【ESO】クエスト「悪の心臓」攻略

「エバーモアの安全を確保し、バンコライ北部からリーチの民を追い出す唯ーの方法は、彼らのリーダーであるハグレイヴンのウエラを倒すことだ。こちら側のジャックドー入江にいるウィレスたちを助けることを引き受けた」

ダークウィットネスの撲滅」からストーリが続いているクエストです

クエスト名受注場所/人物報酬
「悪の心臓」場所:バンコライ
クエスト「悪の心臓」の受注場所
ウィレス・フレイダから受注
軽-胴:自然の激昂のローブ

664ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ウィレス・ラシャンと話す
ラシャンと話しをします

タスク2:トーテムを燃やす
ラシャンと話した場所か北にあるリーチの民の野営地で3つのダークウィットネスのトーテムを燃やします

タスク3:ウィレス・ラシャンと話す
ラシャンと話します

タスク4:奇妙なカラスと話す
奇妙なカラスと話します

タスク5:塔でウィレス・ラシャンと会う
リーチの民の野営地の南側にある塔でラシャンと話します

タスク6:カラスの霊魂と話す
リーチの民の野営地に居る3羽のカラスと話します

タスク7:ウェラの住処に続く扉を探す
リーチの民の野営地の南西にある

タスク8:ウエラの住処に入る
ラシャンが扉を開けてくれたら塔の中に入ります

タスク9:ウエラを倒して心臓を奪う
塔に入ったら先へと進み、ウエラを倒します

タスク10:カラスと話す
ウエラを倒したら、カラスと話します

タスク11:ウェレス・ラシャンと話す
塔からでたら、ラシャンと話します

タスク12:心臓を意識のサークルに投げ込む
ウィレス達が儀式を始めたらウエラの心臓を投げ込みます

タスク13:ウィレス・ラシャンと話す
儀式が終わったら、ラシャンと話します。以上で「悪の心臓」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
ダークウィットネスの撲滅「悪の心臓」を受注するためにクリアが必要なクエストです
和平交渉「悪の心臓」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ウィレス・フレイダ:「今は、誰かを助けられるような余裕がない。特に、街の住民はね。ハグレイヴンのウエラと彼女のリーチの民が森のこの辺りとここにあるもの全てを奪った。ここの全ては…ウィレスたちも含めて弱体化したわ」

リーチの民を追い出す計画なのか?

ウィレス・フレイダ:「彼らが行く先々で、森はゆっくりと枯れて死んでいく。ウエラとその「ダークウィッ卜ネス」を追い出さなければ、私達は死んでしまうの。残念ながら、あの老婆はウィルドの魔法に通じてる。私達の力を抑え込む、ひどい卜ーテムを作り上げた」

手を貸そうか?

ウィレス・フレイダ:「あなたのような者を信頼しろって? そうね。まあ…姉妹のー人があなたを監視するならいいわ。ウィレス・ラシャンは若いけど、やってくれるはず。ラシャンはもうすぐ偵察から戻ってくる。本気で助けてくれるつもりなら、トーテムの破壊には彼女が同行するわ」

構わない

ウィレス・フレイダ:「ラシャンがどうやったら助けられるかを教えてくれるけど聞違えないで、よそ者。もしここで腐敗してない自然を傷つけるような行動をとったら、彼女が真っ直ぐにあなたの喉を狙うから」

どうしてそんなに不信感を持つんだ?

ウィレス・フレイダ:「あなたのような人間は、自然の秩序の脅威だからよ。ここに戦争を持ち込んで、廃棄物を置き去りにしていく。木を切り倒して、川の流れを変えてしまう。文明と進歩の名のもとに」

他の者と同じだと言うのか?

ウィレス・フレイダ:「そうよ。自然は哲学的なものではなく、現実的だから。私達は理想主義や複雑な理論を基準にして判断を下したりしない。経験から判断するのよ。経験上、あなたたちはみんなー緒だと分かるの…信頼できないわ」

あなたがここのウィルドのリーダーか?

ウィレス・フレイダ:「私たちは、街の住民のように健全ではない社会の構造を支持しない。私たちグレンモリル・ウィルドは自然の秩序に従う。森のこの辺りはジャックドーのカラスたちのもの。つまり、彼らの必要に応じて私たちは行動する。彼らが苦しめば、私たちも苦しむ」

エバーモアに群がっていたカラスたちは、ここから来たのか?

ウィレス・フレイダ:「そう。ウエラはジャツクドーのカラスたちを腐敗させ、支配した。たくさんのカラスが消えたわ。彼女の影響下から逃げられたのならいいんだけど。おそらくは別の場所へ、彼女の目と耳になるために送られたんだわ」

ウエラについて何か知っているのか?

ウィレス・フレイダ:「彼女は自然の秩序に悪影響を及ぼす…今まで聞いた中でも、最も不潔で悪いハグレイヴンよ。彼女は、なぜかハーシーンのお気に入りになった。彼女の従者たち、「ダ一クウィットネス」には神のように扱われている」

彼女はここで何を望んでいる?

ウィレス・フレイダ:「ずっと、ずっと昔、この土地はリーチのものだったわ。やがて自然の秩序が彼らを追い払ったけれど、今になって土地を取り返しに戻ってきたのよ」

不蕃の念を抱きながらも、ウィレスたちは手助けを受け入れることにした。じきにウィレス・ラシャンがリーチの民のキャンプの偵察から戻るはすだ。少し待とう

ウィレス・フレイダ:「ほら、彼女が来たわ… ラシャン。ウエラのトーテムを壊す志願兵が一人増えたわよ」

ウィルドが魔法を使えなくしているトーテムを破壊することについて、ラシャンと話す

ウィレス・ラシャン:「私たちにはよそ者を信用する習慣がないの。でも森の苦しみは、姉妹の心を柔らかくするみたいね。もし本気で助けてくれるなら、申し出は断れないわ」

リーチの民を倒すためなら、何でも手を貸そう

ウィレス・ラシャン:「簡単じゃないわ。まずウエラのトーテムを破壊しなければならない。そうしないと、私たちはマジカのために自然の力が利用できないのリーチの民が近くで守っているけど、一緒に戦うわ。呪文は使えないけど、鋭い爪と凶暴な牙があるから」

手助けは大歓迎だ

ウィレス・ラシャン:「森のためよ。あなたのためじゃない。トーテムは三つあるわ…ただのまとめた棒に見えるだろうけれど、私にとっては毒よ。私は近づけないから、壊すのはあなたの仕事よ。さあ、準備はいい?」

準備はできている。行こう

狼として同行するウィレス・ラシャンと共に、ウィルドが魔法を使うのを妨げているトーテムを燃やす

ウィルドが自然の魔法を使うのを妨げている、トーテムの破壊に成功した。ウィレス・ラシャンと話して、効き目があったか聞く

ウィレス・ラシャン:「ああ! また森をはっきりと感じる…これはいいわ。自然の秩序が再び現れ始めている。まだとても弱いけどね。健全な状態に戻すためには、育まないといけない」

ウエラはどうなる?

ウィレス・ラシャン:「彼女には死んでもらう。ウエラが生きている限り、腐敗は止まらない。彼女の血は、森に必要な養分なのよ。ああ! マジカが戻ってきてる。頭がスッキリしてきた…古い塔で会いましょう。位置を確認しないと」

そこで会おう

奇妙なカラス:「野蛮人め! 私の芸術を破壊したことを後悔させてやる!」

ウィルドが自然の魔法を使うのを妨げている、トーテムの破壊に成功すると、顔見知りのカラスが現れた。カラスに話しかけて、用件を聞く

奇妙なカラス:「森の小さい女の子達と遊んでるの? まあ私と遊んで、後悔した者はたくさんいるからね! さあ。私の新しい遊び相手は、一体どうやって勝つつもりなのかい?」

倒して勝利してやる

奇妙なカラス:「倒す? はは! ウエラを倒すにはまず見つけないとね。私はお前を見つけられるけど、お前には無理だね!」

見つけてみせる

奇妙なカラス:「ふん! 居場所はカラスのみが知る秘密。そしてカラスが望むのはお前の死。私のしじゃない。探しに来ればいい。でも最後にお前の目に映るものは…黒いくちばしが目玉をつつき出すところだよ!」

それはどうかな

ハグレイヴンのウエラか再びカラスを通して話をしてきた。彼女の居場所は「カラスしか知らない」秘密だという。古塔でウィレス・ラシャンと会って、次の計画について話し合おう

ウィレス・ラシャン:「聞いて。わ、私が以前あなたにとても辛くあたったのは間違いだった。あなたは、信頼できる人物だと証明してくれた。言葉で表せないくらい、あなたの助けには感謝してる。最後まで見届けてくれるなら、なおね」

分かった。そこで、カラスを通してウエラと話した

ウィレス・ラシャン:「話したの? まったく! じゃあ、きっとあのハグに気づかれてる! あいつは警戒したでしょう! もちろん、彼女は何重にも防御を固めているはずよ。彼女を探す方法も分からない。気づいていなかったでしょう?」

カラスにだけ分かる秘密だと、彼女は言っていた

ウィレス・ラシャン:「かわいそうなカラスたち。彼女に完全に支配されている。彼らの霊魂は無力よ。自然の領域から、彼らの身体に何が起きるか見守るしかない。カラスたちは彼女の言いなりに移動している。居場所を知っているかもしれない」

カラスと話す方法はないか?

ウィレス・ラシャン:「実は、自然の力を取り戻すことができたから、方法はある。あなたを自然の領域に連れていくことができる…けど、今の姿ではもちろん無理よ。でも、カラスの本当の霊魂と話すことができる。私を信じられる?」

信じる

ウィレス・ラシャンと一緒に狼の姿になり、自然の世界へ入った。ここでカラスの霊魂と話して、ウエラの住み処にたどり着く方法について聞いてみる

カラス:「この領域と物質的な領域の間を旅できるなんて羨ましい。私はここから動きがとれないからな。一歩も動けない」

助けに来た。どうすればハグレイヴンを見つけられる?

カラス:「もしここに彼女がいたら、目をえぐり出してやるのだが。いや、彼女は自然界にはいない。だがもちろん、現世界では彼女にはたどり着けん。他のカラスならなにか知っているかもしれないが」

では、別のカラスを探す

カラス:「狼が私を食ベようとしたことがある。我々が自然界に存在しているという理由でだ。私と君は友だちになれると思うか? おそらくだがハグレイヴンは君の魂もここに閉じ込めたのではないか?」

いや、だが彼女を探し出す

カラス:「そうか? 現世界に入ることができるなら、可能性があるかもしれないな。ウエラの隠れ家への扉はこの世界にあるが、現世界にある結界を壊さなくてはならない。詳細は他のカラスに聞いてくれ」

分かった。では、別のカラスを探す

カラス:「世間話はいい。君がなぜここにいるのかを知っている。自然界においてニュースはカラスたちの間を素早く伝わるからな。ウエラの元へ行くのは無理だ。仮に彼女の結界を破っても、領域に入った途端君の魂が崩壊するだろう」

魂がなかったらどうなる?

カラス:「なぜそう言わなかったんだ? それなら可能だろう。君はどこか他の者と違うようだな。ウエラの隠れ家は島の塔にある。物理領域にある結界を壊せ。だが、ここから扉に入るんだ。私から聞いたとは、彼女に言うなよ」

情報をありがとう

ウィレス・ラシャン:「じゃあ、ウエラは島の塔に隠れたの? なら偵察して情報を収集しましょう」

自然の世界でカラスの霊魂と話し、ウィレス・ラシャンと自分にはウエラの結界を通る方法が分かった。まずは島の塔でウエラの住み処へ続く入口を探す

ウィレス・ラシャン:「ここのようね。あなたが中に入って。私はあなたを仲間だと感じ始めてた。でも、今は離れなきゃいけない。扉の結界を破る方に加わらなければならないの。羨ましいけど、中に入って老いたハグに噛みついてやって」

この形のままいられるのか?

ウィレス・ラシャン:「無理でしょうね。彼女の隠れ家は物理の領域にあるから、あなたもあなたの姿に戻るでしょう。きっと、それほど変わらないと思うわ。でも、いいことよ。あなたには自分の手が必要になる。あの婆さんが死んだら、汚らわしくて小さな心臓を掴むんだから」

どうして彼女の心臓が必要なんだ?

ウィレス・ラシャン:「彼女の血が森に必要な養分と言ったでしょ。文字通りの意味よ。彼女はこの腐敗の根源だから、森を清める儀式のためには彼女の心臓が必要なの。さあ…心臓を取る準備はできた?」

いつでもいいぞ

ウィレス・ラシャン:「そこよ。物理の領域へ戻って。時が来たわ」

ラシャンは、扉の結界を破るために物理的な世界へ戻った。それが済んだら、島の塔へ入る

ウィレス・ラシャン:「いいわ! 今なら扉は開いているはず! 行ってあの心臓を持ってきて!」

ウエラの住み処にたどり着いた。ハグレイヴンを倒して、その心臓をウィレス・ラシャンの元へ届ける

ウエラ:「よくも私の暗い穴に入ってくれたね? 私のカラスが、お前をバラバラに切り裂いてやる!」

ウエラを倒した後、彼女が心を奪っていたカラス達が降りてきた。そのうちのー羽から呼び掛けられた

カラス:「君は彼女を殺した。君は我々を解放した。ハハ! 自由だ。遂に自由になった! そして、 ウエラは死んだ。死んだんだ!」

ああ、そうだ

カラス:「良かった、安心した。もう声もなければ拘束もない。体と心が再び一つになったんだ。ジャックドー入江のカラスは、君に借りができたよ」

また自由になれて良かったな

カラス:「ああ、自由で楽しい! ハグレイヴンは皮と骨だけだったけど、そこにあるものは甘い食ベ物だ。救ってくれてありがとう、そして夕飯をありがとう!」

楽しんでくれ

ハグレイヴンのウエラを倒し、奴隷になっていたカラスを解放した。次はウエラの心臓を、塔の外にいるウィレス・ラシャンの元へ届ける

ウィレス・ラシャン:「リーチの民はウエラの死を感じたに違いないわ。彼らは混乱し、同士討ちを始めたの。私と姉妹が片付けるのは、簡単になったわ。今こそ心臓を。あなたが持ってるといいけど」

この儀式には実際にどういう効果があるんだ?

ウィレス・ラシャン:「巨大な蔓が、すべての生命を締め上げているのが分かるでしょう? 儀式を行い、この地域から邪悪な存在を排除するの。この地を癒やすために必要なことよ。でも、どうして始めないの? あの蔓に取り込まれた?」

いや、心臓を渡そう

ウィレス・ラシャン:「今はまだ持っていて。考えがあるの。ウィレス・フレイダは怒るでしょうけど、あなたは名誉ある者よ。さあ、儀式を始めましょう。地表を貫いたら、その心臓を輪に投げ込んで。それで呪文が完成する」

分かった。合図してくれたら、心臓を投げ込む

ウィレスたちは森を浄化する儀式でウエラの心臓を必要としている。儀式が開始されたら、その心臓を儀式のサ一クルの中へ投げ込む

ウィレス・ラシャン:「さあ、姉妹たち。儀式を始めましょう……あなたの番よ。続けて。心臓をサークルの中に投げ入れるのよ」

ウエラの心臓を投げ込むとウィレス達は森を浄化する儀式を終えた。ウィレス・ラシャンと話してお別れを言う

ウィレス・ラシャン:「よそ者が現れてウエラを殺すなんて、誰が想像できるの? だからと言って、 私達がエバーモアと交流を始めたりはしないと思うけど。でも、もしかしたら、もう少し友好的になるベきなのかもね」

そう願う

ウィレス・ラシャン:「個人的には、花が太陽に感謝するように、あなたに感謝してる。窒息しそうな時に、あなたはこの地に命を取り戻してくれた。表向きにはよそ者を友人とは呼ベないけど、少なくとも味方と考えられると思う

以上で「悪の心臓」のストーリーは終了し「和平交渉」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました