【ESO】クエスト「汚された名誉の挽回」攻略

「不名誉の涙には、不名誉な犯罪者たちが放置されている。ダリウスに、妻のザリヤの遺体を見つけて供養してくれと頼まれた。彼は妻の無実を信じている」

クエスト名受注場所/人物報酬
「汚された名誉の挽回」場所:アリクル砂漠
クエスト「汚された名誉の挽回」の受注場所
ダリウスから受注
指輪:ザリヤの悲しみ

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ダリウスと話す
南にある不名誉の涙の門の辺りにいるダリウスと話します

タスク2:ザリヤの遺体を探す
不名誉の涙の門を抜けて砂漠でザリヤの遺体を探します

タスク3:ザリヤの霊魂と話す
不名誉の涙の門でザリヤの遺体を見つけ、調べると彼女の霊魂が現れるので話しをします

タスク4:盗まれた宝石を手に入れる
ザリヤと話した場所から少し西に行くと、サドレット、ヒリード、イスライフの遺体があるので調べます。それぞれ戦闘になり、倒すと宝石を入手できます

タスク5:ザリヤと話す
3つの宝石を取り返したら、ザリヤの所に戻り、彼女と話します

タスク6:ザリヤの遺体を聖油で清める
ザリヤの遺体に聖油を使います

タスク7:ダリウスと話す
不名誉の涙の門まで戻り、ダリウスと話します。以上で「汚された名誉の挽回」はクリアとなります

ストーリー

ダリウス:「このような砂漠の地に来るなど、死者か自暴自棄になった者くらいだな。お前はそのいずれでもなさそうだ。実に勇敢な者なのだろう。呪われた地、不名誉の涙へ立ち入るつもりか?」

不名誉の涙とは何だ?

ダリウス:「腐敗の地、神々にでさえ認められぬ所だ。不名誉な死者たちがそこへ送られる。救いようのないほど自分を恥ずかしめた者の死体は、汚れたまま、供養されずここに捨てられる」

ここで何をしている?

ダリウス:「妻の死体が不当にもここに送られた。妻は善人だった。妻の遺体を聖別しなければならないんだが、それが困難だとわかったんだ。手を貸してはくれないだろうか? もし引き受けてくれるなら、墓地の門まできてくれ。説明しよう」

門で会おう

不名誉の涙の門でダリウスに会い、彼の妻の状況について話すことを承諾した。門へ向かおう

ダリウス:「見ての通り、ここは酷い有様だ。彼らは死体を適当な場所に捨て、ハーピー達が死体を食ベに来る。私のザリヤ…彼女にこの仕打ちはあんまりだ。何も悪いことはしていないのに!」

どうやって彼女の遺体はここに来た?

ダリウス:「彼女の兄…あの卑劣な盗賊のせいだ。あいつは彼女を利用したんだ。兄は危険な連中から大金を借りていたんだが、そいつらから逃げている時にザリヤのところに来たんだ。あいつは、あいつと友達が「手に入れた」いくつかのアイテムを売るよう彼女に頼んだ」

それらは盗品だったのか?

ダリウス:「そうだ。そしてザリヤもそれを知っていたが、借金を返したら合法的な仕事を探すと兄が約束したので、助けることに同意した。だが彼と友達はその後も戻ってきて、彼女にもっと盗品を売るよう頼んだ。そして断ったら暴力をふるうと言って脅したんだ」

彼女はどうしたんだ?

ダリウス:「彼女は衛兵に訴えたんだが、彼らは彼女が貴重な宝石を盗んだという証拠をでっち上げた。結局、彼らは全員処刑された…可哀想なザリヤまで。だからお前に頼みたいんだ。彼女の亡骸を清めてもらえるか?」

彼女が無実だという証拠はあるのか?

ダリウス:「ない。もしあれば、とうの昔にそれを示しただろう。そうすれば彼女の命を救えたかもしれない。実のところ、彼女の容疑が晴れることは期待していない。私が頼みたいのは、彼女の亡骸を清めることだけだ。躊躇するのはわかる。少しでいい。考えてくれないか?」

分かった

ダリウス:「この聖油を持って行ってくれ。聖別するんだ。どの遺体が彼女なのかはすぐわかる。彼女はまだ、新婚の頃に私が贈った木の指輪を身につけているからな。彼女の亡骸を見つけて、聖油をかけてくれ。私が頼みたいのはそれだけだ」

ここで私が戻るのを待っていてくれ

ダリウスの妻ザリヤは彼が贈った木の指輪を嵌めているようだ。それで彼女の身元を確認する

不名誉の涙に捨てられた遺体の中で朽ちかかっている手に嵌められた木製の指輪を見つけた。これがザリヤであると示している。ダリウスは妻の思い出の品として指輪を欲しがるかもしれない。ザリヤの指輪を手に取ると彼女の霊魂が現れた

ザリヤ:「私が盗んだと疑いがかけられている宝石を探しに来たのなら、あなたは愚かな腰抜けね。ここで宝石は見つからないし、あるのはこの仕打ちに値しない、良き女性の死体だけよ」

あなたの夫に遺体を清めて欲しいと頼まれた

ザリヤ:「ダメよ! 待って! お願いだからやめて! ダリウスの優しさは嬉しいけれど、私はまだ碧落の岸に行く準備はできてない。私の体は無実の罪を着せられてここに捨てられた。眠りにつく前に、私の疑いが晴れるのを見たいの」

潔白を証明する方法はあるのか?

ザリヤ:「あるわ。私をこんな目に遭わせた悪魔のような人たち、私の兄弟と彼の友達…彼らの死体もここにあるの。彼らは私に高価な宝石を盗んだという濡れ衣を着せた。でも本当は彼らが宝石を飲み込んだの。潔白になる証拠をお腹の中に入れたまま死んだのよ!」

じゃあ宝石はこの墓地にあるのか?

ザリヤ:「ええ、卑劣な犬たちの死体が腐敗していくにつれて、宝石の姿が…見えてきた。あなたがその宝石を取り戻してくれれば、私の潔白が証明されるのよ」

ではその宝石を取り戻してくる

ザリヤ:「まあ! トゥワッカがあなたの魂を祝福するわ! これできっと私の疑いが晴れる! 私の兄弟サドレット、刀剣のヒリード、そして追いはぎイスライフの死体を探して。彼らの霊魂が現れるかもしれない。私も姿を現すかもしれない…あなたが彼らを倒すのを見るためにね」

分かった

ザリヤの無実を証明する宝石を盗賊たちの遺体から回収することを承諾した。宝石は、彼女の兄弟サドレット、剣士のヒリード、追いはぎイスライフの腐った死体の中で見つかるはずだ

盗賊の一人である朽ちた死体を見つけるとザリヤが現れた

ザリヤ:「追いはぎイスライフ、汚い犬め!姿を見せろ!」

追いはぎイスライフ:「そっちが先に裏切ったんだ!」

追いはぎイスライフを倒して、宝石を取り戻した。次の盗賊の死体を探しに行こう

ザリヤ:「刀剣のヒリード、この臆病者の嘘つき!姿を見せろ!」

刀剣のヒリード:「自業自得だよ、この売女!」

朽ちた死体の前でザリヤが現れ、叫ぶと刀剣のヒリードの霊魂が襲い掛かってきたが、彼女を撃退し宝石を手に入れた。残るはザリヤの兄のサドレットだけだ。周辺を探してみる

ザリヤ:「サドレ、あなたの兄妹でいることが最大の不名誉よ、もううんざり!姿を見せろ!」

サドレット:「馬鹿な奴だ、ザリヤ。死ぬ時までな!」

ザリヤの兄サドレットが現れたが、彼を倒し宝石を手に入れた

ザリヤの無実を証明する宝石を全て回収した。ザリヤの霊魂ともう一度話そう

ザリヤ:「あいつらの悪の魂がこの地で永遠に封印されますように! あいつらが私にしたことを取り消さないと。この宝石をダリウスに持っていけば、彼が当局に提出して、私の無実を証明してくれる」

では、あなたの霊魂はもう眠りにつけるのか?

ザリヤ:「ええ。あなたの協力に感謝するわ。碧落の岸に行く準備ができた。私の指輪と宝石をダリウスに渡して。後のことはきっと彼がやり遂げてくれるはずよ。だから、もう眠りにつける」

では、あなたの遺体を聖別してもいいんだな?

ザリヤ:「ええ、構わないわ。あなたの好きなようにして。さようなら」

安らかに、ザリヤ

ザリヤの遺体を聖油で清めた。これで神々の目に彼女の名誉は挽回される

ダリウス:「お前を導くよう卜ゥワッカに祈った。ザリヤは見つかったか? 死者の中で戦いの音が聞こえた…彼女は大丈夫か?」

彼女が手助けしてくれて、無実の証拠が見つかった

ダリウス:「これは駕きだ! 指輪はお前が真実を話していると示している。それで、これが盗まれた宝石か? これで彼女の無実を証明できる! 妻を家族のそばで名誉と共に葬ることができる! 願っていた以上の結果だ! ありがとう。本当に感謝するよ!」

以上で「汚された名誉の挽回」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました