私が死んでいたら、君の責任になっていただろう。王の死を自分のせいにしたくないだろう?」

そうだな

上級王エメリック:「神よ! アーツェラの近くで、あんな風にふざけるべきではなかったようだ。かわいそうに。あのねじけた帝国の奴らが、 イーモンド王の遺体に何をしたのか分からない。駐屯地が陥落した時は、王を埋葬する寸前だったのだ」

正確には、どこに埋葬されたんだ?

上級王エメリック:「王家の墓地だ。バンコライの統治者は、全員そこへ埋葬される・・・永遠の番人のための場所だ。帝国は、そこで何か恐ろしいことを行っている。奴らの最終防衛線もそこに設置された。奴らが何をしているにせよ、必ず止めなくては」

任せてくれ。王家の墓地はどこだ?

上級王エメリック:「東だ。私の後ろにある橋を越えろ。足止めに来ているのは、奴らの徴集兵だけだ。奴らはいずれ力尽きるが、墓地を目指して突破するならすぐに橋を制圧しよう」

分かった。橋を渡って墓地へ向かう

上級王エメリック:「私達は君の後ろから続こう。約束する。だが道を片付けてくれ。私の死を君の責任にしたくないだろうとは、もう言わなくていいな。そうなれば残りの生涯は、思い悩むことになるだろうかろな」

アーツェラ女王:「墓地へ行くつもりでしょう? もしあのがさつなネズミ達がイーモンドを起き上がらせたなら、彼を倒すのです。ためらわずに。夫を愛していた。でもあんな状態になるくらいなら、彼が燃やされるのを見たほうがいい。何が起きても、絶対に私は彼に会わない」

王から要塞の向こうにある橋を襲撃し、王家の墓地へ踏み込んでくれと頼まれた。帝国軍か何かひどいことをしているかもしれないと恐れているようだ

帝国軍かデイドラを召喚している王家の墓地へ入った。ここで何が起こっているのか確かめる

魔闘士パプス:「王の戦士が来ます、魔導将軍。見せしめにしてやりましょうか?」

セプティマ・サルン:「〈我々〉ではない。〈お前〉よ。私は他にも仕事がある。儀式を終わらせたら、侵入者に対処して」

魔闘士パプス:「もちろんです。まずはダークアンカー、それから・・・ 侵入者。このような名誉に感謝します。帝国に栄光あれ!」

セプティマ・サルン:「残虐の王に栄光あれ。モラグ・バルに栄光あれ」

帝国軍とデイドラを王家の墓地から追い出し、魔闘士パプスを殺す

魔闘士パプス:「要塞は我々のものだ! 貴様ら間抜けどもはすぐに帝国の真の強さを目撃することになる!」

帝国軍の魔闘士パプスをたおすと王家の墓地にモラグ・バルの声が響いた

モラグ・バル:「貴様のカバナントは、我が怒りから逃れることはできん。すぐにわかる」

王家の墓地を一掃したが、闇の儀式を止めることはできなかった。 裏口から墓地を出て、できるだけ早くエメリック王と合流する

上級王エメリック:「君が墓地に下りた時、この胸糞悪い冷たい霧が押し寄せたのだ。地面が揺れ、あのドルメンが私達の足下から現れた。私達は君の帰還を待つために、ここヘ退却したのだ。あとは知っての通りだ」

命令は何だ?

上級王エメリック:「生憎だが、<空から巨大なデイドラ・アンカー> 問題は私よりも君のほうが専門だ。これは君に先導してもらおう」

あまり王らしくないな

上級王エメリック:「父がよく言っていた。「聡明な指導者は任せ方を知っている」とな。父は酔って死したが、格言は知っていたようだ。これ以上に王らしいことがあるか?」

いいだろう。アンカーを破壊しよう

モラグ・バル:「バンコライは我がものだ。定命の者よ、貴様が護ることはできん」

アーツェラ女王:「今、ここにダークアンカーが? デイドラ公、モラグ・バルは確実にバンコライで影響力を増しているのですね」

上級王エメリック:「これは少々予想を超えている。オブリビオンが来ようがコールドハーバーが来ようが下がらないと言ったな? 物の例えだったんだが・・・君が退却するベきだと言ってくれるのなら・・・その助言を考慮するかもしれん」

帝国軍はバンコライ駐屯地の中庭にダ一クアンカーを召喚した。アンカーを取り囲むデイドラを倒し、その後にアンカー自体を破壊する

モラグ・バル:「貴様の王と女王は、すぐにコールドハーバーで奴隷となる!」

中庭でダークアンカーを破壊し、戦いは終り、バンコライ駐屯地を取り返した。エメリック王とアーツェラ女王が軍隊に向けて演説するためにこちらへ来ている。 彼らか何と言うか聞いてみる

上級王エメリック:「彼らは、鎖でこの場所を暗闇と死の中に縛り付けようとした… だが鎖は破壊された! 駐屯地は我々のものだ!覚えておけ。この勝利は歴史書に書き残されるだろう! 今日この日が、帝国崩壊の始まりの日だ!」

アーツェラ女王:「聖ペリンの騎士たちよ! 仲間の多くがここで死にました。しかし、これは彼らの犠牲と引き換えに手に入れたもの。多大なる感謝と誇りを捧げましょう!」

上級王エメリック:「奴らを追い出したぞ! さあアーツェラ。こっちに来て、敵が逃げて行く様を堪能するがいい」

演説が終わるとエメリック王とアーツェラ女王は駐屯地の南門から出た。 後に続いて女王と話す

上級王エメリック:「君も私と同じくらい腹が減ってるか?  私は完全に飢えている。戦いのスリルのせいだ。そして死を弄ぶことも、食ベ物の味をより一層良くする。後で祝宴を開かないとな。もちろん、駐屯地がー掃されたらだが」

アーツェラ女王:「率直に言いましょう。駐屯地を取り戻せるとは思っていませんでした。ここで死ぬことを予期していたから。それを望んでさえいた・・・ですが、私の心は今、幸せで満たされています。エバ一モアの人々が幸せなら、私も幸せなのです」

では、帝国は倒されたのか?

アーツェラ女王:「ええ、もちろん戦争は決して終わっていない。だが私達は重要な戦いに勝った。間違いなく帝国軍に敗北を与えたはずです。そしてエバーモアは安全になった。戻るベきでしょうけれど、エメリツクが南部バンコライを解放するため、進軍したいと思っている気がするわ」

それが賢明だと思うのか?

アーツェラ女王:「賢明か否かは私の言えることではありません。私に言えることは、エメリックが進みたいのなら、あなたがついて行くのを願うということだけです。あなたが仕事に関わると、明らかにかなり高い可能性で成功するようですから。年月がエメリックを冷酷にしてしまった。彼を冷たくしてしまったと本当に思います。ですがエバーモアに着いてからは、子供の頃に遊んだいとこの姿を少し思い出させます。すベてこれまで通りとはいかないけど、彼の魂は再び呼び覚まされたと思います」

以上で「要塞の急襲」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました