【ESO】クエスト「アズラの助力」攻略

「ヴァルミーナがエメリック王の夢を支配してしまった。ドゥラク修道院長はヴァルミーナと対峙する前にアズラの導きが必要だと言っている」

ゴドランの夢」からストーリーが続いており、このクエストから上級王エメリックに関する物語が始まります

クエスト名受注場所/人物報酬
「アズラの助力」場所:ストームヘヴン
クエスト「アズラの助力」の受注場所
ドゥラク修道院長から受注
166ゴールド
スポンサーリンク

攻略

タスク1:ウィスプから発光する塵を収集する
嘆きの巨人の南の丘でウィスプを倒し発行する塵を5つ集めます

タスク2:丘からアズラライトを集める
嘆きの巨人の東側の丘で鉱石のオブジェクトを調べてアズラライトを5つ集めます

タスク3:アズラの祠を探す
祠を浄化する材料を集めたら、嘆きの巨人の北の方にあるアズラの祠へ向かいます

タスク4:アズラの祠を浄化する
アズラの祠に着いたら、祭壇を調べて浄化します

タスク5:翼持つ黄昏と話す
祠を浄化すると翼持つ黄昏が現れるので話しかけます

タスク6:ドゥラク修道院長と話す
ウェイレストの街にあるウェイレスト城の2Fに向かいドゥラク修道院長と話します。以上でクエスト「アズラの助力」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
ゴドランの夢「アズラの助力」を受注するためにクリアが必要なクエストです
ヴァルミーナの策略「アズラの助力」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ドゥラク修道院長:「エメリック王の発病が偶然の一致のはずはない。ヴァルミーナは賭けに出て、王自身を襲って力を手に入れようと、最後のあがきをしているのだ。私は仲間と離れる。王の元に行くつもりだが、アズラの助けも求めなければならない」

どうやってアズラの助けを求める?

ドゥラク修道院長:「嘆きの巨人にあるアズラの祠へ行くんだ。汚されてしまっているが。天上の夢見人の仕業かもしれない。とにかく、祠を浄化せねばならない。それは確かだ」

どうすれば浄化できる?

ドゥラク修道院長:「祠を浄化するには、東の岸辺でウィスプから発光する塵を集めてほしい。それから、北の丘で希少な鉱物のアズライ卜も集めるんだ。祠を浄化し、アズラの導きを求めて祈ってくれ。アズラは以前、 お前に恵みを示していた。きっと今度も示してくれるだろう。王を救うのに必要な答えを、彼女が持っていることを祈ろう。さあ行け。ウェイレス卜でお前の帰りを待っている」

アズラの導きを受けたら、ウェイレストで合流する

南の岸辺でウィスプから発光する塵を、そして北の丘でアズライ卜を回収して、汚されたアズラの祠を浄化する

アズラの声:「ええ。その塵によって私の祠に光が戻ります。それと石を持って、私の祠に来るのです」

ウィスプの塵を十分に集めるとアズラの声が聞こえた。ドゥラク修道院長が言っていた通り、塵と石で祠は浄化できるようだ。今度はアズラライトを取りに行こう

アズラの声:「素晴らしい。石を持っていますね。定命の者よ、私の祠まで光を辿りなさい。着いたら、ヴァルミーナの愚かな「しもべ」を打ち倒すのです」

アズラの祠を浄化するための材料が集まるとアズラの声が聞こえた。アズラの祠は嘆きの巨人と呼ばれている場所にある。そこへ向かおう

アズラの祠に辿り着いた

アズラの声:「かつてここは輝かしい祠でした。ですが、時と愚か者によって汚されてきた。祠を清めてください。そうすれば話せるでしょう」

発光する塵とアズライトを使って、アズラの祠を浄化すると「アズラの翼持つ黄昏」が現れた。話しを聞いてみる

アズラの翼持つ黄昏:「良くやりました、定命の者よ。あなたは私のドリームシャ一ドを取り戻し、ヴァルミーナの予兆を破り、そして聖堂も浄化してくれた。ですが、悪夢の女王はまだストームへヴンを支配から解放していないのでしょう?」

していない。ヴァルミーナは今、上級王エメリックを狙っている

アズラの翼持つ黄昏:「その通りです。それに、エメリック王は霊魂の守人に対してとても寛容でいてくれている・・・このことは、良く分かっています。初めにヴァルミーナが私の大修道院を襲い、次に私の祠を冒涜し、そして今はこれ。事情を知らなければ、恨みだと思っていたかもしれませんね」

ヴァルミーナと戦うのを手伝ってくれるか?

アズラの翼持つ黄昏:「手伝いましょう。今回、ヴァルミーナはやりすぎました。相応の報いを受けなければなりません。あなたを助けましょう。ですが、彼女の支配から王を解放するのは、他の者よりもはるかに難しいでしょう」

今までとどう違う?

アズラの翼持つ黄昏:「今は、彼女の夫を解き放っています。夜の恐怖のガルシスです。彼はあなたの侵入を阻みながら、悪夢のなかでエメリック王の精神を蝕んでいる。悪夢を貫くために、あなたにダスクストーンを授けましょう。ですが、ガルシスを倒すには別の問題があります」

ガルシスはどう倒す?

アズラの翼持つ黄昏:「あなたは有能で才覚があることを証明してきました。これを、あなたの力を試す場となさい。今一度、あなたは忠実に役目を果たせるはず。さあ、行きなさい、定命の者よ。あなたの王を助けるのです・・・そして、ヴァルミーナに、私のものには手を触れるなと教えるのです」

ありがとう。そうしよう

アズラの翼もつ黄昏が、エメリック王の夢に入るために使うダスクストーンを渡してくれた。ウェイレストに戻って、ドゥラク修道院長に報告する

ドゥラク修道院長:「手は尽くしたが、王は時間が経つごとに遠ざかっていくようだ。残念ながら、夢に入る手立てはない。今回は何かが違う。はるかに危険なことになっている」

アズラに夢の中に入るために使うダスクストーンを渡された

ドゥラク修道院長:「ダスクス卜ーン? 実に興味深い。聞いたことはあるが見たことはない。かつてアズラがダスクス卜ーンを使って、昼と夜の障壁を壊したと言われている。それを使えば、覚醒と眠りの間にある障壁も打ち破れるかもしれない」

以上で「アズラの助力」のストーリーは終了し「ヴァルミーナの策略」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました