【ESO】クエスト「取り立て屋の借金」攻略

「ウェイレス卜でミッドナイト・ユニオンのために仕事をしているス・ラシは、自らを厄介な状況に追い込んでしまった。彼はボスに借金があり、なるベく早くその金を揃えなければならない」

クエスト名受注場所/人物報酬
「取り立て屋の借金」場所:ストームヘヴン
クエスト「取り立て屋の借金」の受注場所
ムジャッダから受注
重-足:ス・ラシの踏み倒し用ストンパー

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ス・ラシと話す
目の前の宿屋の2Fへ行き、ス・ラシと話をします

タスク2:ルイス・アーヴィンから借金を取り立てる
ウェイレストの市場のベンチで寝ているルイスと話します。威圧のスキルがあれば、そのまま借金を返してもらえ、次のタスクは飛ばせます

タスク3:港にいるユージャースから借金を取り立てる
ウェイレストの港にいるユージャースと話します。説得のスキルがあれば戦闘にならずに済みますが無い場合は倒して金を返してもらいます

タスク4:ユージャースの施錠箱から借金を取り立てる
近くにあるユージャースの施錠箱を調べると、取り巻きのオークの一人が襲ってくるので倒します

タスク5:パディアー・ナイッテから借金を取り立てる
ナイッテはウェイレストの街にある銀行の裏にいるのでそこへ向かい話しを聞きます。威圧がある場合はそのまま金を返してもらえます。ない場合はタスク6へと進みます

タスク6:聖堂の裏の墓から宝石を入手する
ウェイレストの街にある聖堂へ向かい、ヴィック・ニティの墓を調べると宝石を入手できますが、ヴィック・ニティの亡霊が襲ってくるので倒しましょう

タスク7:ウェイレスト港でマルク船長を探す
ウェイレスト港へ行くとエルヴィラ・デッレ一等航海士がいるので彼女と話します

タスク8:アルバート・マルク船長と話す
マルク船長はウェイレストの街の宿屋クラウディ・ドレッグの1Fにいるので話しかけます

タスク9:ス・ラシと話す
クラウディ・ドレッグの2Fにいるス・ラシと話をします。ここで船長の借金についてス・ラシを説得する(説得のスキルが必要)、船長の借金を払う(350くらい)、他の方法を探す、の内どれかを選びます。他の方法を探す場合は次のタスクに進み、それ以外の場合はクエストクリアとなります

タスク10:暗殺者を倒す
ウェイレストの市場の近くにある武器屋の2Fの奥に隠れているラムジクを倒します

タスク11:ス・ラシと話す
クラウディ・ドレッグの2Fにいるス・ラシと話をします。以上でクエスト「取り立て屋の借金」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
捕虜になった船員このクエストに出てくるマルク船長との出会いのクエストです
遠回りの救出このクエストに出てくるエルヴィラ・デッレ一等航海士と初めて出会うクエストです

ストーリー

ムジャッダ:「歩き手よ、少し話をしよう。困っている者を助けて、金を稼ぐことに興味はないか?」

どういう機会がある?

ムジャッダ:「この者の兄弟は、ス・ラシと呼ばれている。ス・ラシは有名だ。街にたくさんコネを持ってる。でもス・ラシは深みにはまって動けない。ボスにたくさんの借金があるんだ。ミッドナイト・ユニオン。聞いたことがあるだろう?」

ああ、ミッドナイト・ユニオンの名は聞いたことがある

ムジャッダ:「近頃のミッドナイト・ユニオンは、ずいぶん変わってしまった。ス・ラシのボスはあまり我慢強くない。そして、ス・ラシはすぐに金が必要だ。この者はこれ以上兄弟を助けられない。でも、宿の上の階にいるス・ラシに会いに行ってくれないか? 協力を申し出てくれるといい。報酬は彼が払う」

ス・ラシと話してみる

ムジャッダ:「この者は兄弟を助けてくれて深く感謝する。ス・ラシはミッドナイト・ユニオンのためによく働いてくれている。今はちょっと苦境に立たされているだけだ。この者を理解してもらってうれしい」

ス・ラシはミッドナイト・ユニオンのためにどんな仕事をしてるんだ?

ムジャッダ:「ミッドナイト・ユニオンがウェイレストで持っている事業は、すベてス・ラシが仕切っている。売買と取引だ。ス・ラシは街の人も助けている。困窮している者にお金を貸しているんだ。彼はいいやつだ。あなたが彼を手伝うことになってよかった」

ムジャッダから、クラウディ・ドレッグの宿の上の階にいる彼の兄弟ス・ラシを見つけ、助けられることがないか確かめてほしいと頼まれた。ス・ラシの所へ行ってみよう

ス・ラシ:「うわ、誰だ! ホスニのところから来たのか? 頼む。頼む、見逃してくれ。ホスニの金はすぐに手に入れると約束する、だけど、ス・ラシが死んだら金は手に入らない。殺しに来たんじゃないと言ってくれ」

お前の兄弟に頼まれて助けに来た

ス・ラシ:「ハ! ス・ラシの兄弟は親切だな! 自分は見捨てておいて、見ず知らずの人間に代わりを頼むのか。それで自分はセンシャルで砂糖菓子を探しに行くんだな。ス・ラシのことなんて誰も気にしない。兄弟は忠実でなければいけない。お前はス・ラシに何の義理もない。でも助けてくれれば、ス・ラシは金を払う。どうだ?」

悪くない

ス・ラシ:「ス・ラシには借りた金がある。だが貸した金もある。ス・ラシのものになる金を持っている奴が、この街に三人いる。ー人目はギャンブラー。二人目は貴族。そして最後は密売人だ。お前がス・ラシのために取り立てる。ス・ラシはかなりの手数料を払う

やろう。どこに行けば見つかるか教えてくれ

ス・ラシ:「地図で、借金してる奴らがいる場所に印をつけておいた。ギャンブラーのルイス・アーヴィンから始めるんだ。アーヴィンが一番多く金を借りてる。他の奴らからも回収しなきゃならんが、探すのはエルヴィンの後にしてくれ

金を貸している者についてもっと教えてくれないか?

ス・ラシ:「お前はス・ラシを手伝っている。それなら、ス・ラシはなんでも教える・・・まあ、ほぼなんでも。ギャンブラー、貴族、密売人。どれについて知りたい? 聞けば、ス・ラシが教える

ギャンブラーについて教えてくれ

ス・ラシ:「アーヴィン。ルイス・アーヴィン。彼はいい男だが、少し汚らしい。それに、感覚がマヒしている。すベてをなくしていても、賭けるのをやめない。ス・ラシはアーヴィンに同情している。だけど、借金を長い間許し過ぎた。今は、ス・ラシは自分の身を守るために回収をしなければいけない

貴族について聞かせてくれ

ス・ラシ:「上流階級の者たちは、ス・ラシの助けが必要になるまで、ス・ラシのことを鼻であしらう。パディ アー・ナイッテは古くてとても裕福な一族の出身だ。だけど、今は違う。ナイッテはス・ラシにお金を返せないと言っている。だけど、ス・ラシはナイッテが嘘をついていると思う

最後に密売人について聞かせてくれ

ス・ラシ:「マルク船長。とても頭かいい男だ。武器、スクゥーマなど、金になるならなんでも密輸をする男だろう? だけど、マルクは自分の船をなくした。新しい船のために金を借りた。ス・ラシは、今金を返してもらわないといけない

マルク船長?アルカイアで会ったことがある

ス・ラシ:「マルク船長を知っているのか? とてもいいことだ。それなら、ス・ラシにお金を返すように説得するのも楽だろう

ス・ラシから、金を借りているウェイレス卜の人々から借金を取り立てる手伝いを頼まれた。まずはルイス・アーヴィンの所に行こう

ルイス・アーヴィン:「何だ? 一時の休息も許されないのか? エメリック王がこのべンチを今すぐ必要としているのか?」

ス・ラシに言われて借金を取りに来た

ルイス・アーヴィン:「払うことはできん。俺は最後のコインをハンマーデス・アリーナに賭けて勝ったのに、俺とは逆に賭けてたオークが支払いを拒否しやがったんだ。金が欲しいか? だったらユージャースをぶちのめして取ればいい。あいつは南の港にいるオークの仲間どもとつるんでるよ」

分かった。ユージャースと話してみよう

ルイスは、自分の手元に金はないが、ス・ラシに借りた金を返せる額の金をユージャースというオークに貸していると主張している。ユージャースはウェイレストの南の港にいる、オ一クのならす者達とつるんでいるようだ。行こう

ユージャース:「消えろ」

ルイス・アーヴィンに金を借りているな。回収に来た

ユージャース:「それでとうしようっていうんだ? 俺を脅すのか? ヘっ! 顔を踏みつぶしてやるぜ。尻尾を巻いて帰るんだな。死にたいんなら話は別だが」

借りた金を受け取るまで出ていくつもりはない

ユージャース:「思ったより度胸があるじゃねえか。気に入ったぜ。じゃあこうしよう。そこにある施錠箱から、俺がルイスに払う分を取り出せたら持っていっていい。ただ取るだけでいいんだ。簡単だろ」

ユージャースに、彼の施錠箱からルイスの借金を取り立てられたら、自由に持って行っていいと言われた。おそらく罠だろう。施錠箱を開けたら奇襲攻撃を受けると覚悟すベきだ

ユージャース:「懲らしめてやれ」

予想通り、彼の取り巻きがこちらを襲って来たが、撃退した

ユージャース:「面白い奴だな。借金を少しだけ払ってやってもいいぞ。これを持って、俺の港から消えろ」

ルイス・アーヴィンからの借金を回収した。次は貴族のパディアー・ナイッテを探す。ス・ラシによると、パディアーは無一文だと主張しているらしい。だかス・ラシは、資産家の出であるナイッテの言葉を信じていないようだった。ナイッテを探そう

パディアー・ナイッテ:「よく聞け。この「携帯バリスタ」のために、自分の金を無駄にするリスクを冒すつもりはない。装填して引き金を引かないと撃てないような弓を、誰が欲しがるっていうんだ? いずれにしろ、もう金はない・・・あ・・・すまない。他のやつかと思っていた」

ス・ラシに言われて借金を取りに来た

パディアー・ナイッテ:「すまない。私はまったくのー文無しなんだ。土地を売って子供用の豚の鞍に投資しろと私を説得したのは、ス・ラシの友人の一人なんだぞ!結果は見ての通りだ。売れ行きは芳しくなかった。何もかも失ったよ」

何かあったときのために少しくらい残してあるんだろう?

パディアー・ナイッテ:「ふう・・・そうだったらよかったがな。残してない。そんなにス・ラシの金を回収したくて、手が汚れてもかまわないっていうんだったら、聖堂にあるじいさんの墓を掘ればいい。 じいさんは高価な石とー緒に埋められたんだ。ずっと無駄なことをしやがると思ってた」

パディアー・ナイッテが言っていた、墓に行って宝石を手に入れよう

ヴィック・ニティの亡霊:「その石を返せ、墓泥棒!」

宝石は手に入れたが、亡霊が襲って来た。撃退する

亡霊を倒し、これでス・ラシに借金をしていた2人から金を回収できた。最後はアルバート・マルク船長だ。港へ行こう

エルヴィラ・デッレ一等航海士:「船員になりたいなら、今日はやめといた方がいいわね。船はまだ港に停泊中だから、名前だけ書いておいてもいいけど、ちょっと気分がね。昨日の晩、クラウディ・ドレッグで飲みすぎちゃって・・・」

マルク船長を探している。どこにいるか知らないか?

エルヴィラ・デッレ一等航海士:「ごめんなさい。彼は金貸しのス・ラシと話すために、先ほどクラウディ・ドレッグに戻って行ったとこよ。まあ、船長のことだから、行く前に下の階で一杯飲んでるかもしれないけど」

マルク船長はクラウディ・ドレッグに行ったようだ。ス・ラシと話しているのか、下で飲んでいるのか分からないが、宿に向かい確かめる

アルバート・マルク船長:「やあ、また会えると思っていた。ー杯やっていかないか? だが、金は払えよ。こっちはー文無しなんでな。自分の借金も払えないんだ。上に上がってス・ラシに金がないことを言わないとな・・・奴は殺そうとしてくると思うか?」

実はそのス・ラシに言われて借金を取りに来た

アルバート・マルク船長:「そうかい? じゃあ、俺を殺すわけか? なにせ・・・金はないからな。それに関しちゃどうにもならん。だが、逃げるつもりはない。俺は誠実な人問なんだ。少なくともこういう場合にはな。ス・ラシがあと何週間か待ってくれるって可能性はないのか?」

時間をくれるようス・ラシに頼んでみよう

ス・ラシ:「思っていたよりも早く戻ったな! 金はあるんだろ? 頼む、持ってると言ってくれ」

マルク船長だが、彼は少し時間が欲しいと言っている

ス・ラシ:「ス・ラシに時間があれば、喜んで船長にやっている。だけど、ス・ラシも危うい状況にある。いずれにせよ、ス・ラシはお金を手に入れなければいけない」

船長が債務を果たすために他の方法はないのか?

ス・ラシ:「ス・ラシはマルク船長が好きだが、負債は金か血で支払わなければいけない。ふむ・・・ウェイレス卜にもう一人ス・ラシに対して血の貸しがある歩き手がいる。レッドガードのアサシンのラムジクだ。ラムジクはス・ラシの取り立て人を何人も殺している。もしラムジクを殺せば、ス・ラシはマルクのことは許そう」

そのレッドガードのアサシンはどこにいる?

ス・ラシ:「ラムジクは隠れているが、ス・ラシはどこにいるか知っている。彼女はこの先の市場にある家にいる。だけど、気をつけるんだ。ラムジクはとても危険な女戦士だ。それに、ス・ラシが彼女の元へ人を送ることを知っている」

ラムジクを倒したら戻る

ラムジク:「ス・ラシの取立人が、また殺されに来たか」

ス・ラシに聞いた場所でラムジクを見つけ彼女を葬った。これでマルク船長の借金も解決だ。ス・ラシの所へ戻ろう

ス・ラシ:「兄弟に見捨てられた時に助けてくれたな。とても感謝している。これでミッドナイト・ユニオンのボスに金を払える。なんとか助かったって訳だ」

ああ、もうボスとの問題を精算できるはずだ

ス・ラシ:「ああ。ス・ラシはとてもほっとした。ボスも喜ぶだろう。お前は私の兄弟より用心棒として優秀だ。これからはお前も私の家族と考えるよ。私のものはお前のものでもある。お前にはー生頭が上がらないよ。 ウェイレストで何かが必要になったら言ってくれ。どんなことでも力になる」

以上で「取り立て屋の借金」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました