【ESO】クエスト「アズラの遺物」攻略

「嘆きの巨人にあるアズラの祠を天上の夢見人が攻撃し、霊魂の守人が殺され、多くの遣物が盗まれた。若い修道女であるタバカーから遣物を取り返し、捕虜になった守人を探す手伝いを頼まれた」

クエスト名受注場所/人物報酬
「アズラの遺物」場所:ストームヘヴン
クエスト「アズラの遺物」の受注場所
タバカー修道女から受注
重-脚:黄昏の膝当て

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ニチェルバーの箱を手に入れる
クエスト開始時の会話で説得のスキルがあると一緒に戦ってくれるスキャンプを召喚できる宝石を貸してくれます。ニチェルバーの箱はクエストを受けた場所から北の方角に登っていくとキャンプがあり、そこにある袋を調べると入手できます

タスク2:星の手袋を手に入れる
星の手袋はクエストを受けた場所から東に進んで行くと水辺にキャンプがあり、そこにあるかごの中に入っています

タスク3:暁星の巻物を手に入れる
暁星の巻物はクエストを受けた場所から北東に進んで行くとキャンプがあり、そこにあるパックの中に入っています

タスク4:捕まった霊魂の守人を見つける
暁星の巻物があった場所から来たに進むとペリー修道士がいるので話しかけます

タスク5:召喚箱の鍵を集める
ペリー修道士がいる場所から北に下っていくとあるキャンプで鍵が見つかります

タスク6:召喚箱を閉じる
嘆きの巨人の北の塔と南の塔にあるデイドラの召喚箱を調べて鍵をかけます

タスク7:霊魂と話す
2つのデイドラの箱を閉じると霊魂が現れるので話を聞きます

タスク8:巻物を使ってデイドラを見つけ出す
嘆きの巨人にある滝の下で巻物を使うとデイドラが現れるので倒します

タスク9:ペリー修道士と話す
最初にクエストを受けた場所まで戻り、ペリー修道士と話します。以上でクエスト「アズラの遺物」はクリアとなります

ストーリー

タバカー修道女:「信じられない! アズラがあなたを這わしたのよね? 私はここにひざまずき、アズラに助力を請い願った。すると、あなたが来た。これが聖なる干渉でなければなんでしょう。助けてくださるんですよね?」

何をすればいい?

タバカー修道女:「すベてにおいて、助けが必要よ。ここにアズラに捧げる祠があった。でも、「天上の夢見人」が現れて、みんな殺された。祠は汚され、遣物は盗まれてしまった。私の望みはただ、遺物を取り戻してパリア大修道院に戻すことよ」

祠はどうなった?

タバカー修道女:「浄化しなくてはならないけれど、私はただの修道女よ。遣物を取り返して、大修道院に戻りたいだけ。それから、私を助けようとした霊魂の守人が、もう一人いたわ。きっと捕まってしまった。彼のことも探してくれる? お願い、手を貸して」

ああ、手を貸そう

タバカー修道女:「逃げ出す時にー部の遺物は持ち出しました。残りはわずかです。もしそれを手に入れて、捕らわれている守人を探してくれたら、私の願いは叶えられます」

何か役に立つ遺物を持っているか?

タバカー修道女:「そうですね・・・一つあります。この宝石。あなたを守ってくれるスキャンプを召喚できます。これは使ってはいけないことになっているけど、返してくれさえすれば、秘密にしておけると思います」

まずは天上の夢見人に奪われた遺物を取り返そう。天上の夢見人は周辺にキャンプをはっている。遺物はそこに置いてあるはずだ

天上の夢見人のキャンプを捜索し奪われた遺物を全て取り返した。次はタバカー修道女が話していた、捕らえられた霊魂の守人を探す

ペリー修道士:「どこかで見たな。アルカイアで会った顔だ・・・ヴァンヌ農園か! また天上の夢見人に捕まるなんて、変な話だな」

お前がタバカーを手助けしていたのか?

ペリー修道士:「そうだ、今でもな。私はあえて捕まって、天上の夢見人たちがここで何を企んでいるのか知ろうとしただけだ。これまでの情報で分かったことは、これは単なる遺物の盗難よりも、はるかに深刻だということだ」

どういうことだ?

ペリー修道士:「ここには強カな遣物がいくつかある。古代の召喚箱だ。天上の夢見人たちは、起動させる方法が分かったようだ。奴らはそれを使って、とんでもないものを召喚しようとしている」

止める方法はあるのか?

ペリー修道士:「キャンプのどこかにある箱の鍵を探して、閉じてくれればいい。お前ならできるさ。夢見人たちは私たちがキャンプに入り込むのを許すはずはないし、私は戦いの役には立てない。だが、他の遺物のことは私に任せてほしい」

それなら出来る

ペリー修道士:「自信があるのはいいことだ。最後に一つだけ言っておく。召喚箱には霊魂が住み着いている。閉じるときに何が起こるのか予測できない。それでも、やらなければならない。全てが終わったら、タバカーが野営している場所で会おう。幸運を祈る」

信者たちが古代の召喚箱を起動できないようにするには、召喚箱を閉じるための鍵が必要だ。まずは天上の夢見人のキャンプから鍵を入手しよう

鍵を手に入れた。後はデイドラの召喚箱を探して閉じるだけだ

古代の死者の霊魂:「自然は汚された。元に戻さなくては」

嘆きの巨人にある2つの塔の中でそれぞれデイドラの箱を閉じると霊魂が現れた。霊魂と話をする

古代の死者の霊魂:「生者の世界は道を外した。この遣物のエネルギーは、闇のために利用されたのだ。ポータルは閉じられたが、何かがそれを通った。その何かを倒さねばならない」

何者だ?

古代の死者の霊魂:「私の死体は何世紀も前にこの箱の中へ、他の数えきれない多くの者たちと共に放り込まれた。この箱は本来の目的に反して用いられた。私の霊魂はこの過ちが正されるところを見届けるため、ここに舞い戻ってきた。召喚されたものを打ち破らなければならない」

召喚されたものとは?

古代の死者の霊魂:「呪われた怪物が別の世界からやってきた。デイドラだ。殺さなければならない。その忌まわしい姿は魔法によって隠されている。だがこの物見の巻物を使えば明らかになるだろう。水の流れ落ちる音を辿り、巻物を使って探すのだ」

古代の霊魂によれば、信者たちはデイドラを召喚したようだ。デイドラは魔法で姿を隠しているが、物見の巻物を使えば発見できる。滝の下に行って、巻物でデイドラの姿を見つけて倒す

滝の下で物見の巻物を使うとデイドラが姿を現した。ここで奴を倒す

天上の夢見人によって召喚されたデイドラを始末した。 嘆きの巨人の南、 タバカーのキャンプにいるペリ一修道士とまた合流する

ペリー修道士:「塔だ。塔の召喚箱を閉じられたのか?」

ああ、召喚されたデイドラもいたが、始末した

ペリー修道士:「お前がいてくれなかったら、奴らはもっとたくさん召喚していただろうな。パリア大修道院にこの遣物を持って帰る。タバカーも一緒に連れていこう。しかし、認めざるを得ないな。アズラはお前を勇者として選んだようだ。最初はアルカイアのヴァンヌ農園、そして次はここだ。とても感謝している。ひとまず別れるが、数日したらまた出会うだろう」

タバカー修道女:「ペリ一修道士は、私がパリア大修道院へ戻るまで護衛してくれます。とても勇敢だわ。もしこれがあなたとぺリー修道士のためじゃなかったら、あんな途方もない考えは浮かばなかったでしょう。あなたは本当にアズラからのお恵みね。すぐに願いに答えてくれた。二度と祈りの力を疑うことはしないわ。アズラに感謝を」

以上で「アズラの遺物」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました