【ESO】クエスト「風の通らない地下室」攻略

「アザー王子の話では、ウィサ一ド・ハンドの死霊術師が、風の通らない地下室に穴を開け、アンセイの結界と呼ばれる強力な遺品を盗んだらしい。アリクルの平和のため彼らの企みを阻止しなくてはならない」

死者の蘇生」からストーリーが続いているクエストです

クエスト名受注場所/人物報酬
「風の通らない地下室」場所:アリクル砂漠
クエスト「風の通らない地下室」の受注場所
アザー王子から受注
軽-肩:ヨクダの肩当て

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:王子を宮殿まで護衛する
今いる洞窟から宮殿まで戻ります。すぐ近くにある梯子を使えばセンチネルの街までショートカットできます

タスク2:王と話す
宮殿に入り、ファハラジャード王と話をします

タスク3:魔術師ギルドでガブリエルと話す
センチネルの街にある魔術師ギルドへ向かいガブリエルと話します

タスク4:試料を集める
センチネルの市場にいるリシュアンとネーネバンに話しかけるとフレイムストークとワーム・ヘッドキャップが手に入ります

タスク5:ガブリエル・ベネレに会う
センチネルの街の南西にある風の通らない地下室へ向かいガブリエルと話します

タスク6:ファハラジャード王と話す
風の通らない地下室の入り口前にいるファハラジャード王と話します

タスク7:風の通らない地下室を探索する
ファハラジャード王と話した後、ガブリエルが封印を解いてくれるので風の通らない地下室へ入り、奥へ進んで行きます

タスク8:アンセイ・ラダンと話す
風の通らない地下室の最深部でアンセイの霊魂と話をします

タスク9:ファハラジャード王と話す
風の通らない地下室を出てファハラジャード王と話します。以上で「風の通らない地下室」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
死者の蘇生「風の通らない地下室」を受注するためにクリアが必要なクエストです
アシャバーを探して「風の通らない地下室」からストーリーが続いているクエストです
獅子の守護団の抵抗「風の通らない地下室」に出てくるガブリエルと初めて出会ったクエストです

ストーリー

アザー王子:「喜んでいないと思われたくはないんだが、私の誘拐はただの陽動にすぎない「ウィサード・ハンド」…奴らは何年も前から計画を立てていたんだ。せめてもう少し早く噂を耳にしていたら。現時点では、奴らを阻止できるかどうか分からない」

何を阻止する?

アザー王子:「トンネルから、風の通らない地下室ヘ。この卜ンネルは、彼らの企みの一つにすぎない。実に鮮やかな手口だ。地下室の扉は何世紀も魔法で封印されていたが、どうやら地下室の下はどんなものも通さないわけではないらしい」

彼らが地下室に入ろうとする理由は?

アザー王子:「間違いなく、奴らの狙いはアンセイの結界を盗むことだ。あれを使えば、ウワファとアラサンは想像を絶するカを手にできる。困ったことになるな。これは非常にまずい。奴らを阻止するのが無理でも、やってみるしかない。宮殿に戻って父に話そう」

わかった

アザー王子:「南へ向かおう。街に昇れる梯子がある」

ウィサード・ハンドの企みについて王に警告するため、王子を護衛して宮殿に戻ろう

アザー王子:「父のところへ行き、奴らの計画を話してくれ! 私は衛兵を地下室に送る!」

宮殿まで戻るとアザー王子はファハラジャード王へウィサード・ハンドの計画を伝えるよう私に頼み、彼は衛兵を招集しに向かった。宮殿に入り王と話そう

ファハラジャード王:「王宮で何が起こったかはここにも伝わっている。こうなることを予期しておくベきだった。頼む。アザー王子を見つけ出し、無事だったと言ってくれ」

ああ、彼は安全だ

ファハラジャード王:「私はソダにお前ならやれると言っていた。最初から感じるものがあった。教えてくれ、 アザ一はとこだ、これは「ウィサード・ハンド」の計画のー部か? 奴らは現在も、私のー族と王国にさらなる侮辱を与えようと画策しているのか?」

アザーは風の通らない地下室へ向かった。ウィサード・ハンドはトンネルを掘ってそこへの侵入を試みている

ファハラジャード王:「刀剣の刃にかけて! どうやって…やるつもりだ? もし奴らが風の通らない地下室に侵入したら、アンセイの結界を盗んで、それから…急ぐぞ。どんな犠牲を払っても奴らを止めねばならん」

手伝える事はあるか?

ファハラジャード王:「衛兵たちを風の通らない地下室に連れていくことはできるが、魔術師ギルドからの助けが必要だ…認めたくはないが、彼らだけが地下室の封印を解く方法を知っているんだ。代わりにギルドに行ってくれないか、旅人よ?」

ああ、魔術師ギルドに行って助けを頼んでくる

ファハラジャード王:「魔術師ギルドの塔に着いたら、ガブリエルと話せ。彼女には分別がある。風の通らない地下室でまた会おう。卜ゥワッカが見守ってくれるだろう。旅人よ。アンセイの結界が敵の手に落ちぬよう、守りきれることを願おう」

アンセイの結界とは正確にはどんなものだ?

ファハラジャード王:「なるほど。ここで育った者でないなら知らないだろう。アンセイの結界は数世紀前に作られた。死霊術師が初めてアリクルの民を脅かした時だ。私たちを生き返った死者から守るために作られたのだ」

しかしあまり役に立っていないようだが…

ファハラジャード王:「もしくは保護が見えにくいか、 だな。アンセイの結界は卜ゥワッカとともにカバナントを支えている。我々が死者を清める限り、その死者たちは蘇ることができない。つまり、「ウィサード・ハンド」が蘇らせることができるのは清められていない死者だけだ」

ではアンデッドはどこからくる?

ファハラジャード王:「我々の司祭は葬儀の時に清めの儀式を行うが、死体がない場合はそれができない。その上、ス卜ゥラは人々を殺してその場ですぐに生き返らせることを好んだ。おそらく、「ウィサード・ハンド」も同じことをしているのだろう」

ではもし彼らがアンセイの結界を盗んだらどうなる?

ファハラジャード王:「想像すらできない。アンセイの結界があれば、「ウィサード・ハンド」は我々の最も偉大な先人たちを生き返らせることができる。生の世界では英雄だった伝説的な戦士たちも、死の世界では最も恐ろしい敵となるだろう。だから、彼らを止めなくてはならない」

ファハラジャード王は風の通らない地下室の封印は魔術師ギルドだけが解けると言った。魔術師ギルドのガブリエルに協力を依頼するよう王に頼まれた

ガブリエル・ベネレ:「ああ、あなたは! 共におかしな死霊術師、アンゴフをやっつけましたね。キャス・ペドロードの侵入に使った真夜中の護符を覚えていますか? あれが効いたなんていまだに信じられません。ところで、そんな風に楽しそうなことで、助けて欲しいことなんてないですよね?」

ファハラジャード王が風の通らない地下室に侵入するために、助けが必要だ

ガブリエル・ベネレ:「本当ですか? 名前を聞いた時から、試しにやってみたいと思ってたのです。ちょっと待って…ファハラジャード王があなたをここに寄こしたのですか? どうして王が地下室に侵入する必要があるのです?」

死霊術師達がアンセイの結界を盗もうとしている

ガブリエル・ベネレ:「死霊術師が? アンセイの結界を? 面白そう! 私も仲間に入れてください。それで私達はただ封印を破ればいいのですか? うーん…わかりました。やってみましょう。バザ一ルに行って、リシュアンから「フレイムス卜ーク」 を、ネーネバンから「ワーム・ へッドキャップ」を手に入れてください。それで…開くはずです。さあ、行ってください。ただ杖をくるくる回しても、風の通らない地下室に開けと命じることはできません。試料が必要なのです。急いで。地下室で会いましょう」

魔術師ギルドのガブリエルは、風の通らない地下室の封印を解くことに協力すると約束してくれた。彼女は封印を破るにはフレイムス卜ークとワーム・へッドキャップか必要だと言った。市場へ行って試料を手に入れる

リシュアン・マヴィン:「ゆっくり見ていって!今まで欲しかったものがきっと見つかるわ」

フレイムストークはあるか?

リシュアン・マヴィン:「ごめんなさい、在庫がないの…だってストーカーじゃないもの。フフッでも真面目な話をすると、何人かの獅子の守護団の魔術師が来て、最後の一束を買っていったの。ト力ゲの訓練士のネーネバンもいくらか持ってると思うわ」

では、ワーム・ヘッドキャップはあるか?

リシュアン・マヴィン:「ええ。ガブリエルのためのものでしょう、違う? 彼女は常連よ。センチネルのような街では、ブレ卜ンは団結しなければならないの。いくらか在庫があるわ。持っていって構わない。支払いのことは心配しないで。ガブリ工ルは相応しいと分かっているから」

ありがとう

ワーム・ヘッドキャップは手に入れた。ネーネバンの所へ行ってフレイムストークがあるか聞いてみよう

ネーネバン:「変わっているけど素敵なものを売っている、ネーネバンのよろず屋ヘようこそ!卜カゲ網に興味はある? …それとも、調教された卜カゲかな?」

大きなトカゲだな

ネーネバン:「ああ、モンキーのことか! そうそう、惚れ惚れするほどデカイだろう? 少し甘やかしたかも知れないけど、うちのモンキーには最上級の虫がぴったりなんだ。本当に賢いな、モンキー。ほんとに困ったやつだ」

トカゲに「モンキー」と名付けているのか

ネーネバン:「そうさ! 不思議に思うかもしれないけど、自分にはしっくり来るんだ。物心ついた時から、ペッ卜に猿が欲しかった。必死に訴えて頼んだよ、けれど両親はそれを許してくれなかった。「猿は樹上に住むものだ」って。いまだにその意味がわからないんだ」

猿の変わりにトカゲを飼ったのか

ネーネバン:「どこかではじめなきゃ! モンキーは素晴らしい。皆がモンキーを愛してるんだ。それにもし猿を飼えなかったら、トカゲは二番目の候補だった。わかるだろう。時々考えるんだ、もし父さんがただ猿を飼わせてくれたら、人生はどんな風に違っていただろうって」

同意するよ。ところで・・・フレイムストークを持っているか?

ネーネバン:「フレイムス卜一ク! 食欲をそそるなあ。消化不良を助けてくれるんだ…少なくともトカゲのはね。あんたはトカゲには見えないけど。何のために必要なんだ? ガブリエルの呪文の為か? 彼女はトカゲを好きじゃないからな…ああ、持っていきなよ。彼女には貸しがあるんだ!」

ありがとう

風の通らない地下室の封印を破るのに必要な試料を手に入れた。ガブリエル・ベネレの所へ持って行こう

ガブリエル・ベネレ:「あは! 完璧! とは言うものの、 バザールで、少しばかり巨人のつま先を手に入れたりしなかったですよね?」

いや、だが頼まれた他の試料なら持ってきた

ガブリエル・ベネレ:「素晴らしいです。巨人のつま先があれば封印に大きな裂け目を作れましが、おそらくここでは見つけられないでしょう。大丈夫…だと思います。 ふーむ、 フレイムストークの上のワーム・へッドか、ワーム・へッドの中のフレイムス卜ーク?」

何をすればいいのか、分かっているのか?

ガブリエル・ベネレ:「ええ、もちろんです。どのみち中に進むのはー人だけですから。巨人のつま先がないなら、私は封印を開けることしかできません。もちろん、ファハラジヤードはあなたがその一人に相応しいと思っているでしょう。彼はまず最初にあなたと話したいのです。さあ、行ってください」

地下室を開けないのか?

ガブリエル・ベネレ:「いいえ、ちょっとこれをどう言うのか考えています…うーんガダ、ガダ、卜ブラ…卜ブラ・卜ブラ・ガダ…?行っててください。すぐに行きます」

風の通らない地下室の封印を破るために集めた試料を使えば、中へー人を何とか侵入させられるとガブリエル・ ベネレはいう。その候補者に、どうやら彼女と王によって私か挙げられているらしい。彼女か呪文を始める前に王と話す

ファハラジャード王:「もし間に合わなければ、想像を絶する被害が起こる…アリクルの全ての民にとってな。トゥワッカ、ステンダ一ル、アカトシュにすら祈っている。祀ってはいないが、ヨクダの神々にも同じように祈ろう。念のためにな」

大丈夫だ。全て上手くいく

ファハラジャード王:「お前の希望は伝わるものだな、旅人よ。お前の道がここへ続いていて嬉しいよ。ソダ将軍は信心深い男ではないが、彼でさえお前の来訪が偶然ではないと同意している。もし我々の中に地下室に入れるものがいるとするならば、それはお前だ」

喜んで協力しよう

ファハラジャード王:「そのことを大変うれしく思う。だが気をつけろよ。アザーは「ウィサード・ハンド」が我々の理解よりも遥かに強力だと信じている。ウワファとアラサンは特にな。彼らのどちらかを見たら、特に注意するといい」

分かった

ファハラジャード王:「「ウィサード・ハンド」を阻止するのに、遅すぎないことを祈ろう。同時に、この地へお前を導いた神々に感謝する。旅人よ、トゥワッカは見守っているぞ。さあ、ガブリエルが来た。準備はいいか?」

ああ、大丈夫だ

ガブリエル・ベネレ:「お下がりください、陛下! 地下室の反応は分かりません!うまくいくといいのですが…………うまくいった! 急いで。いつまで開いているかわからない!」

ガブリエル・ベネレは風の通らない地下室の封印を破った。 地下室に入り、ウィサード・ハンドの企みを阻止しなくてはならない

ウワファ:「奴らは地下墓地に押し入った。止めろ、愚か者ども!」

こちらの侵入が気づかれたようだ。急ごう

ウワファ:「もういい! アンセイの結界から出せ、今すぐ!アンセイの結界は我々のものだ、愚か者! すぐにアリクルはすべて陥落する!」

風の通らない地下室の中で、多数のウィサード・ハンドの一員と戦い最深部bに辿り着いたが、アンセイの結界はすでに盗まれていた。アンセイの結界があった場所には霊魂が佇んでいた。 彼と話してみる

アンセイ・ラダン:「不死の腐敗の印もなく、助長しているようでもない。彼らの味方ではないな?」

ウィサード・ハンドを止めようとしていた

アンセイ・ラダン:「結界を守ろうとしたのか? トゥワッカを讃えよ。つまり、アリクルの死霊術の脅威に対抗する者がまだいるのだな。では良く聞いてくれ。私の霊魂は、ここに長く留まることはできない。私達は結界を張るために我が身を捧げ、それを通して聖なる死者を守護している。だが、いま結界は腐敗した手に落ち、彼らを止める力がない。結界を復活させねばならない…」

彼らはどこに行った?

アンセイ・ラダン:「分からない。私の視る力は弱っている、私の存在は結界に結び付けられているのだ。彼らはここから遠くへ行ったはずだ…だから私は消えそうになっている…結界を見つけ、持ち帰ってくれ。トゥワッカの守りがあらんことを」

アンセイの結界を復活させるために全力を尽くそう

アンセイ・ラダン:「また会おう」

アンセイの霊魂は消えた。結界が持ち去られたことをファハラジャード王に知らせに行こう

ファハラジャード王:「思っていたよりも時間がかかった。我が王国の存続が危ういと知りながら、我慢するのはつらいものだ。良い知らせはあるか。それとも、奴らはアンセイの結界を手に逃げたか?」

残念ながら、アンセイの結界は持ち去られた

ファハラジャード王:「まったく! ス卜ゥラの息子達は危険だとソダは言っていた。間違いはなかったな。奴らはアンセイの結界を使い、こちらより早く軍を動かしている! 奴らを止めなくてはならない。ウワファとアラサンを、彼らの父親が待つオブリビオンに送るんだ!」

以上で「風の通らない地下室」のストーリーは終了し「アシャバーを探して」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました