【ESO】クエスト「失われた人」攻略

「ヴェルサからのメモを見つけた。彼女の旧友のナラ^ニが協力を必要としているようだ」

しおれた花」からストーリが続いている盗賊ギルドのメンバーの一人であるヴェルサに関するクエストです。クエストを受注するには盗賊ギルドのメインストーリである「完璧な計画」と「永遠の沈黙」をクリアする必要があります

クエスト名受注場所/人物報酬
「失われた人」場所:ヒューズベイン地方のアンバー・ランディングの街、盗賊の隠れ家
クエスト「失われた人」の受注場所
ヴェルサのメモから受注
未確認のバーハラの呪いの足用防具

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:ナラーニと話す
盗賊の隠れ家にいるナラーニと話します

タスク2:ファラダンの手紙を調べる
ナラーニがいる場所の向かいにある部屋のベッドの上にあるファラダンの手紙を読みます

タスク3:ウェイレストへ行く
ストームヘヴン地方のウェイレストの街へ向かいます

タスク4:タシュミンの友達を見つける
ウェイレストの街についたら、街の中央付近にある商業地区でエレンデットを見つけて話しかけます

タスク5:エレンデットの台帳ページを手に入れる
ウェイレストの北門付近の荷車の近くにある鍵のかかった宝箱を解錠し台帳ページを入手します

タスク6:エレンデットに台帳ページを渡す
台帳を入手したら、エレンデットへ渡しに行きましょう

タスク7:港の近くでタシュミンを探す
ウェイレストの街の南にある港で柱に縛られているタシュミンと話します

タスク8:賞金稼ぎにスリを働く
賞金稼ぎはすぐ近くにいるのでバレないようにスリを働いて逮捕令状を入手します

タスク9:タシュミンを解放する
逮捕令状を入手したら、タシュミンに話しかけて彼を解放します

タスク10:街でタシュミンと会う
タシュミンは南門へ向かうので、そこへ行き彼と話しをします

タスク11:盗賊の隠れ家に戻り、タシュミンと話す
ヒューズベイン地方のアバーズ・ランディングの街にある盗賊の隠れ家でタシュミンと話します

タスク12:タシュミンとナラーニを再会させる
タシュミンを盗賊の隠れ家にいるナラーニの所へ連れていきます

タスク13:ヴェルサと話す
タシュミンとナラーニを再会させたら、ヴェルサと話をします。以上でクエスト「失われた人」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
しおれた花「失われた人」を受注するためにクリアが必要なクエスト
完璧な計画「失われた人」を受注するためにクリアが必要なクエスト
永遠の沈黙「失われた人」を受注するためにクリアが必要なクエスト

関連資料

ファラダンの手紙
ファラダンの手紙
71ページ:エレンデットの貸借報告書
71ページ:エレンデットの貸借報告書
逮捕状
逮捕状

ストーリー

ヴェルサからのメッセージ:「ナラーニと私は元気よ。彼女が話をしたいらしいの。アジトの私達の部屋へ来て。嗅ぎ回る鉄の車輪が多過ぎて、路地の家を立ち退かなくてはいけなかったの-v」

ナラーニに会いに行こう

ナラーニ「ああ、あなたは退屈な日に飲むポット一杯の糖蜜茶のよう!来てくれてありがとう!宿屋に戻ったファラダンがこの知らせを送ってきて、私の心を悲しみで満たしたわ。もし時間があるなら、あなたはこの年寄りを再び助けられるかもしれない」

悩みを打ち明けてくれ、ナラーニ

ナラーニ「この者は、過去を整理しようとしていたの。ヴェルサと連絡を取るだけでなくね。星に感謝を。彼女はまだ私を愛してくれていた!とにかく、ファラダンに疎遠となった息子の安否を問い合わせたの。ヴェルサのように、タシュミンもまた腹を立て、私の元を去っていった。今は彼が心配なのよ!」

タシュミンは何か問題に巻き込まれているのか?

ナラーニ「ファラダンが、ウェイレストでタシュミンを見つけたらしいの。そこはストームヘヴンから遠く離れた街よ。彼は、息子が犯罪を犯したという証拠が何もないのに、賞金稼ぎがタシュミンを捕らえたと教えてくれた。賞金稼ぎが、ドーレスの家の元で働いているんじゃないかと恐ろしいの!」

受け取った手紙を見せてもらえるか?

ナラーニ「ああ!この者は一体何を考えていたの?他の部屋に手紙を置いてきてしまった!息子は悪い手に落ちてしまった。スゥーマの中で悲痛に溺れているのよ。でも、ドーレス家に奴隷として連れ戻されるなんて、そこまで悪いことはしていない。お願い、できるなら彼を助けて」

分かった、やってみよう

ヴェルサ:「ナラーニ、すぐ話してくれれば・・・もちろん、息子を見つけてあげる!」

ナラーニ「嫌よ!一人であなたとタシュミンのことを心配するなんて。お願い、ここに一緒にいて」

ヴェルサ:「もちろん!。ここにいる仲間はタシュミンを見つけることができる。全てうまくいくわ」

ナラーニがファラダンから受け取った手紙を調べてタシュミンが置かれている状況を確認する

ファラダンの手紙によると、ウェイレストの賞金稼ぎがナラーニの息子のタシュミンを捕らえたという。ブレトンの若い女性が、彼が捕まる直前に一緒にいたところを目撃されている。ストームヘヴンを旅してタシュといたブレトンの女性を探し彼の痕跡を追う

エレンデット:「あのメナントに頼まれてきたの?金はまだないわ。今準備しているところよ」

タシュミンというカジートを探している

エレンデット:「そう?はあ、タシュはここにはいないわ。お節介は・・・いや、待って。どうしてあなたはタシュを探しているの?衛兵のようには見えないし・・・彼は誰も傷つけたことはないわよ」

助けに来た。彼が問題に巻き込まれていると聞いた

エレンデット:「助け?ふーん。私も少しばかり助けが必要なの。助けてくれたら、彼らがタシュをどこに連れて行ったか教えるわ。北門にルーペル・メナントの荷車がある。彼から少しお金を借りたんだけど、返済能力を不安に思っているみたいなのよ」

借金を代わりに返済してほしいのか?

エレンデット:「それじゃダメ。彼がスクゥーマを扱っていると認めさせないといけないんだけど、抜け目なくてね。私の負債が記されたページを台帳から破り、持ち帰ってきて。彼は台帳を、荷車近くの鍵のかかった宝箱に入れている。そうしてくれたら、タシュに何があったのか教えるわ」

エレンデットはタシュに何があったのか知っているようだ。彼女の頼みを聞けばタシュについて教えてもらえる

彼女が欲しがっていたスクゥーマ売人への借金の詳細が記された台帳ページを入手した。彼女に届けよう

エレンデット:「本当に戻ってきたのね。つまり、私の頼みを聞いてくれたってこと?」

台帳のページだ。さあ、タシュミンに何があったのか教えてくれ

エレンデット:「手に入れたの?これでスクゥーマ商人にはもう何の貸しもない。新たなスタートが切れる!二人のダークエルフがタシュを捕まえに来た時、私は一緒にいたの。彼らは賞金稼ぎだと言っていたけど、こういう場面は以前にも見たことがある。彼らは私達のような不幸な者を捕まえ、奴隷にするのよ」

彼らはタシュミンをどこへ連れて行ったんだ?

エレンデット:「波止場近くよ。縛り上げられて、順番に船へ積み込まれるのを待っているの。賞金稼ぎって呼ばれる奴らは、未だにここらをうろつきながら、貨物船をいっぱいにするため他のカジートを探しているの。多分衛兵たちは、金をもらって他の場所を見回るように言われてるんでしょうね」

エレンデットによるとタシュミンを捕らえた二人のダークエルフは彼を港で捕らえているらしい。港へ行ってタシュミンを探そう

タシュミン:「この者は惨めだ」

タシュミンか?助けに来た

タシュミン:「どうしてそんなことをするんだ?この者は、お前のことを知りもしない。そのうえ、あの賞金稼ぎはタシュミンの名前の載った逮捕令状も持っているんだ。彼がそれを持っている限り、この者は永遠に自由ではない」

逮捕令状を手に入れて、お前を逃がす

タシュミン:「この者はもうすぐ連れていかれる。これは避けれないことだ。だが、もしお前が本当に令状を手に入れようと計画しているなら、彼から盗まなければいけない。彼は仲間が他のカジートを捕まえている間、この者のスクゥーマを飲んでいるんだ。だから、急いだほうがいい」

ダークエルフの賞金稼ぎがタシュミンの名前が記された逮捕令状を持っている。奴の相棒が戻る前に逮捕状を奪いタシュミンを解放しなくてはならない

逮捕令状を手に入れ、タシュミンを解放した

タシュミン:「南門で落ち合おう!そこで話す」

タシュミンは逃げた。港を去る前に話していた場所で彼と落ち合おう

タシュミン:「タシュミンは感謝しているが、ずっと気になっている。どうして助けてくれるのか。何か欲しいんだろ?すぐに説明して欲しい。この街はもはや安全だとは思えない」

ナラーニが、お前が問題に巻き込まれたと聞き、お前を助けるために自分を送り込んだ

タシュミン:「母がお前を?この者はナラーニと長い、長い間会っていないんだ。彼女がどうやって、この者の場所を知ることができたんだ?どうして、そうしようなどと思った?とても長い間、この者は怒りに満ちていたんだ。だが今はどうだ?ただ悲しいだけだ」

ナラーニはお前に会いたがっている。お前を探し出すために、至る所を探した

タシュミン:「この者は、彼女がこの者を見つけなければよかったのにと思うんだ。愛する息子が惨めに落ちぶれた姿なんて、彼女は見るべきじゃない。だが、タシュミンはここに留まれない。もしかしたら、過去を過去として、何かより良い人生を始める時なのかも知れない」

なぜお前と、ナラーニは疎遠になったんだ?

タシュミン:「この者が若く、愚かだったからさ。怒りに満ちていたし、月がこの者だけを照らしていると確信していたんだ。すぐに記憶はスクゥーマに浸かって、忘れることも簡単だったよ」

アバーズ・ランディングに来るといい。互いに落ち合える隠れ家がある

タシュミン:「この者は、アバーズ・ランディングのことを聞いたことがある。そんな場所を見てみたいと、いつも思っていたんだ。お前の厚意を受けるとしようかな。だが、その前にこの者は一杯飲まなければ」

タシュミンは自由の身となった。彼にアバーズ・ランディングの盗賊の隠れ家へ行くように勧めた。アジトで彼と落ち合おう

アジトに戻るとすでにタシュミンはきていた。彼と話し、ナラーニと再会してもらおう

タシュミン:「そこ言葉が、この者はとうに失ったと思っていた記憶を蘇らせた。そしてアバーズ・ランディングにすぐに来ることにしたのだ」

ナラーニは、お前に会えることを喜ぶだろう

タシュミン:「今か?そんなすぐに?この者が一杯飲んでからじゃダメなのか?もしくは三杯?・・・だめだ、だめだ。こういう状況では、ほろ酔いの状態より正気で行くべきなんだ。ただ母親に、自分の息子の今の姿に失望して欲しくないんだ」

タシュミンはナラーニと再会する準備ができた。彼を連れて彼女に会いに行く

タシュミン:「あれは・・・母か?こんなに長く家を空けるべきではなかった」

ナラーニ「ああ、本当に幸せよ!最初はヴェルサ、今はタシュミン」

ヴェルサ:「ようこそ、タシュミン。あなたのお母さんはあなたを恋しがっていたわ」

ナラーニ「取り戻すものがたくさんあるわね。さあ、話しましょう

タシュミンとナラーニを再会させた。彼女達が再会を喜んでいる間、ヴェルサと話そう

ヴェルサ:「何?私の目の中に何かが入ったかな。カビの胞子か何か。涙がでる。この忌々しい貯水池!一体誰が貯水池に住むの?私の庭に戻るのが待ちきれないわ」

ナラーニとタシュミンは再会できて嬉しそうだな

ヴェルサ:「本当にそのように見える。タシュミンと私との関係で、ナラーニは辛い人生を送ったの。私はただ、彼女に幸せでいてもらいたいのよ」

今、彼女は、ヴェルサとタシュミンを彼女の人生に取り戻した

ヴェルサ:「私は、ナラーニが逃した全てのことを取り戻してあげようと思っている。いつまでも一緒にいたいと思う。過去は変えられないけど、彼女の未来をより良いものにするために、努力をするわ」

ナラーニやタシュミンと一緒にいて平気なのか?

ヴェルサ:「馬鹿げた質問ね!タシュミンは・・・この家族の一員よ。私の実家の連中より良い家族なの。本当よ」

以上でクエスト「失われた人」のストーリーは終了で、ヴェルサに関する話も完結となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました