【ESO】クエスト「逃げた者」攻略

「鉄の車輪の監獄船が嵐に遭遇し、この混乱に乗じてニコラスが逃げ出したかもしれないとギルドマスター・ゼイラから聞いた。真相を確かめるため、ニコラスを探す<砂漠の隼>と接触することになった」

脱獄」から続いているストーリーで盗賊ギルドのクエストの締めとなっています。クリア報酬の密売人ピラッリはシロディールとバトルグラウンド以外ならいつでも呼び出すことができ、手数料は取られますがその場で盗品を買い取ってくれます

盗賊ギルドのクエストやヒューズベイン地方のクエストを受けるにはESOPlusの会員かDLC盗賊ギルドが必要となります

クエスト名受注場所/人物報酬
「逃げた者」場所:アバーズ・ランディングの盗賊の隠れ家
クエスト「逃げた者」の受注場所
ゼイラからのメモから受注
未確認のバーハラの呪いの武器

密売人ピラッリ

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ゼイラと話す
ゼイラはアバーズ・ランディングの街の酒場ヒューズメインにいます

タスク2:ショーンヘルムで砂漠の隼を見つける
ショーンヘルムにあるリベンスパイアーに行きます。旅の祠が解放されていない場合はグレナンブラ地方のダガーフォールの港にいるナビゲーターのアゾウファーに話しかけて連れて行ってもらえます。リベンスパイアーに着いたら街の中心部にある宿屋デッドウルフに入ります

タスク3:ランビクと話す
宿屋デッドウルフに鉄の車輪の主任捜査官ランビクがいるので彼に話を聞きます

タスク4:ランビクのメモを手に入れる
ランビクは自分の金庫の鍵を渡してくれるので宿屋の2Fに行きランビクの金庫を開けてメモを入手します

タスク5:ベルラー・チャタービークを見つける
ベルラーはリベンスパイアーにある無法者の隠れ家にいますのでそこへ向かい彼に話を聞きます。ここで選択肢があり、スキルの説得と威圧があればゴールドを祓わなくて済みます。スキルが無い場合は347ゴールド払いましょう

タスク6:アリクル砂漠でニコラスを見つける
ベルラーからニコラスの居場所を聞いたらアリクル砂漠へ向かいます。アリクル砂漠へ行ったことがなくてもリベンスパイアーにいるナビゲーターのアゾウファーに話しかけると直接連れて行ってくれます。センチネルに着いたら、街から出て北東(アクリル砂漠の中央最北端)にある浜辺に行くとニコラスの隠れ家へ渡るためのボートがあるので乗り込みます。ボートに乗ると離れ小島のヴォルニダイの邸宅の前に到着するのでそのまま邸宅の敷地内へ入ります

タスク7:ヴォルニダイと話す
邸宅の敷地内に入ったら、庭にヴォルニダイがいるのでニコラスのことを聞きます

タスク8:ヴォルニダイの邸宅に入る方法を見つける
ニコラスとは会わしてくれないので、邸宅の裏側に回り込み邸宅のキッチンへと続く扉から中へ入ります

タスク9:ニコラスと対決する
邸宅に侵入したら2Fにいるニコラスの元へ向かいます。ここで選択肢があります。ニコラスの妻ヴォルニダイに真実を告げるか、ニコラスを見逃すか、ニコラスを倒すかを選びます。真実を告げるを選ぶとヴォルニダイとの会話で選択肢が現れますがどれを選んでもニコラスの結婚生活は終わります。ニコラスを見逃すを選ぶとニコラスは盗賊を辞め、静かに妻と暮らすことを選びます。倒すを選ぶとニコラスは二度と出現しなくなります。どの選択肢を選んでもゼイラの心情にあまり変化はなく報酬も変わらないので好きな選択をしましょう

タスク10:ゼイラに報告する
ニコラスの処遇を決めたら、ゼイラに報告し報酬貰います。以上で「逃げた者」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
脱獄「逃げた者」を受注するためにクリアが必要なクエストです

関連資料

ランビクのメモ
ランビクのメモ

ストーリー

ゼイラからのメモ:「ニコラスに関して注意と判断を必要とする新しい情報を入手したわ。ヒューズメインで会いましょう。アバーズ・ランディングのプロムナードから少し外れたところよ-ゼイラ」

アバーズ・ランディングの酒場、ヒューズメインでゼイラと会おう

ゼイラ:「駆け出しのスリ師だった頃。こんな場所を夢見てた。出世さえすれば、いつの日かそこへ行けると思ってたわ。堂々と振る舞い、普通の人のように飲み物を注文する・・・アジトで飲む味と変わらないわね」

メモを見て来た。ニコラスに関する件で何かあったのか?

ゼイラ:「そう、強いお酒が必要な理由は彼。マグニフィカ・ファロラーによると、<鉄の車輪>の監獄船は嵐に遭って転覆しかけたんだって。たくさんの人が船の側面を超えて波にさらわれたって言ってた。ニコラスも一緒にね・・・「遺体は嵐の中に消えた」って言われてる」

信じてないのか?

ゼイラ:「マグニフィカ・ファロラーもその話を信じていない。これは彼の手配書よ。タネス中に貼ってあるの。本当は何が起こったのか突き止めてほしい。彼が彼が亡くなったんだとしたら、アジトでパーティーを開くわ。でも生きていたら、彼を追いかけて、それから・・・」

それから?何をしろっていう?

ゼイラ:「あなたがいいと思うことをして。どんな決断をしても私は支持するわ。誰かが<砂漠の隼>もニコラスを探してるって言ってた。それで気になったの。その<隼>が何を知っているのか確かめてほしい」

その「砂漠の隼」っていうのはどこに行けば見つかる

ゼイラ:「最後に聞いたところでは、<砂漠の隼>はリベンスパイアーにいたらしい・・・ショーンヘルムのとある酒場に。<砂漠の隼>が何を知っているか探って。もしニコラスに通じる道があれば、そこを進んで」

いくつか聞きたいことがある

ゼイラ:「答えられるものは答えるわ」

「砂漠の隼」とは誰のことだ?なぜニコラスに関心がある?

ゼイラ:「<砂漠の隼>を知らない人は珍しいわよ。ニコラスは長い間、敵を作ってきたからね。そうのうちの一人でしょ。でも、なぜ今、彼のことを探しているんだろう。なぜ結婚持参金の盗難の後でないの?それが誰にしろ、あなたと共に動いてくれることを願ってるわ」

もしニコラスを見つけたら。どうすればいい?

ゼイラ:「それには、どう答えていいか分からない。私達はとても長い間、友人だった。彼はギルドに、私にとって、とても重要な人間なの。そして私達を裏切った。私達の命を、<鉄の車輪>に放り投げた。嵐に巻き込まれたなんて、優しすぎる仕打ちよ

もしニコラスが生きていたら、彼を始末しろということか?

ゼイラ:「盗賊ギルドは人の命は奪わない・・・でもニコラスは多大な被害の原因よ。あなたにそれを頼むべきじゃない。それに、そんなことはできないしね。けど、もし彼を生きたまま見つけ、あなたが去る時に彼が生きていないなら・・・例外と見なすわ」

ゼイラはニコラスが鉄の車輪から逃げたと疑っている。彼女はニコラスについて聞き回っていた「砂漠の隼」という人物がいることを知った。ショーンヘルムのリベンスパイアーの街で砂漠の隼を見つけて接触するよう頼まれた

リベンスパイアーに着き砂漠の隼を探していると宿屋に鉄の車輪の主任調査官ランビクで出会った

ランビク:「お前は最も会うことがないと思っていた者だった。嘲笑いに来たのか?ニコラスの捜索が、結局失敗に終わるとでも伝えに来たか?それに、どうして私が砂漠の隼だと知った?」

主任捜査官ランビク?お前が砂漠の隼なのか?

ランビク:「私はもう何の主任捜査官でもない。お前達のギルドがノー・チラ要塞から脱走した後、<鉄の車輪>を辞める以外の選択肢はなかった。日記は良い試金石だった。裁判でニコラスの運命が決まったらいいと思っていた。だが嵐がそれをやってのけた・・・伝えられるところではな」

どうしてニコラスを探している?

ランビク:「どうしてそれが問題なんだ?ゼイラのための敵討ちか何かか?いや、言うな。知りたくない」

二人ともニコラスに裁きが下されることに興味があるみたいだな

ランビク:「いいだろう、またお前が勝つんだな。ほら、この鍵で俺の金庫が開けられる。中身は自由に使っていい」

その中身でニコラスがどこにいるか分かるのか?

ランビク:「いや、だが奴はアリクルにいるんじゃないかと思っている」

アリクルのどこだ?

ランビク:「ベルラー・チャタービークという名前で通っているひったくりがいる。ずる賢い奴で地元に詳しい。あいつなら、ニコラスがどこに向かっていたか知っているかもしれない。このことは全部俺の金庫に入っているメモに書いてある」

助けてくれてありがとう

ランビク:「お前を助けるつもりはない。関わるのはやめるつもりだ。奴に関する件は終わりだ。解決しても利益も名誉もないからな」

砂漠の隼は元鉄の車輪の主任捜査官ランビクだった。彼は協力的でニコラスが残した痕跡に関するメモが入ってる金庫の鍵をくれた。中身を見てみよう

ランビクのメモによるとニコラスが街で目撃されていたようだ。ベルラーという地元の住人が詳しい情報を持っているとランビクは思っていたが見つけ出せなかったようだ。リベンスパイアーの街でベルラーを探してみる

リベンスパイアーの無法者の隠れ家でベルラーを見つけた。彼に話を聞いてみる

ベルラー・チャタービーク:「会ったことがある気はしないが、会ったのかもしれん!昨日は大分酔っぱらっていた。改めて、お見知りおきを」

ニコラスと呼ばれるインペリアルの男を探している

ベルラー・チャタービーク:「あのラムズビーク・・・隼の翼の奴に協力してるのか?奴も同じ男を探していると聞いたぞ。それにそいつは衛兵だとも聞いた。奴に言われて来たのか?いいだろう、奴に俺の価格を教えてやれ。街の酒場全部で俺のツケを払うんだ」

そうとうなツケだな・・・分かった払おう

ベルラー・チャタービーク:「相当な酔っぱらいだからな。さあ、聞きたいことを聞け」

ニコラスを見たか?

ベルラー・チャタービーク:「まず、奴は「ニコラス」って名前じゃない。名前は思い出せないが・・・同じように忘れやすい名前だったな。だがハイエルフの連れは覚えているぞ。そいつは寡婦だ。「可愛いヴォル」って呼ばれてたかな?二人はそいつの家に帰るところだったぞ」

「ヴォル」はどこが家だと言っていたか分かるか?

ベルラー・チャタービーク:「センチネルの近くの素敵な邸宅だ。アクリルかな?思い出せるのはそれで全部だ。あと、二人は帰ったらすぐ結婚することになってたな」

結婚?

ベルラー・チャタービーク:「ああ、女は男に惚れてるな。それは見てて分かる。男はある種の・・・画家かな?キャンバスに描くやつだ、酒場の張り紙じゃなくてな。そいつが女の人生にある種の幸せをもたらしたんだろう。美人だったかもしれないが、連中のテーブルで潰れたんでな、それ以上は分からん」

ベルラーから聞いた情報によるとニコラスが「ヴォル」と呼ぶハイエルフと一緒に彼女が持つセンチネルの邸宅に帰り、結婚する予定だと分かった。アリクル砂漠のセンチネル近郊にある彼女の邸宅に向かおう

「ヴォル」と呼ばれているハイエルフの女性の邸宅を突き止めた。邸宅には「ヴォル」と思われる女性が一人でいた。話を聞いてみる

ヴォルニダイ:「私の庭に来客が来ることはそうないわ。招かれざる客は特にね」

あなたの旦那と話す必要がある

ヴォルニダイ:「ヴォントゥスと?一体何のために?それにあなたは、一体誰なの?」

「ヴォントゥス」との間にまだ片付いていない仕事がある

ヴォルニダイ:「彼はひらめきを得るために苦労しているの。お金のことで手間を掛けたら、集中を邪魔してしまうわ。立ち去るようお願いしなければね。あなたが立ち寄ったことはヴァントゥスに知らせておくから」

ニコラスは今「ヴォントゥス」と名乗っているようだ。ヴァルニダイに彼と話せるか聞いてみたが帰るように言われた。彼女の邸宅に入る方法を探し「ヴォントゥス」に会わなければ

邸宅の裏にある出入り口から家の中に侵入することに成功した。ここに「ヴォントゥス」と名を変えたニコラスがいるはずだ。彼の運命についてはギルドマスター・ゼイラに判断を任されている

ニコラス:「お前に会えるとは思っていなかったよ・・・ここでの時間は長くないとは知っていた。もっと長ければとは願っていたが・・・ゼイラは・・・彼女は、私が本当に嵐で命を落としたのか確かめたいんだな?ふむ、どうやら彼女に教えすぎたな」

まだ終わっていない仕事がある

ニコラス:「どんな仕事だ?お前がニコラスだと信じた男は、あの嵐で命を落とした。私は変わった。結婚し、この家で静かに暮らし、妻が愛でるものを絵に描く。私は・・・私を捨てたんだ」

何をするか決める前に、質問がいくつかある

ニコラス:「ああ、聞いてくれ。お前の知りたいことはすべて話す。もう秘密は必要ない。今となっては。もはや些細なことだ」

どんな計画を持っていた?

ニコラス:「より多くを望んでいた。アバーズ・ランディングだけでは飽き足らなかった。タネスに潜り込む機会を得られれば・・・両方の街を手に入れれば、ヒューズベインの経済全てを支配できる」

それならどうして盗賊ギルドを裏切る必要があったんだ?

ニコラス:「裏切ったわけじゃない!マルークの道で、ヴァルサは私と合流すべきだった。私が<命を落とした>後、彼女は他の者を率いてアバーズ・ランディングに戻ることもできた。ゼイラは<鉄の車輪>が来る前に、ギルドを逃がすことができた。だが、ヴェルサは引退した。全てが変わってしまった」

ヴェルサのせいだと言いたいのか?

ニコラス:「もちろん違う。だが全て計画通りならば、ゼイラは私のギルドをタネスに浸透させていただろう。<鉄の車輪>が彼らを追っている隙に、タネスにギルドを立ち上げることができた。さらに、私がアバーズ・ランディングでマグニフィカ・ファロラーを操っていた時、タネスでゼイラは私のものになるはずだった」

だが、それは本当に起こった事じゃない。どうするか決めた

ニコラス:「いいだろう。私もヴォルも、あの時ギルドに私が何をもたらしたかを理解している。お前がそうしようと望むなら、命乞いはしない。それをゼイラも望むなら」

ゼイラはアバーズ・ランディングから離れていてほしいと思っている

ニコラス:「本当に?お前が私の名を聞くことは二度とないだろう。愛しい妻にかけて誓おう。私の家、私の妻・・・私の望みはそれだけだ・・・ありがとう。無駄にはしない」

ニコラスを見逃すことにした。このことをゼイラに報告しに行こう

ゼイラ:「さて?ニコラスは嵐を乗り切ったの?」

彼は生き延びていた

ゼイラ:「何があったの?彼は・・・」

彼はまだ生きている。引退したんだ。もう彼は誰にも危害を与えない

ゼイラ:「ふーん。地に足を付けたってわけか。裏切りと死にも関わらず、そこを去ったのね・・・人ってわからないものね。その人の真実の姿が、一体どんなものなのか」

ニコラスの処遇は問題なかったか?

ゼイラ:「あなたは盗賊ギルドの再建を助けた。向かい以上のものにした。もちろんあなたの判断を信じるわ。これで古い問題が片付いた。行くわよ、ギルドの仕事がある」

以上で「逃げた者」のストーリーは終了で、盗賊クエストに関する物語も完結となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました