【ESO】クエスト「運命の本質」攻略

「年老いたレッドガードが、砂漠の中で座り込んで運命について考えていた。すべての者の行いは前もって決められていると彼は信じているようだ」

クエスト名受注場所/人物報酬
「運命の本質」場所:アリクル砂漠
クエスト「運命の本質」の受注場所
アンジャンから受注
軽-足:デューンランナーズ

414ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:嵐と競争して勝つ
青い炎を追いかけます。馬を使えば楽に達成できます

タスク2:アンジャンと話す
嵐との競争に勝ったらアンジャンと話します。以上で「運命の本質」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
運命の本質:第2部「運命の本質」で名前が出てくるハドゥーンとの物語です

ストーリー

アンジャン:「運命を信じるか? 私の生涯はここに座ってお前が来るのを待つためにあったと言ったら、どうだろう? 馬鹿馬鹿しいだろうな? いや…運命は私達を共に、完璧なタイミングで導いた。私はそれを証明できる」

どうやって証明する?

アンジャン:「あともう少ししたら、暴風がそこに現れる。そして友よ、お前が暴風と砂漠で競争するんだ」

暴風が来るとどうしてわかる?

アンジャン:「ここへ来て、それをお前に伝えるのが私の運命だからだ。同様に私に運命を伝えるのが誰かの運命で、さらにその誰かの前も然りだ。お前の運命は嵐と競って勝つこと。問題は…運命とは不変なのか、ということだ。試しに力を貸してくれないか?」

分かった。協力しよう

アンジャン:「風は今もなお集まっている。今にも嵐がやってくるだろう。そうなったら、お前は競争をせねばならん。青い炎を辿って、嵐よりも先に最後の炎に到着するんだ。運命を試す準備は良いか、友よ?」

その前に質問がある

アンジャン:「いいとも。もし我らの運命が真実なら、風は待ってくれるだろう。答えられる質問なら答えよう。だが知ってのとおり、私は賢い男ではない。私は一介の港の作業員だよ。あの女がこれをやるのが私の運命だと言うから、髭を生やしてそんなふうに装ってるだけさ」

ただ闇雲に自分の運命を受け入れているのか?

アンジャン:「いや。その女は砂漠に出て、会った事のない誰かを見つけろと言ったんだ。そしてこの奇妙な競争を監視しろとね。イカれてると思ったよ、だけど考えたんだ、そして好奇心が勝った。今は信じてるよ…だって、見ろ…お前がいる!」

その女にはどうしてこうなる事が分かったんだ?

アンジャン:「どうも誰かが彼女に、私に近づいて私をここに送り出すことが彼女の運命だと告げたみたいだな。まだ前に別の人物がいる…無限の連鎖に引き戻す誰かが…もしこれが全部真実ならだ。もちろん…だが、それは私達が確かめることだ」

ここで私が立ち去ったら、全部ウソだと証明できないか?

アンジャン:「私にはわからない。お前にはできるか? もしできたとしても、それは運命とは困難だということを意味するか、それともお前が運命の道から外れたということを意味するのだろうか? 恐らく、運命はこんなことで損なわれない。お前が何かを損なうことになるだろう」

分かった。嵐と競争しよう

アンジャン:「では、運命が信じられるのなら、風もまた用意ができている。素早く走るのだ、友よ…さもなければ…いずれにせよ結果は出るだろう」

アンジャンが言うように。嵐が現れた。行き先には不思議な青い炎が灯っている。嵐より先に青い炎を追いかける

嵐より先に最後の炎まで辿り着いた。アンジャンと話そう

アンジャン:「真実だ! すベて真実なんだ! お前は競い合いに勝った! 我々の運命は定まっている! これが意味することが分かるか? この全貌が分かるか?」

それはどういう意味だ?

アンジャン:「それは…それは…どういう意味だ? 全部理解したのに。何かとても重要で、重大なことを…でも今は…思い出せない。思い出すまでここにいるよ。今は考えるべきことが山ほどある。友よ、さらなる質問はあるか?」

このテストがあなたの主張を証明したか疑わしいな

アンジャン:「だがお前は嵐に向かって走り…そして勝った! お前も私か見た物を見たんだ。待てよ。これが何のことかを知ってる気かする。ハドゥ一ンに依頼されて来たのか?」

ハドゥーンとは誰だ?

アンジャン:「彼はいい友達だ。だが彼はこの運命の話を馬鹿馬鹿しいと考えている。その女は彼の運命も定めて伝えたが、彼は信じなかった。にもかかわらず、私は彼が砂漠に行ったと信じている。彼を探し出した方がいいんじゃないか?」

本当に我々が行う全ての行動は運命が決めていると思うのか?

アンジャン:「ああ、思考でさえもすべてな。我らの生命は砂の上で演じられる影の運命だ。この真実を恐れてはいけない。運命を忠実な友だと考えてほしい。運命を垣間見ることは、何が全てを結びつけているか知ることだ」

以上で「運命の本質」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました