【ESO】クエスト「アンセイの結界の復活」攻略

「3つのアンセイの結界を取り戻し、ストゥラの後継者を倒した。ウィサード・ハンドは崩壊し、彼らの恐るべき野望は終わりを迎えた。残るは、センチネルに保管できるようアンセイの結界を復活させるだけだ」

手の切断」からストーリーが続いているクエストです

クエスト名受注場所/人物報酬
「アンセイの結界の復活」場所:アリクル砂漠
クエスト「アンセイの結界の復活」の受注場所
ハレーラから受注
両-剣:アンセイの大剣

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:センチネルに戻る
ハレーラが開いてくれているポータルを使いセンチネルに戻ります

タスク2:ファハラジャード王と話す
ポータルを使い風の通らない地下室へ来たらファハラジャード王と話しをします

タスク3:アンセイの結界を復活させる
アンセイの結界を置いてあった像に3つの結界を戻します

タスク4:ハレーラと話す
アンセイの結界が復活するとハレーラが現れるので話をします

タスク5:ファハラジャード王と話す
ハレーラと話し、ファハラジャード王の演説が終わったら話しをします。以上で「アンセイの結界の復活」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
手の切断「アンセイの結界の復活」を受注するためにクリアが必要なクエストです
哀悼の王国「アンセイの結界の復活」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

アンセイ・ハレーラ:「あなたは今日、 英雄的な功績を挙げてくれた。 でも、 まだ為すべきことがある」

何をすればいい?

アンセイ・ハレーラ:「アンセイの結界を本来の場所である、風の通らない地下室に戻して。地下室はさらに堅牢になって結界を守っていくから、またアリクルも守ることができる。地下室へ続くポ一タルを開いたの。よければ使って」

分かった

センチネルにある風の通らない地下室へ戻れるようアンセイ・ハレーラかポータルを開いてくれている。これを使ってセンチネルに戻ろう

ポータルを使い風の通らない地下室へ戻って来た。目の前にファハラジャード王がいる。話しをしよう

ファハラジャード王:「人物を正しく見抜けない者は、優れた統治者たりえぬものだ。お前は宮殿にふらりと入ってきた異邦人だが、一目で信頼できると直感した。私の信頼が間違っていなかったと、証明してくれているな」

光栄です、陛下

ファハラジャード王:「来てくれ。今日は歴史的な一日だ。我々は風の通らない地下室の封印を強化した。お前の友達と多くの者が、正当な場所にアンセイの結界が戻ったことを目撃した。これを受け取れ。名誉はお前のものだ」

風の適らない地下室の中の祠に、 アンセイの結界を戻した。大勢の人が、この歴史的な瞬間を目肇した

アンセイ・ラダン:「再び、私たちの犠牲には価値があると証明された。アリクルは生者と共にあり、死者は静かな眠りにつける。汚らわしい技で呼び起こされた死者は再び土に還るだろう。私たちは備えられる」

アンセイ・マジャ:「均衡が回復した。これで死者は休め、生者は生きられる。私たちも監視に戻れる」

アンセイ・ハレーラ:「結界が復活し、私たちも復活した。また生者と死者の問の平和を保ち、両者をトゥワッカの聖なる法に従わせることができる。若者よ、この件でのあなたの活躍は見ていたわ」

ではこれで終わりか?

アンセイ・ハレーラ:「私たちにとって終わりはないけれど、あなたは違う。あなたの道は他の場所へと続いているわ。あなたは大多数の人々が成し遂げたことよりも、はるかに多くのことをアリクルのためにしてくれた。勇敢に戦い、名誉ある犠牲を払った。あなたの行いはアンセイにも匹敵するわ」

これからどこへ行けばいい?

アンセイ・ハレーラ:「あなたの道はあなた自身のものよ。でも安心して、あなたには卜ゥワッカの祝福がある。どこへ行こうと、神々はあなたと共にあるでしょう。迷わず行きなさい、定命の者よ。あなたが旅の終わりを無事に迎えられますように」

ありがとう、アンセイ・ハレーラ

古代のアンセイの名残りは消えたが、その力はアリクルの結界に残っている

ファハラジャード王:「今日はいい日だ、友よ。我々の聖なるガーディアンが復活する!」

ファハラジャード王が演説をするようだ。どんなことを話すか聴いてみる

ファハラジャード王:「死霊が我々の王国を、我々の命を脅かした! アリクルの砂は名誉ある先人の怒りで唸った!」

ファハラジャード王:「だが今、ストゥラの子孫は死に、彼らはそのまま蘇らない! 「ウィサード・ハンド」は散り散りになった!」

ファハラジャード王:「多くの者は既に知っているが、これが成し遂げられたのはひとえに、目の前に立っているこの者のおかげだ」

ファハラジャード王:「ディヴァドの霊魂が剣を挨拶に掲げるだろう。いつか、この英雄の歌は称賛の聖歌として歌われる」

ファハラジャード王:「我らが偉大なる守護者を称えよ! アリクルの英雄を称えよ!」

アンセイの結界を取り戻したことを、ファハラジャード王は雄弁な言葉で感謝してくれた。王と話し、すベきことが何か残ってないか確かめる

ファハラジャード王:「公式の称賛に加えて、個人的にも感謝の言葉を加えなければならないな。王国を救うだけでなく、その王も救った。お前の介入がなければ、私の在位は砂に埋もれていただろう。礼を言う」

どういたしまして、陛下

ファハラジャード王:「無私の献身、不屈の勇気を、そして王国のために果たした途方もない働きを称え、贈りたいものがある。これはセンチネル屈指の至宝だ。これを与える。きっとうまく使ってくれるだろう」

以上で「アンセイの結界の復活」のストーリーは終了し「哀悼の王国」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました