【ESO】クエスト「裂け目を超えて」攻略

「戦士ギルドと魔術師ギルドの軍隊が召集され、モラグ・バルと戦う時かやってきた! だが、闇の王の聖域最深部にあるプラナ一の渦は、この防壁を固められた裂け目を超えなくてはならない」

メリディアの軍勢」からストーリーが続いているクエストです。このクエストから今まで行けなかったコールドハーバーの北側に行けるようになります

報酬のモラグ・グルンダのガードルはユニーク装備です。「コールドハーバーの門番小屋にて、モラグ・グルンダを倒したことによってこのガードルを獲得している」

クエスト名受注場所/人物報酬
「裂け目を超えて」場所:コールドハーバー
クエスト「裂け目を超えて」の受注場所
ラロリアン・ダイナー王から受注
重-腰:モラグ・グルンダのガードル

414ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:キャドウェルと話す
ホロウ・シティの北側にある扉の前にいるキャドウェルと話しをします

タスク2:裂け目に向かう
キャドウェルと話したら彼の後ろにある、扉を抜けて裂け目へ向かいます

タスク3:フォーカス・ストーンを破壊する
裂け目の戦場ある4つのフォーカス・ストーンを破壊します

タスク4:キャドウェルと話す
フォーカス・ストーンを破壊したら、上へと向かうポータルの前にキャドウェルがいるので話をします

タスク5:西と東のポータルを閉じる
キャドウェルと話したら目の前のポータルを使い裂け目の2層へと進みます。2層に着いたら西と東にあるポータルを閉じます。西では灰を歩む者、東ではダリアンが協力してくれます

タスク6:キャドウェルと話す
キャドウェルは裂け目の2層を道なりに進んでいった先の門番小屋の前にいます

タスク7:門番小屋へ入り橋を渡る
キャドウェルと話したら彼の後ろにある扉を抜け橋を渡ります

タスク8:弾み車を回す
橋の北と南の部屋にあるにあるコントロールレバーを調べます

タスク9:門を開く
2つの弾み車を動かしたら、グルンダがいる扉の前にあるレバーを調べます

タスク10:モラグ・グルンダを倒す
門が開いたら中に入ります。最初に中ボスと戦いその後モラグ・グルンダと戦いますが強くないです

タスク11:門番小屋から出てヴァヌス・ガレリオンと話す
モラグ・グルンダを倒したら、入ってきた時は別の扉を使って外に出ます。外に出るとヴァヌス・ガレリオンがいるので話をします。以上でクエスト「裂け目を超えて」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
メリディアの軍勢「裂け目を超えて」を受注するためにクリアが必要なクエストです
ハーベストハート「裂け目を超えて」からストーリーが続いているクエストです

ストーリー

ラロリアン・ダイナー王:「頼れると信じていた。お前が私を失望させたことはないからな。だが戦争に勝っためには、まだやることがたくさんある。お前が前線に立てば、<次元融合>を阻止し、世界を救えるだろう」

もう一度今回の作戦を教えて欲しい

ラロリアン・ダイナー王:「戦士ギルドと魔術師ギルドの力を合わせ、モラグ・バルに戦争を挑み、プラナーの渦へのポータルにたどり着かなくてはならない。すベては裂け目から始まる。情報を集めるため、お前より先に斥候を向かわせた」

裂け目のことを教えてくれ

ラロリアン・ダイナー王:「狭く、良く守られた岩場だ。デイドラがうじゃうじゃいて、モラグ・バルの領域にたどり着く前の道は門番小屋で塞かれている。キャドウェルがこの地域に詳しい。奴は奇妙だが、信用できる奴だ。裂け目でお前を待っている」

キャドウェルを探して裂け目から帰ってきた偵察部隊の情報を聞く

キャドウェル:「なんてことだ。精鋭達が居るのに、 てんで役に立っていないではないか!裂け目の横で指を咥えて見ているしかないとはな!正直言って、実に嘆かわしい」

どういう状況だ?

キャドウェル:「状況?無事だが困ってるぞ!裂け目を越え、モラグ・グルンダと対決する前に、厄介なフォーカス・ストーンに止められてしまっている!あの赤毛の魔術師は、フォーカス・ストーンを破壊しなければいけないと言っている。頑張れよ!」

フォーカス・ストーンの破壊?簡単そうだが、何か問題でもあるのか?

キャドウェル:「そこを守っているドレモラの群れ以外は何もないな!もちろんワシ一人で対処できるが、ワシの華麗なる戦技を兵士たちに見せ付けて、他の兵たちが悲しんでしまっては困るしな!だが、お前さんは別だ。彼らは、お前さんの輝く姿には慣れているからな」

キャドウェルによれば、フォーカス・ストーンが破壊されるまで軍は裂け目を通れないようだ。裂け目に向かい詳しい状況を確かめる

裂け目に着いた。状況を確認するため話しを聞く

キャドウェル:「そこにいるちんけな魔術師がフォーカス・ストーンについて知っているぞ!確かジンジャー色の髪をしていたな・・・おお、ジンジャーと言えば、ワシの特製クランフィアのジンジャー清けはー度食ベてみる価値があると思うぞ!ワシは戦士としての腕もー流だが、同様に料理の腕も一流だと自負している!」

ガスウェン:「あの変な騎士はとても奇妙なことを言うわね。ヴァヌスと王は彼を信用しているようだけど・・・あなたがダイナ一王が言っていた、裂け目へ導いてくれる勇者なのよね?」

裂け目について情報はあるか?

ガスウェン:「この裂け目は強力な守護者と要塞によって守られている。最初の障害は裂け目の上層までのポータルよ。フォーカス・ストーンが起動している間は、そのボータルを制御できないの」

フォーカス・ストーンを破壊したらどうなる?

ガスウェン:「上層ヘ進んで前進するためには、ポータルを占拠しないといけない。上層までは偵察できなかったけど、キャドウェルよるとモラグ・バルの娘、 モラグ・グルンダが門番小屋で敵軍を指揮しているそうよ」

モラグ・バルに娘がいるのか?

ガスウェン:「伝説によるとそのようね。彼女は翼もつ黄昏よ。力強く、醜く、小さい軍隊を率いている。きっと難しい戦いになる。ダリアンは口説いてやると言ってるけど、ロクな予感はしないわ」

裂け目の守護者について教えてくれ

ガスウェン:「下にドレモラを発見したわ。醜い生き物ね!奴らが使っているポータルの精巧さを見る限り、ズィヴィライもオグリムも、スキャンプでさえ送り込んでくるんじゃないかしら。スキャンプが数体集まって来られたら、戦士一人なんてあっという間に倒されてしまうわ」

急いでフォーカス・ストーンの破壊に取り掛かろう

フォーカス・ストーンを全て破壊した。これで裂け目と上層へ繋がるポータルを占拠できた。キャドウェルと話して次に何をすればいいのか聞いてみる

灰を歩む者:「ダリアンはいつもどおり急いで先に行ったわ。私は注意して進んで、彼が任務に集中できるようにする」

キャドウェル:「良し!ポータルは我々の物だ!ダリアン卿とあの素敵なトカゲは先に進んだよ。我らの戦場での活躍を危惧して、少しでも取り返そうと頑張っているんだろうな」

上の状況は分かるか?

キャドウェル:「グルンダは生意気な奴だ。我々が近づいていることを知っている。ダリアンがグルンダに辿り着くよりも早く援軍を召喚してるぞ。早くいった方がいい!」

他に質問があるのだが

キャドウェル:「もちろん。頭がピンになっているデイドラの何種類が踊れるかを知りたいか?踊りについて語ろうか?最悪の状況でも笑っていられる秘訣を聞きたいか?好きな色でも何でも聞いてくれ!フハハハハハ!」

モラグ・グルンダについて教えてくれ

キャドウェル:「モラグ・グルンダ?羽が生えた大きな女性か?ちょっと怒りっぽくて、門番小屋を守ってる?モラグ・バルの娘だって噂は聞くが、信じられん!全く家庭的な男には見えないが、ワシが言うのも何だな?

なぜコールドハーバーのことに詳しい?

キャドウェル:「ワシの住まいだからさ!長いこと住んできた。この辺りの岩や木を全部覚えているぞ!美しい場所だろう?魅力的な生き物で一杯だ。もちろん、ほとんどが命を狙って襲ってくるが、それも挑戦って奴だな

ありがとう、先へ進もう

ポータルを使い裂け目の2層目に着いた

ガスウェン:「デンシス、ディシス! あなた達はここのポータルを守って。強引に通ろうとする奴がいたら教えて。増援を食い止めないと。先に偵察に行くわ。門番小屋に何があるか調べないと」

キャドウェル:「ポータルを守り、この場所を制圧する。デイドロスの一、二匹をワシが相手にしなければいけないかもしれないが、心配無用。それぐらいは朝飯前だ。お前さんは敵のポータルを潰し、援軍を止めてきてくれないか?

モラグ・グルンダは裂け目の二層目にある二つのポ一タルを通して援軍を送っている。ポータルの所在を突き止めて封印しないと、戦士ギルドと魔術師ギルドの兵士が危ない

裂け目の東側でダリアンとポータルを見つけた

ダリアン・ゴティエ:「まあ、見て学んでくれ、友よ。どうやってデイドラのポータルを閉じるか見せてやろう」

ダリアンと協力し、ポータルを守っていた敵を排除した

ダリアン・ゴティエ:「今はこうやるんだ!約束通りデイドラのポータルを一つ閉じたぞ」

ポータルを閉じたがまだ援軍は続いているようだ。他の場所にポータルがないか探しにいく

裂け目の西側で灰を歩む者とポータルを見つけた

灰を歩む者:「このような生物を恐れることはない。ポータルを閉めましょう」

灰を歩む者と協力し、ポータルを守っていた敵を排除した

灰を歩む者:「ポータルを閉じた! 私達は優秀なチームね、友よ」

敵の増援が止まったようだ。モラグ・グルンダがいる門番小屋へ急ごう

ガスウェン:「障壁を解除した。モラグ・グルンダは私達が来るのを知っているはず。裂け目はもうすぐよ!私はポータルへ戻って支援する。キャドウェルが門番小屋にいるはず。あなた達なら、モラグ・グルンダを倒せるわ」

門番小屋でキャドウェルが待っているようだ。急ごう

キャドウェル:「仲間が裂け目を掌握したようだ。さて、モラグ・グルンダと話をしてみようか?」

門番小屋の中の状況はどうなっている?

キャドウェル:「グルンダの?無礼で、乱暴で、皮肉屋で、多大なる敵意をむき出しにていることだろう。家庭でどうしてるかは知らないが、コールドハーバーを暖かく魅力的な場所にしてくれる、いつものデイドラ流が見られると思うぞ」

先へ進もう

キャドウェル:「良し!今や裂け目は我々が制圧している。後は部隊の者達でもことは足りるだろう。さあ、モラグ・グルンダと話をしてみよう。彼女はいつも良く笑い、良く歌うんだ。我々を見た時のモラグ・グルンダの顔が見たいな。昔からの知り合いだからな!中に入った後は、門番小屋にたとり着くために小さな橋をーつ渡る。ついて来い!」

案内を頼む

キャドウェルの案内で門番小屋へと至る橋へきた

キャドウェル:「確か門番小屋に入るにはコツがあるんだが、思い出せん。だが、心配無用! 何かの拍子で思い出すだろう・・・・・あ、そうだ! 思い出したぞ! 控えの間の両側に弾み車があるはずだ! 正面口を開くためには両方を回せ」

キャドウェルによれば、二つの弾み車を起動しなければ門番小屋に入れないらしい。弾み車がある場所を探す

キャドウェル:「思い出したぞ! この部屋の奥にレバーがあるんだ。それを引けば弾み車が回るはずだ」

弾み車を起動した。これで門番小屋への扉を開けられるはずだ

キャドウェル:「何て素晴らしい扉なんだ! この職人技を見てくれ。見事だ! グルンダはいつもいい趣味をしているな!さて、グルンダに挨拶をしてみようか?何か特別なおもてなしを用意しているかもしれない」

門番小屋の前にあるレバーを倒すと門は開かれた

キャドウェル:「ほらな。上手くいっただろ! これは助言だ。掻き毟られる物はしっかりと守れよ。グルンダは目、脾臓… いや、毟れるものを掻き毟るのが好きなんだ」

門は開いた。モラグ・グルンダを倒す時だ

モラグ・グルンダ:「弱くて羽もない、定命の愚か者が! あなたの肉を堪能してあげる。可愛いペットのおもちゃにした後でね!」

モラグ・グルンダを倒す前に彼女のペットを先に始末する

モラグ・グルンダ:「よくも私の可愛い子を! お前たちの心臓を引き抜いて、銀の皿で父に捧げてあげる!」

キャドウェルと協力しモラグ・グルンダを倒した

キャドウェル:「何だ、拍子抜けだな。汗の一滴もかかなかったぞ」

ヴァヌス・ガレリオン:「よくやった! モラグ・グルンダが倒れた今、裂け目の全体が支配下に入った。隊をまとめているガスウェンにダリアンを監視するよう言ってある。彼は剣を持つと恐ろしいが、無謀な行動に出ることが多すぎる。それと、話すことがあるんだ。外で待っている。このデイドラの広間は、とても不愉快だ」

モラグ・グルンダを倒したことで裂け目を制圧することができたようだ。ヴァヌス・ガレリオンが話があるようなのでここから出て彼の元へ向かう

ヴァヌス・ガレリオン:「道草を食っている間に、この一帯を確保したぞ」

裂け目はこれで安全か?

ヴァヌス・ガレリオン:「良くやった、友よ。お前のおかげで裂け目は我らの物となった。これで前線とホロウ・シティの軍の行き来が楽になった。休んだらまた来てくれ。この試練はまだ終わりじゃない」

以上で「裂け目を超えて」のストーリーは終了し「ハーベストハート」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました