【ESO】クエスト「聖堂の宝」攻略

「帝国の侵略者達は、サタカラームの聖堂を漁り回り、司祭を殺し、聖堂を穢し、遺物を盗んだ。ズラドル大司祭に、聖堂を復活できるよう遺物を取り戻してくれと頼まれた」

クエスト名受注場所/人物報酬
「聖堂の宝」場所:アリクル砂漠
クエスト「聖堂の宝」の受注場所
ズラドル大司祭から受注
杖-回:ターヴァの慈悲

166ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:聖堂の遺物を取り戻す
マジェールの巻物は聖堂から北にあるレディ・モヤルサの家の屋上にあります

シャブナムの剣は聖堂から南にある家の屋上にあります

サタカラームのランプはシャブナムの剣を入手した場所から東にある倉庫の中にあります

タスク2:大司祭の元へ戻る
遺物を3つ取り返したら大司祭のいる聖堂に戻り、話をします

タスク3:遺物を元の場所に戻す
ズラドル大司祭の周辺にある3つの祭壇に遺物を戻します

タスク4:大司祭と話す
遺物を祭壇に戻したら、ズラドル大司祭と話します。以上で「聖堂の宝」はクリアとなります

ストーリー

ズラドル大司祭:「帝国軍の鎧を着ているな。でも顔つきから判断して、あなたは帝国の一員ではない。それなら私の暗澹たる思いを分かってもらえるか。ここはアリクル全土で最も美しい聖堂だった…インぺリアルが来るまでは。元に戻せるかは分からない…」

なぜ聖堂は穢された?

ズラドル大司祭:「モラグ・バルの崇拝者だからだ。彼らは、私達の信仰に唾を吐いた。文化にも、神にもだ! 他の司祭を殺しただけでなく、建物を漁り回り、金目のものはすべて奪い、残りは破壊した」

何かできることはあるか?

ズラドル大司祭:「分からない…もしかすると? 他のものはどれも替えが利くが、聖堂の遣物…ラ・ガーダの時代から伝わる聖なる装飾品は別だ。遺物を取り戻してくれるなら、それが再建の第一歩となる」

遺物を取り戻すのに協力しよう

ズラドル大司祭:「もし遺物を取り戻してくれるのなら、おそらく私の信仰心も蘇り、聖堂も元に戻せる。失われた遣物は3つ。それぞれが体、心、霊魂を表しており、シャブナムの剣、マジェールの巻物、サタカラームのランプだ」

どこに行けば遺物を見つけられるんだ?

ズラドル大司祭:「残念だが、私は知らない。インペリアルが盗んで、どこか分からない場所ヘ持っていってしまったのだ。おそらく、我々は神々を信じなければいけないのだろう。聖堂が修復されることが神々の意思であるのなら、きっと彼らはあなたを導いてくれるだろう」

遺物の何がそんなに重要なんだ?

ズラドル大司祭:「遣物はこの聖堂の神聖な印なのだ。すべての聖堂は神々を祀るための遺物を所有しているが、あの3つは我々に特有のものだ。あれらは何世紀も前、この聖堂が建設された時に捧げられたのだ。3つの遣物はそれぞれ、レッドガードの心と体、霊魂を象徴している」

他の司祭はみんな殺されてしまったのか?

ズラドル大司祭:「私は…できるなら彼らの代わりになりたかった。私の命を奪ってもいいとインペリアルに懇願したが…彼らは私を残して去っていった。彼らは私をここに置いていくことで、信仰など役に立たないということを思い知らせたかったのだろう」

ズラドル大司祭と聖堂のためにシャブナムの剣、マジェールの巻物、サタカラームのランプを取り戻す

ズラドル大司祭から頼まれていた遺物を全て回収した。聖堂に戻って彼と話そう

ズラドル大司祭:「戻ったのか? 信じられん…遺物は持っているのか?」

ああ、3つ全ての遺物がここにある

ズラドル大司祭:「信じなかった…祈って、祈って、けれど何も感じなかった。私は神に見捨てられたと確信した、だけどあなたが…あなたが、私にとっての印だったのだ」

これからどうする?

ズラドル大司祭:「もちろん、名誉ある振る舞いをすべきだ。遣物をそれぞれの祭垣に戻してくれ」

分かった。遺物を戻そう

3つの遺物を祭壇に戻した。もう一度ズラドル大司祭と話そう

ズラドル大司祭:「確かに、既に神々がお戻りになられているのを感じる。信仰心をなくしていたが、あなたが元通りにしてくれた」

他に何かできることはあるか?

ズラドル大司祭:「いや。十分な働きだ、それ以上だ。聖堂の宝を取り戻してくれた。これらの遺物はどれも、 聖堂を建てたときにはここにあったものであり…そして再建に必要なものだ。なすべきことは分かっているここで殺された仲間の司祭を称える祠を建てる…それはきっと、彼等の捧げた命の、この聖堂が不屈の忍耐力を持つことの、永久に朽ちることなき証となるだろう」

以上で「聖堂の宝」はクリアとなります

コメント

タイトルとURLをコピーしました