【ESO】クエスト「リベンスパイアーへの道」攻略

「リベンスパイアーの貴族たちの間で、流血沙汰の争いか起きた。上級王エメリックから彼の特使としてそこヘ行き、問題を解決するよう依頼された」

ヴァルミーナの策略」からストーリーが続いており、このクエストから新たな土地のリベンスパイアーへと物語の舞台が移ります

クエスト名受注場所/人物報酬
「リベンスパイアーへの道」場所:ストームヘヴン
クエスト「リベンスパイアーへの道」の受注場所
上級王エメリックから受注
166ゴールド
スポンサーリンク

攻略

タスク1:アーネル隊長と話す
ウェイレストの市場の近くにいるアーネル隊長と話します

タスク2:リベンスパイアーへ行く
ストームヘヴンの北西からリベンスパイアーへ向かいます

タスク3:ダリアン・ゴーティエと話す
リベンスパイアーのオールドゲートでダリアンがいるので話を聞きます。以上でクエスト「リベンスパイアーへの道」はクリアとなります

 

関連クエスト

関連クエスト概要
ヴァルミーナの策略「リベンスパイアーへの道」を受注するためにクリアが必要なクエストです
分断されたショーンヘルム「リベンスパイアーへの道」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

上級王エメリック:「友人として、王として話をさせてもらおう。他のいくつかの問題について、力を借して欲しい。一つは国家に関するものだ。もう一つはもっと…個人的なものだ」

もちろんだ

上級王エメリック:「リベンスパイアーは深刻だ。貴族同士の口論が、血で血を洗う事態となってしまった。君に王の代行として権限を与える。紛争を解決し秩序を取り戻せ。後から私も合流する」

では、リベンスパイアーで問題解決の努力をしよう

上級王エメリック:「加えて、個人的な問題がある…忌々しいギロチンだ。理由は君も覚えてるだろう。ギロチンの破壊命令をアーネルに託してある。ウェイレス卜へ向かう道中、完了しているかどうかを確認してほしい」

もちろんだ

上級王エメリック:「どちらの件にも協力してくれていたこと、感謝する。あの忌々しいギロチンが解体されない限り、ぐっすり眠れることはなさそうだ。さらに重要なことがある。リべンスパイアーの事態が解決しない限り、カバナントのカは大きく弱まるだろう」

リベンスパイアーでの事態についてもっと教えてくれないか?

上級王エメリック:「正直に言えば、リベンスパイアーの問題の責は私にもある。ランセル戦争の後、私は貴族たちに王位を与えるほど、彼らを信用していなかった。だから私は、王国の統治を三つの家で分担するよう定めた。賢い策略だと思えたのだが」

今は貴族同士が争っているのか?

上級王エメリック:「そのようだな。実は一年以上前に、リべンスパイアーに単独の統治者を任命するようにマラヤが助言してくれたのだ。言う通りにすべきだったが、ランセルとのゴタゴ夕の後では…さらし首になりかけた経験は忘れがたいからな」

ランセルの戦争で殺されそうになったのか?

上級王エメリック:「そうだ。私がランセル王の娘ではなく、マラヤと結婚したことが彼は気に食わなかったようだ。一時、彼はウェイレストを包囲した。よく覚えている…私がさらし首になる夢さえ見た。もちろん、知っての通り、それよりひどい悪夢に襲われたがな」

ウェイレス卜から離れる前に、アーネル隊長と話をして、ギロチンが完全に解体されたのかどうかを確認するようエメリックから頼まれた。街にあるギロチン台に向かおう

アーネル隊長:「ほう! ガヴァウドンからまたーつ戦果を携えて戻ってきたな? アイアンハンド・オーガを倒してきたんだろう? 私もそんな戦果を挙げられたらいいんだが。正直に言って、お前と知り合いなのは名誉なことだ。何か必要なものはあるか?」

ギロチンが壊されることを確認するよう王に頼まれた

アーネル隊長:「ああ! もちろんだ。そうだ! 取り壊して、燃やすんだ! これは最優先事項だと王に言われたが、実は冗談だと思っていた。でも、もしそうなら、わざわざお前をよこすわけはないな。一層の努力をしよう」

ギロチンは確実に取り壊されることを確認した。貴族の間で起きている争いの実情をつかむ手助けをしてくれる誰かを見つけるため、リベンスパイアーへ旅立とう

リベンスパイアーへと繋がるオールドゲートに到着するとダリアン・ゴーティエがそこにいた。彼がリベンスパイアーで何が起きているか知っているかもしれない。話しをしてみる

ダリアン・ゴーティエ:「ここに何がある? 仲間の姿が見えるから、こちらへ進んでも何も問題はないに決まっている。違うのか? リべンスパイアーの問題は、お前の問題になるのだろ?」

ああ、エメリック王から、問題の解決のために送り込まれた

ダリアン・ゴーティエ:「ハッ! 言うだけなら簡単だ。だが、エメリックが気にかけてくれて嬉しい。私達の報告書が届かないかもしれないと心配していたよ。自分でウェイレス卜に向かうつもりだったが、お前が来てくれて助かった。もっと手を貸してくれないか?」

以上で「リベンスパイアーへの道」のストーリーは終了し「分断されたショーンヘルム」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました