【ESO】クエスト「決断の向こう側」攻略

「リーチの民がノースグレンを攻撃した。エバーモアの街を攻撃してくる前に阻止する」

徹底抗戦」からストーリーが続いているクエストです

クエスト名受注場所/人物報酬
「決断の向こう側」場所:バンコライ
クエスト「決断の向こう側」の受注場所
ユジアン・ゲアクロフトから受注
重-胴:守り手の胸当て

414ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:礼拝堂を捜索する
街道を北に向かって進んで行くと礼拝堂に着きます

タスク2:ハトミと話す
礼拝堂の2Fにいるハトミと話します

タスク3:ウィルド野営地を探す
礼拝堂から北東にある海岸沿いにウィルドの野営地があります

タスク4:ウィレス・アステリアと話す
ウィルドの野営地にいるウィレス・アステリアと話します

タスク5:ウィレス・デルフィークと話す
遺跡に入ってウィレス・デルフィークと話します

タスク6:マーカーを破壊する
遺跡の外に出て、南に向かいダークウィットネスの墓標を3つ破壊します

タスク7:デュラエグを探す
ダークウィットネスの墓標を破壊した場所から少し南にあるデュラエグの家に入ります

タスク8:デュラエグを倒す
デュラエグの家の地下に向かい、デュラエグを倒します

タスク9:イザベス・ゲアクロフトの後を追う
デュラエグを倒したら、家から出てイザベスと話します

タスク10:種を破壊する
デュラエグの家から北にある畑の周辺で箱に入った種を4つ破壊します

タスク11:エバーモアのキャンプに戻る
種を全て破壊したら、ユジアン・ゲアクロフト隊長がいるキャンプに戻ります

タスク12:イザベス・ゲアクロフトと話す
キャンプに戻ったらイザベスと話します

タスク13:ユジアン・ゲアクロフト隊長と話す
ユジアン・ゲアクロフト隊長と話します。以上で「決断の向こう側」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
徹底抗戦エバーモアからノースグレンへと物語を繋ぐクエストです
ダークウィットネスの撲滅「決断の向こう側」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ユジアン・ゲアクロフト:「助けに来てくれたのか? デュラエグとダークウィッ卜ネスがいきなり攻撃して来たんた。隊の斥候が情報を集めていたが、戻ってきたのは二人だけだ。それでイザべスが命令に背いて彼らを探しに行った。その彼女もまた戻ってきてない。これ以上何が悪くなる?」

助けになれるだろう

ユジアン・ゲアクロフト:「どんな手助けでも歓迎するよ。イザべスはハ卜ミを探しに礼拝堂に向かって行ったのが最後の目撃情報だ。斥候の任務は情報を手に入れて市民を救うことだ。侵略者をエバーモアに到達させるわけにはいかん」

できるだけのことはしよう

ユジアン・ゲアクロフト:「エルジェニーが作ったこの調合薬を受け取れ。彼女によると、「治して隠す」らしい。彼らが負傷していれば必要になるだろうが、効果の持続時間は限られている。ここまで真っすぐ戻って来なければ、効果が徐々に消える恐れがある」

全力で探そう

ユジアン・ゲアクロフト隊長に、行方不明になった衛兵を探すために派遣された。エバーモアの野営地の北にある礼拝堂で、ハ卜ミとイザベスを探せと言われた

ハトミ:「汚らわしいリーチの民め」

礼拝堂の中で負傷した女を見つけた。彼女と話し、ゲアクロフトの斥候のー人かどうか確かめる

ハトミ:「リーチの民ではないのね。ステンダールは、やっと慈悲を私に与えてく れた」

ゲアクロフト隊長の依頼で助けに来た

ハトミ:「彼から? イザベスではなく? 他の者が来ると思っていたのに」

イザベスの行き先を知っているか?

ハトミ:「彼女はウィレスと、ラティーユという村人を救ったの。ウィレスはアイレイドの遣跡の下の区域を保持していたと話していた。イザべスは、ウィレスと同盟が組めるかどうか様子を見てくると言っていたわ。この傷では足手まといだから、私をここに置いていくように言ったの」

ウィレス?

ハトミ:「ええ、森の女性よ。彼らを信用するなと教えられてきたけど、イザベスは彼らの手を借りてノースグレンを取り返し、リーチの民をエバーモアから遠さけることができると思ったの。まだ岸辺で彼らとー緒にいるかもしれない。そこには遣跡の入り口があるわ」

彼らを探す。この湿布を使って、キャンプに戻れ

ハトミ:「エルジェニーは良い仕事をしてくれたわね。ありがとう。キャンプに戻ったら会いましょう」

ハ卜ミによると、イザベス・ゲアクロフトは礼拝堂の向こうにあるウィレスのキャンプに向かったらしい。そこで彼女に追い付けることを願う

ウイ ルド野営地に着いたので、ウィレスのー人と話し、イザべス・ゲアクロフ卜がここにいるか確かめる

ウィレス・アステリア:「妙ね。何が望みなの?」

イザベスという斥候を探している

ウィレス・アステリア:「彼女はここにいたわ。我々の姉妹を助けてくれた借りがあるの」

彼女と一緒に、ラティーユという村人はいたか?

ウィレス・アステリア:「もうー人は、正体不明の病気にかかっているわ。病気の子はここから遠さける。でないと、彼女の不治の病が森中に広がってしまう。興味があるなら、ウィレス・デルフィークと話して。遺跡の中にいるわ」

わかった

遺跡にいるウィレス・デルフィークを見つけ、ラティーユについて話を聞く

ウィレス・デルフィーク:「ウィレス・アステリアがあなたを入れたの? ちゃんとした理由があるとは思うけど。石の家ヘ私を探しにきたのはなぜ?」

ラティーユに何かあったのか?

ウィレス・デルフィーク:「ああ、あの子を探しているのね。彼女はどこにも行かない。彼女は病気に感染していて、何があるのか調ベなくてはならないの」

原因が分かっているのか?

ウィレス・デルフィーク:「間違いなく、種ね。「ダークウィットネス」がノースグレンの地に何を栽培していたかは分からないわ。最後に試したい治療があるの。いいところに来たわね。結果を見て」

ウィレス・デルフィークから、ラティーユの治療を最後にもうー度試みるから見ていてくれと言われた

ウィレス・デルフィーク:「見たものを、目に焼き付けて覚えておくのよ。まず、この腐敗を明らかにしてやるわ…ほら。あれがはっきりと見えるでしょう。さあ、あれを浄化してやるわ。悪しき獣よ、去れ!……ああ、計画通りにはいかなかったわね」

呪文は成功せず、ラティーユは死んだ。 起きた事態についてウィレス・デルフィークと話す

ウィレス・デルフィーク:「言葉にしたくはないけど。「ダークウィットネス」は我々全員を彼らの操り人形に変えて軍を補強し、エバーモアを奪おうとしている。でも、そんなことはさせない」

ラティーユに何をした?

ウィレス・デルフィーク:「悪を排除しようとしたのよ。でも、私の呪文で悪が加速してしまった。彼女はノースグレンをうろつく悪鬼に変えられてしまったわ。囚人がどこにもいないのは、少し不思議だった。彼らは姿を変えていたのよ。相手の軍勢が大きくなれば、ビリジアン・ウッドヘの脅威も大きくなるわ」

ゲアクロフト隊長と手を結ぶのか?

ウィレス・デルフィーク:「エバーモアの兵士たちと? 信用できないわ。私たちがビリジアン・ウッドを離れたら、数日で木が切り倒されて地面を掘られるでしょう。そこに暮らす生命には関心なくね」

どうすれば彼らと同盟を組んでリーチの民と戦ってくれる?

ウィレス・デルフィーク:「このルーンを持って、畑にあるリーチの民のしるしを枯らして。それからデュラエグの頭を落とすの。我々の味方であることを証明できたら、前に話したイザべス隊長に会わせるわ」

イザベスはここにいるのか?

ウィレス・デルフィーク:「彼女は農場の家を調べなくちゃいけないと言って去ったわ。あなた達は行き詰っているの? それとも、私達がエバーモアの兵士たちを信頼すると本気で思ってるの? イザベスも、去る前に同盟について話していたわ。さあ、彼女の仕事を仕上げて。デュラエグの頭を落とす気はあるの?」

任せてくれ

ウィレス・デルフィーク:「幸運を祈ってる。この仕事を無事終えたら、エバーモアのキャンプに向けて旅をしましょう。私達は土地と強く結びついている。あなたが成功した時にはわかるわ」

リーチの民のしるしと言っていたが、それは何だ?

ウィレス・デルフィーク:「リーチの民の彫像よ。デュラエグが地表から作ったもの。おそらく、置いていった力を取り戻すための。畑で彼らが育てている種の元ね。しるしを破壊すれば、種も破壊できるわ」

「置いていった力」とは、どういう意味だ?

ウィレス・デルフィーク:「この地は、つい最近まで彼らのものだったの。土地を取り戻しに来たのよ。だからエバーモアは、彼らにとって大事なの。ビリジアン・ウッドの脅威にならなければ、彼らに手を出すことはなかったと思うわ。リーチの民は境界線というものを知らないのよ」

このルーンの効力は何だ?

ウィレス・デルフィーク:「ウィルドの魔法が込められているわ。しるしに接触させると魔法がそこを通り抜け、塵しか残らないほど枯れてしまうのよ。魔法は深くまで入り込むから、生み出される種にも届くわ」

悪鬼に変えられた者の治療法は本当にないのか?

ウィレス・デルフィーク:「「ダークウィットネス」が何を使っているにせよ、これは被害者を食い尽くす。この子が生きていたら、攻撃してきたはずよ。ずっと観察してきたの。彼らの兵力はどんとん増えているわ」

ラティーユの体内に種が植えられていると言っていたな

ウィレス・デルフィーク:「そうよ。無理矢理に種を埋め込まれたはず。種は心臓に根を張っていく。あなたが見たように、取り除こうとしても成長を促進するだけ。被害者は最終段階に入ってしまう」

ウィレス・デルフィークがくれたル一ンを使ってリーチの民のしるしを破壊しにいこう

リーチの民のしるしを破壊したので、次はダークウィットネスの長、デュラエグを探す

古い農家の家屋内でデュラエグを見つけた。イザベス・ゲアクロフトは彼の呪術によって囚われていた。彼女を解放するためにはデュラエグを倒さなけれはならない

デュラエグ:「お前には止められない!新たな犠牲者だ!」

デュラエグを倒した。彼が死んだことで、イザベス・グアクロフトは奇妙な状態から解放された

イザベス・ゲアクロフト:「私の負傷は酷い。もう行かなくちゃ」

彼女は怪我をしているようだが、急いで外に出て行った。追いかけて彼女と話そう

イザベス・ゲアクロフト:「マーラの慈愛にかけて。今日で終わりだと思っていたわ。父が、ゲアクロフト隊長があなたを寄こしたの?」

ああ、そうだ。彼のキャンプに戻らないといけない

イザベス・ゲアクロフト:「デュラエグの計画は分かっているわ。彼は種を蓄えて、罪もない人を自分の兵士に変えて利用するつもりよ。彼が持っている種を破壊して。デュラエグを排除して、彼の武器を破壊すれば、この軍隊は指揮官と計画を失うわ」

わかった

イザベス・ゲアクロフト:「私の怪我はひどいわ。デュラエグは私に、他の者と同じように種を植えようとしたのね。だから、こんなに弱ってる。もう行って。私抜きで作戦を成功させるのよ。それに、もし彼が成功していたら、私は全てを汚していたでしょうね」

この湿布を試してみろ。効くかもしれない

イザベス・ゲアクロフト:「素晴らしい! エルジェニーのものね。これは上手くいくわ」

この湿布の効力を知っているのか?

イザベス・ゲアクロフト:「エルジェニーの最高の品の一つだと、私は思ってる。湿布の効用は、治療たけじゃないわ。透明にもなれるの。でも、リーチの民に遭遇したら、呪文の効力が切れてしまうの」

デュラエグに何をされた?

イザベス・ゲアクロフト:「他の者と同じように、私にも種を埋め込もうとしたのよ。自分の部下にしてやる、と言われたわ。私は完ぺきな武器になるって。私が実の父親を襲って、父が私を殺すしかなくなるのを見るつもりだったんでしょ。その後、痛みで意識を失ったの」

大丈夫なのか?

イザベス・ゲアクロフト:「いいえ。発見できた生存者はラティーユだけで、グレンモリル・ウィルドは彼女を解放しなかった。ウルマドとべンダイスは死んでいたわ。ハ卜ミは見つかった? 彼女を置いてくるベきじゃなかった。父は…ゲアクロフト隊長は失望するわね」

あなたが無事なんだから、彼は喜ぶだろう

イザベス・ゲアクロフト:「あの人はそんな人間じゃないわ。何か間違ったことをした時だけ、私の相手をするのよ。私を短気なイザベスとか、無知なイザベスと呼ぶの。今回私が命令に逆らったことで、またあれこれ言うでしょうね」

イザベス・ゲアクロフ卜によると、デュラエグの計画をやめさせるためにダークウィッ卜ネスが集めた種を破壊しなければならないようだ。 種を探そう

種を全て破壊した。 エバーモアのキャンプに戻ろう。ウィレス・デルフィークがすでにキャンプにいることを願う

イザベス・ゲアクロフト:「父さん!」

ユジアン・ゲアクロフト:「イザ… 斥候イザベス、君は命令に従わず部隊を危険にさらした。だが、ここにいる新たな仲間のおかげで、ウィルドはリーチの民をしりぞける事に同意してくれた。できれば……ウィレス・デルフィーク、これはどういうことです?」

ウィレス・デルフィークはイザベルに呪文を唱えだした

ウィレス・デルフィーク:「だと思ったわ。ゲアクロフト隊長。あなたの斥候は感染している。この同盟を保ちたいなら、彼女を殺して」

ユジアン・ゲアクロフト:「あなたの言葉で彼女を殺したりしない」

ウィレス・デルフィーク:「新しい仲間を信じないの?」

ユジアン・ゲアクロフト:「私は自分で判断する! あなたの指図は受けない」

イザベス・ゲアクロフト:「父さん、やめて!…そう、本当よ。私は感染してる」

ユジアン・ゲアクロフト:「これは馬鹿げている!」

ウィレス・デルフィーク:「ゲアクロフ卜は彼の手遅れになった娘を助ける為なら、何でもする覚悟よ。壁が理由を隠すと思う?」

彼は娘のことを心配しているだけだ

ウィレス・デルフィーク:「彼はもっと大きな視野を持つベきよ。何が起きたかは見たでしょう。彼の娘がリーチの民の操り人形になるのは時間の問題よ。待つか、今殺すかのどちらかよ。彼女の人生は終わったの。でも待つというなら、同盟も後回しよ」

本当に手段はないのか?

ウィレス・デルフィーク:「ないわ。私たちと同じように、リ一チの民もマジカでハーシーンから力を得ている。彼女の中に植えられた種の力を止められるとしたら、私たちしかいない。治る希望はないわ」

イザベスと話すから、何もしないで待っていてくれ

ウィレス・デルフィークはイザベス・ゲアクロフトの中にある種を明らかにし、彼女を楽にするよう望んでいる。この事態についてイザべス・ゲアクロフトと話そう

イザベス・ゲアクロフト:「だからエルジェニーの湿布では完全に治らなかったのね。彼らに捕まった後、しばらく意識がなかった。彼には…時間が…ウィレス・デルフィークが言ってることは本当なの?」

ああ、本当だ

イザベス・ゲアクロフト:「今までやって来たことはこのためなの? そして実の父親は、私のことを娘だと分かってもくれない。でも、その価値はあったわよね? 私の生命の代償が、エバーモアを救う同盟よ」

本当にそれでいいのか?

イザベス・ゲアクロフト:「デルフィークには、準備ができたと伝えるわ。彼女は尻込みしたりしないし、父も止めたりしない。エバーモアは、いつでもあの人の優先事項だった。エバーモアと、仕事よ。きっと私も、あの人の道を辿ったのね」

イザべス・グアクロフ卜は同盟成立を確実にするため、死を選んだ。彼女がその選択を父親に説明するところを見守る

イザベス・ゲアクロフト:「決心はついたわ、父さん」

ユジアン・ゲアクロフト:「バカな真似はするな。お前はまともに考えられないんだ」

イザベス・ゲアクロフト:「こんなにはっきりしていたことはないわ。ウィレス・デルフィーク? やって。私の気が変わらないうちに!」

ユジアン・ゲアクロフト:「イザベス!」

本人の希望により、ウィレス・デルフィークはイザベス・ゲアクロフトを殺した

ウィレス・デルフィーク:「必要なことをしていると、イザベスは知ってたわ。彼女の父親が目を覚ますことを祈りましょう」

ユジアン・ゲアクロフト隊長に話しかけて、同盟か結ばれたかどうかを確かめる

ユジアン・ゲアクロフト:「ウィルドは娘を殺したくせに、同盟を期待しているだと? 本当は今すぐここで皆殺しにしたいのに!」

イザベスの決断だった。この同盟は必要だ

ユジアン・ゲアクロフト:「ウィルドが娘にあんな仕打ちをしたのにか? ウィレスは無慈悲に娘を殺したんだ! 兵士たちを、そんな予測不可能な事態に遭わせることはできない」

ウィレス・デルフィークは、イザベスが望んだことをして、誰かの命を救ったかもしれない

ユジアン・ゲアクロフト:「イザべスは愚かな娘だった。もっとちゃんとしつけて、鍛えるベきだった。彼女は決して命令を聞かなかった。そんな生き方をすれば、いずれ死ぬのは分かっていた…娘の血で手が汚れている連中と同盟を結べというのか?」

彼女はこの同盟を願っていた。これでエバーモアは救われる

ユジアン・ゲアクロフト:「そうだな…エバーモアにはこの同盟が必要だ。ただ私に必要なのは……イザべスの犠牲は忘れられはしないだろう。君は自分がエバーモアにとって素晴らしい味方であると証明した。この同盟に同意するよ。共にリーチの民を追放していこう」

以上で「決断の向こう側」のストーリーは終了し「ダークウィットネスの撲滅」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました