【ESO】クエスト「ヴァルミーナの策略」攻略

「ヴァルミーナの究極の計画が明らかになった。夫である夜の恐怖が上級王エメリックの精神を奪い去り、彼を悪夢の中に閉じ込めてしまった。夜の恐怖に立ち向かい、王を助ける」

アズラの助力」からストーリーが続いているクエストで、ストームヘヴンの物語の完結となるクエストです

クエスト名受注場所/人物報酬
「ヴァルミーナの策略」場所:ストームヘヴン
クエスト「ヴァルミーナの策略」の受注場所
ドゥラク修道院長から受注
両-斧:上級王の戦斧

414ゴールド

1スキルポイント

スポンサーリンク

攻略

タスク1:上級王エメリックの夢に入る
上級王エメリックを調べて夢の中に入ります

タスク2:上級王エメリックを探す
夢の中を進んで行くとギロチン台がある場所でエメリック王がいるので話しを聞きます

タスク3:騎士の鍵を手に入れる
ギロチン台から西ある建物の中でヒューズ卿を倒し近くにあるかごから鍵を入手します

タスク4:盗賊の鍵を手に入れる
騎士の鍵を入手した建物から南にあるウェイレスト城の近くでホスニ・アトトゥーラを倒し、宝箱から鍵を入手します

タスク5:将軍の鍵を手に入れる
ウェイレスト城から南東の魔術師ギルドの近くでゴドラン将軍を倒し、近くの袋を調べて鍵を入手します

タスク6:上級王エメリックの宮殿に入る
ウェイレストの城に入ります

タスク7:夜の恐怖を倒す
夜の恐怖ガルシスは体力を減らす度にエメリック→ヒューズ→ホスニ→ゴドラン→ガルシスと姿を変えて襲ってきます。最後のガルシス戦の時はスケルトンを召喚してきます

タスク8:上級王を解放する
夜の恐怖を倒したら、ギロチン台まで戻り、エメリックと話します

タスク9:ヴァルミーナの鏡に入る
王を解放するとヴァルミーナの鏡が出現するので鏡の中に入ります

タスク10:ヴァルミーナと話す
鏡の中に入ったら、ヴァルミーナの話を聞きます

タスク11:クアグマイアを脱出する
近くにある鏡を使ってクアグマイアから脱出します

タスク12:上級王エメリックと話す
元の世界に戻って来たら、エメリックと話します。以上で「ヴァルミーナの策略」はクリアとなります

タスク13:玉座の間で上級王エメリックと会う
ウェイレスト城の玉座の間に行ってエメリックと再度話をします。以上でクエスト「ヴァルミーナの策略」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
アズラの助力「ヴァルミーナの策略」を受注するためにクリアが必要なクエストです
リベンスパイアーへの道「ヴァルミーナの策略」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ドゥラク修道院長:「私は信仰を危うく失うところだった。なぜアズラを疑ったのか、お前を疑ったのか、分からない。おそらくこれは、王に近づきすぎたためなのだろう。彼は夢の中の恐怖に食ベられているのだ」

夜の恐怖の仕業だ

ドゥラク修道院長:「夜の恐怖? ヴァルミーナの相棒の? それなら予兆の脅威とは比ベものにならない! 夜の恐怖。かつてはガルシスという名で、ヴァルミーナの恋人だった。今では彼女の勇者だ」

アズラから夜の恐怖に立ち向かえと言われた

ドゥラク修道院長:「そうしてくれ。しかし注意しろ。夜の恐怖は様々な形で、様々な方法を使って痛みと恐怖を与えてくる。王が悩まされるのも不思議はない。ダスクストーンを使って王の夢に入れ。急ぐんだ! まだ可能性はる! アズラのご加護があらんことを」

心配いらない。王を救う

アズラから貰ったダスクストーンを使い、上級王エメリックの夢に入る

上級王エメリックの夢の中は、混沌と破壊に満ちたウェイレストの悪夢と化していた。エメリック王を探して、 脱出を助けなければ

ゴドラン将軍:「ダガーフォール・カバナントにはもっと強い指導者が必要なようだ。上級王としての支配は終わりだ。ウェイレストはいただく」

上級王エメリック:「嘘だろ、ゴドラン。若いころから私達は友だった… どうして裏切る?」

今のは王が見ている夢のようだ

マラヤ王女:「父の指示で、あなたと結婚したことを後悔しているわ。あなたは私の夫にふさわしくない。それに、間違いなく王の器でもないわ!」

上級王エメリック:「マラヤ… 分からない。きっかけは政略結婚だったが、年月を経て、君は私を愛していると思っていた… 君の助けがなければ、私はすべてを失ってしまう」

また王の悪夢が見えた。早く王を見つけなければ

夢の中にあるウェイレストのギロチン台で罪人となっているエメリック王とそれを裁こうとしているもう一人のエメリック王を見つけた。どちらかがガルシスが変装した姿に違いない

上級王エメリック?:「罪人は償わなくてはならない。我が国に秩序を取り戻す唯一の方法だ」

罪人の罪は?

上級王エメリック?:「反逆罪だ。奴の行動はダガーフォール・カバナントを破壊していただろう。奴にはまったく価値がない。死すベきだ」

エメリック王ではないな。ガルシスか?

上級王エメリック?:「私はエメリック・・・新たなエメリック王だ。下劣な軟弱者は消え、私と代わることになる」

そうはさせない

偽の王と扮していたガルシスはどこかに消えたが、本物のエメリック王は、荒れ狂う民衆に囲まれギロチンの前に立ったままだ。彼に話しかければ、この夢から目を覚まさせられるかもしれない

上級王エメリック:「なぜ彼を追い出した? あと少しで死の安らぎに手が届いたものを! ダガーフォール・カバナン卜、王国、人生、全てか安っぼい喜劇だ。私に王の器はなかった。私はここで死ぬ。より相応しい者が王位を継ぐのだ」

これは夢だ

上級王エメリック:「違うな。そうであればよかったと思うが、もう一つの人生こそが夢だった。ダガーフォール・カバナン卜に関する全てが、嘘の塊だった。こいつが現実だ。恐怖。吸血衝動。裏切り。心の底では、いつでもそれがわかっていた」

信じてくれ。ここを離れなければならない

上級王エメリック:「無駄だ。もうその手にはかからない。奴は何度も繰り返し見せつけたのだ。希望を持つことは、苦しむことでしかない私を殺して、終わりにすればいいだろう? 戻ってこいとガルシスに伝えろ。さあ奪い取れ。そして奴がなり代わるんだ。今すぐ私の悪夢を終わらせてくれ!」

ガルシスはどこに行った?

上級王エメリック:「打ちのめされた者をからかうのか。オブリビオンの魔物どもより浅ましいな奴がどこへ行ったかは知っているはず。我が城、今は奴の城か。その鍵は奴の忌々しい手下ともが持っている。騎士。盗賊。将軍だ。私を殺す気がないならば、出ていってくれ!」

エメリック王は悪夢に囚われている。夜の恐怖を打ち破るまで、彼を解放できないのは明らかだった。エメリック王は夜の恐怖が城内にいると言っていたが、先に夜の恐怖の手下と対決して、城の鍵を入手しなくてはならない

悪夢の中でガルシスの手下の一人を見つけた。奴はフレイム騎士団のヒューズ卿に扮していた

ヒューズ卿?:「ガルシスがストームヘヴンを支配したら、ヒューズ卿を狙いに戻るぞ!」

偽のヒューズ卿を倒し、騎士の鍵を手に入れた。残りの鍵を探す

今度はホスニ伯爵に扮したガルシスの手下を見つけた。倒して鍵を手に入れる

ホスニ・アトトゥーラ?:「ガルシスが王になったら、ホスニ・アトトゥーラを逃がしはしない」

偽のホスニ伯爵を倒し盗賊の鍵を手に入れた。残りは一つだ

ゴドラン将軍に扮したガルシスの手下を発見した

ゴドラン将軍:「夜の恐怖がストームヘヴンを奪ったら、ゴドラン将軍は再びひざまずくのだ!」

偽物のゴドラン将軍を倒し将軍の鍵を手に入れた。これで全ての鍵を手に入れた

上級王エメリックをこの夢から救出するために、宮殿に入って夜の恐怖を倒す

上級王エメリック(ガルシス):「ヴァルミーナはお前が来ると言っていた。お前はここで死ぬ… お前の世界で!」

ヒューズ卿(ガルシス):「お前が死んだら、またエメリック王の姿を奪ってやる」

上級王エメリックの姿をしたガルシスを倒すと今度はヒューズ卿へと姿を変えた

ホスニ・アトトゥーラ(ガルシス):「エメリックとして目覚めたら、お前が夢の中で自分を犠牲にして命を守ってくれたと、伝えてやろう」

ヒューズ卿の姿をしたガルシスを倒すと今度はホスニ伯爵へと姿を変えた

ゴドラン将軍(ガルシス):「お前はエメリック王を助けた英雄として記憶されることだろう! その真実を誰も知ることなくな!」

今度はゴドラン将軍だ

ガルシス:「お前のように、本物のエメリックは死ぬだろう。カバナントが崩壊した時、人々はお前と王の名を呪う!」

上級王エメリック、ヒューズ卿、ホスニ伯爵、ゴドラン将軍へと次々に姿を変えて襲って来た夜の恐怖ガルシスがついに本当の姿を現した。ここで奴を倒しエメリック王を救う

夜の恐怖ガルシスを倒した。エメリック王の悪夢もこれで終わるはずだ。ギロチン台に向かい王を解放しよう

上級王エメリック:「一体何があった? 何かが変わったが、悪い方向なんだろう? いつだってそうだ。こんなことは言っても無駄だがまあいい・・・その顔は見たことがあるな・・・これもまた何かのまやかしか?」

まやかしではない。ガルシスは死んだ

上級王エメリック:「死んだ? 本当か? つまり・・・私はまたエメリックでいられると? また上級王でいられると? 相応しいのか分からないが・・・とにかく、良かった。ああ、拘束が緩んでいく。素晴らしい。これは、つまり・・・」

そうだ。自由だ

悪夢に囚われていた王は解放された。これで現実のエメリック王も目覚めるだろう

ヴァルミーナ:「定命の者よ、また会うこともあるでしょう。鏡を通って、クアグマイアへ来なさい」

王を解放した直後に、ヴァルミーナの声が響き、彼女の領域クアグマイアへと繋がるヴァルミーナの鏡が出現した。ヴァルミーナが話したがっている。中に入り彼女の話を聞くしかないようだ

ヴァルミーナ:「感心したわ、定命の者よ。うろたえずに私の悪夢を通り抜けた。そして、そう。あなたはちっぼけな王を助けた・・・とりあえずはね」

必要なら、また彼を助ける

ヴァルミーナ:「そうでしょうね。あなたは私の夫まで殺した。私は彼の死を乗り越えるけど、彼の代わりにしばらくここにいてもらうわ。1、2世紀もすれば、謙虚になるでしょうね・・・」

それはどうかな

ヴァルミーナ:「あなたの才覚は証明しているから、あなたの思うとおりになるかもしれない。たとえクアグマイアから逃げたとしても、私の復讐からは逃れられないわ。私は辛抱強い、とても辛抱強い。さようなら・・・今は」

ヴァルミーナは私を彼女の領域に閉じ込めるつもりらしい。しかし、逃げ出す方法があるはずだ

クアグマイアの領域にあったヴァルミーナの鏡を使い彼女の領域から脱出した。鏡を抜けるとウェイレスト城の一室だった。エメリック王も目覚めているはずだ。王と話して無事かどうか確かめる

上級王エメリック:「ドゥラク修道院長には下の階に行くように伝えた。しばらく私達だけで話がしたい。教えてくれ。夢の中で起こったことを、すベて覚えているか?」

ああ

上級王エメリック:「できるなら、君の記憶も曖昧であってほしい。私の記憶にあるものは・・・とても恥ずベきものだ。私はスト一ムへヴンの王であり、ダガーフォール・カバナントの上級王だ。だが、あの忌々しいデイ ドラに哀れな子供に変えられた・・・・」

無事で何よりだ

上級王エメリック:「ああ、君のおかげだ。恩に着る。あの場で堂々と行動していたのは私ではなく、君だ。二人分の度胸を持っていた。見たとおり、私は壊れていた・・・この経験が私を強くさせることを願ってほしい。より善き王になれるように」

自分を責めすぎだ

上級王エメリック:「君の言葉はありがたいが、すぐに振り払える代物ではないんだ。これは私の責任。私が負うベきものだ。さあ、暗い話はもう十分だ。共に玉座の間に来てくれ」

王の後をついていき、玉座の間へ向かうと、ゴドラン将軍とエメリックの妻であり、ラカナの姉でもあるマラヤ女王が待っていた

ゴドラン将軍:「国王陛下。お許しいただきたく存じます。精神が毒されており、自分自身ではなかったのです。この埋め合わせは必ずします」

マラヤ女王:「夫にとっての脅威はストームヘヴン、ダガーフォール・カバナント全体にとっての脅威でした。父ファハラジャード王とアリクル全土に代わって、あなたに感謝するわ」

ラカナの身に起きたことは悲劇だった

マラヤ女王:「ええ。妹はいつも強情でした。あの子は周りの反対を押し切ってナサニエル公爵を選んだ。私たちが王と公爵に出会ったとき、二人は公式訪問の最中だった。まず私の結婚式、それから少し後にあの子の式だった。今、ラカナは死んで、カバナン卜は動揺している」

何かできることは?

マラヤ女王:「夫と私は父王ファハラジャード王と話をするためにアリクルへ旅立ちます。妹を生まれ故郷のセンチネルへ連れて帰らなければ。私たちはダガーフォール・カバナン卜の結束を維持するつもりです。自分の死によってこれまで努力してきたものが危険にさらされることを、ラカナは望まないでしよう」

上級王エメリック:「どれだけの報酬をもってしても、 君の功績には見合わんな。こんなことを言うのも悪いが、君の成功は報酬よりも多くの義務と責任をもたらすようだ。聞きたくもない話をする機会が、すぐにでも訪れるだろう。先に謝っておこう」

誤る必要はない。いつでも助ける準備はできている

上級王エメリック:「はは! いつもそんなにかしこまってるのか? まあ、楽にしてくれ。そうだ、気を楽にするものがあるぞ。ささやかな感謝の印だ。私を助けてくれたように、君の助けとなるといいんだが。我が英雄・・・そして我が友人よ」

以上で「ヴァルミーナの策略」のストーリーは終了し「リベンスパイアーへの道」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました