【ESO】クエスト「記憶の中の贈り物」攻略

「学者ヘルミニアス・ソフスとそのガイド、アゼイ・アトオウィノクが、沈んだ道ではぐれてしまった」

クエスト名受注場所/人物報酬
「記憶の中の贈り物」場所:バンコライ
クエスト「記憶の中の贈り物」の受注場所1 クエスト「記憶の中の贈り物」の受注場所2
ヘルミニアス・ソフスから受注
指:安い小装飾品

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:アゼイ・アトオウィノクを探す
洞窟の東側の袋小路の方へ進みます

タスク2:アゼイ・アトオウィノクを解放する
蜘蛛の巣に囚われているアゼイ・アトオウィノクを解放します

タスク3:アゼイ・アトオウィノクと話す
アゼイ・アトオウィノクを解放したら彼と話します。以上でクエスト「記憶の中の贈り物」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
出版か破滅か「記憶の中の贈り物」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ヘルミニアス・ソフス:「私は・・・君を知ってるのか? ここは凄く暗い。それに、考えられない程疲れている。ああ、世界は私の才能を拒むのだ!」

なぜここにただ座っている?

ヘルミニアス・ソフス:「我々が皆そんな問いかけをするなんて、すごいことじゃないか? まあ、すベてアゼイ・ア卜オウィノクのせいだがね。彼は案内人なんだ。というか、<だった> 。今彼がどこにいるのか知る由もないが、ここへは遣跡の見学に来たんだよ。君もそのために来たんだろう?」

何の遺跡だ?ガイドがどこかの遺跡で行方不明になったのか?

ヘルミニアス・ソフス:「ジュリアノスの真実にかけて! そのような無知には唖然とするな。アゼイ・ア卜オウィノクの身に何が起きたか突き止めてくれたら、遺跡についてすベて教えよう。彼が死んでいる場合は、彼に支払った給料を取り戻したい。私の状況がどんなにひどいか、君がきちんと理解してくれるとは思えないな。たぶん君は毎日こんなふうに暮らしているんだろう・・・」

ガイド探しを手伝おう。アゼイがどの道を行ったのか分かるか?

ヘルミニアス・ソフス:「この洞窟をさらに奥深く入って行った。灼熱の南バンコライ砂漠と、より過ごしやすい北部地域を結ぶ古い道だ。道に迷ったなんて思ってないだろうな? 彼の案内人としての評価に影を落とすことになるぞ?」

話にあった遺跡はどこだ?

ヘルミニアス・ソフス:「何事にも侵先順位がある! まずアセイ・アトオウィノクを見つけよう。奴に道具や装備が奪われたままだからな」

アゼイ・ア卜オウィノクを探すと申し出た。彼は洞窟のさらに奥にいるようだ。探しに行こう

アゼイ・アトオウィノク:「誰かいないか? 助けてくれ!」

クモの巣に捕われたアゼイ・ア卜オウィノクを見つけた

アゼイ・アトオウィノク:「蜘蛛が戻る前に解放してくれ!」

彼を自由にすれば、この大きな巣を作ったクモの注意を引いてしまうかもしれないため、何かあった時に備えよう

アゼイ・アトオウィノクがクモの巣から自由になったので、話しかけて彼の身に何か起きたのか確かめる

アゼイ・アトオウィノク:「蜘蛛の毒をくらった・・・気を付けろ。奴らは動いている者に寄ってくる」

蜘蛛の攻撃?

アゼイ・アトオウィノク:「この通路に入った時、私は少し立ち止まり、へルミニアス・ソフスはそのまま進んだ。振り返る間もなく、とてつもなく大きな蜘蛛に足を噛まれ、私は倒れた。身を守ることもできなかったよ」

ヘルミニアス・ソフスは戻ってあなたを見つけなかったのか?

アゼイ・アトオウィノク:「案内人を雇ったのには理由があるのさ。彼が私を呼ぶ声は聞いたが、堂々巡りをしていて、近くに来そうにはなかった」

ヘルミニアス・ソフスとの仕事を続けるのか?

アゼイ・アトオウィノク:「ああ、無知な者を攻撃から守るのが任務なんでね。蜘蛛の毒は徐々に消えるが、未熟者の研究と採集は終わることはない。へルミニアス・ソフスはお前といるようだな。私と同じ仕事をして給料を貰えるだろう・・・ヘルミニアス・ソフス、どうした? ひどい状態だぞ」

ヘルミニアス・ソフス:「私が危険な状態だったと分かっていたのか?」

アゼイ・アトオウィノク:「だが、お前の荷物は? それにラテブリウスはどこだ?」

ヘルミニアス・ソフス:「ラテブリウス? 私はそこらの物乞い並みに衰弱している。だのに、君は猿のことを尋ねるのか? 君がいかに酷い案内人か、書かねばな!」

アゼイ・アトオウィノク:「彼を再び迷わせないようにしないといけないな。お前の手助けに感謝する。そして私が不在の間、へルミニアス・ソフスがお前にしたことに対して、心から謝ろう」

以上で「記憶の中の贈り物」のストーリーは終了し「出版か破滅か」へ続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました