【ESO】クエスト「無言の教訓」攻略

「最近クヴァッチでアカトシュの大説教師が演説を行っており、司祭達は闇の一党のことを、恐れる必要のない軟弱な僭称者と評している。この侮辱に対し、統括せし者アスタラは大説教師を永久に葬り去ることを望んでいる」

任務:クヴァッチ」からストーリーが続いているクエストです

闇の一党のクエストをプレイするにはESOPlusの会員かDLC闇の一党が必要となります

クエスト名受注場所/人物報酬
「無言の教訓」場所:闇の一党の聖域(闇の一党のスキルラインLv2以上)
クエスト「無言の教訓」の受注場所
アスタラからのメモから受注
未確認のシシスの接触の足防具

1スキルポイント

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:クヴァッチへ行く
ゴールドコースト地方の北西にあるクヴァッチの街へ向かいます

タスク2:タネクと話す
タネクはクヴァッチの街の入口からすぐ東にある植木の近くにいるので話しかけます

タスク3:アカトシュの説教師を倒す
クヴァッチの街中にいる説教師を3人倒します。説教師は後を付けていると人気のないところに移動するのでそこで悲痛の短剣を使い倒すと誰にも気づかれずに済みます

タスク4:大説教師の屋敷に入る
大説教師の屋敷はクヴァッチの街から出て南西の方角にあります。そこへ向かう前にクヴァッチの街で追加で2人の説教師を倒しておくとアスタラが喜びます

タスク5:大説教師を見張る
屋敷に入るとタネクを合流するので彼の後をついて行くと大説教師を発見するので少し様子を伺います

タスク6:審問場に入る
大説教師が1人で審問場に入っていくので後を追いかけます

タスク7:タネクが調べ終わるまで待つ
審問場に入ると捕えられ命を落とした闇の一党のメンバーを調べだすので少し待ちます

タスク8:タネクを守る
大説教師フィチアとお供が襲ってくるので撃退します。強くはなくHPが残り少なくなるとフィチアは逃走します

タスク9:タネクを調べる
フィチアを撃退するとコーが駆けつけてくるので彼とタネスとのやり取りを見ます

タスク10:大説教師の脱出経路を探る
タネクはコーが見てくれるので大説教師が逃げた扉の先に進みます。部屋に入ると地下への入り口があるので入ります

タスク11:大説教師を追跡する
地下トンネルは一本道ですが敵がいるので倒しながら奥へ向かいます

タスク12:大説教師を倒す
トンネルを進み奥の広場に着くと大説教師と時の騎士団が待ち構えているので倒します。最初に戦った時より強くなっているので注意しましょう

タスク13:聖域に戻りアスタラに報告する
大説教師を倒したら、闇の一党の聖域へ戻り、アスタラに何が起こったのかを報告します

タスク14:タネクと話す
アスタラに今回の任務について報告を済ませたらタネクのところへ行き、彼と話をします。以上で「無言の教訓」はクリアです

関連クエスト

関連クエスト概要
任務:クヴァッチ「無言の教訓」を受注するためにクリアが必要なクエストです
揺れぐ信仰心「無言の教訓」からストーリーが続いているクエストです
闇の一党のデイリークエスト「無言の教訓」をクリアすると闇の一党の聖域で聖餐に関するデイリークエストを受注できるようになります
血の連祷「無言の教訓」をクリアすると受注できるようになるクエストです

関連資料

大説教師の日記
大説教師の日記

ストーリー

ヒルデガルド:「大説教師がまた始めました」

コー:「口の減らない狂信者め。あいつらに沈黙のありがたみってやつを思い知らせてやる」

アスタラ・カエレリウス:「もういい!悪意に満ちた説教への対応は、私が決める。あなたに仕事を与えましょう。信心深いクヴァッチの馬鹿どもが、性懲りもなく闇の一党を挑発した。こんな侮辱を無視していいはずがないわ!」

クヴァッチで何が起こっている?

アスタラ・カエレリウス:「どうやら大説教師は怒りを向ける悪が足りなくなったようね。今、彼女は闇の一党を批判する演説を行っている。我々は弱くて無能ですって。恐れではなく、冷笑を引き起こす牙のない竜だそうよ。嘘つきは黙らせなければならないわ。永遠にね」

クヴァッチへ行こう

アスタラ・カエレリウス:「気を付けなさい。時の騎士団がクヴァッチで勢力を拡大している。修道戦士には近づかないようにするのよ。タネクと合流して、我々を非難する司祭達を黙らせるの。大説教師も含めてね。そうすれば、シシスの恐ろしさが分かるでしょう」

クヴァッチにタネクがいるのか?

アスタラ・カエレリウス:「タネクはクヴァッチであなたと合流するつもりよ。あなたたち二人で大説教師を始末して、あの街の為政者どもに、闇の一党の真の力を見せつけてもらいたいの」

クヴァッチに二人のアサシンを送る必要があるのか?

アスタラ・カエレリウス:「少し前に二人のアサシンが犠牲になった・・・慎重になるのが正しいでしょうね。けど間違えないで、大説教師を始末するのはあなたに期待している。タネクは行って援助をしてくれるけど、それだけよ」

アサシンが任務中に命を落とすことはよくあるのか?

アスタラ・カエレリウス:「普通ならほとんどないわ。でも、私たちに対する最近の攻撃は、状況を普通からほど遠くしている。大説教師に集中して。それがあなたへの主な任務よ」

この任務について詳しく知りたい

アスタラ・カエレリウス:「大説教師とその部下は闇の一党についての嘘を広めているのだけど、その理由はまだ把握していない。我々を侮辱しようとしても、誤って導かれた信仰の教義に従って行動していても、私たちの答えは明白だわ。面の皮の厚い司祭たちを始末するべきよ」

その大説教師とは何者だ?

アスタラ・カエレリウス:「彼女はクヴァッチの大聖堂にいる最高位の司祭の一人で、アルトリウス大司教のすぐ下の階級よ。彼女は簡単に見つからないでしょう。彼女の手下を倒せば本人が出てくるかも知れない。もしくは、タネクが彼女の隠れている穴ぐらを突き止めることを当てにしなさい」

アルトリウス大司教とは何者だ?

アスタラ・カエレリウス:「アルトリウス大司教はクヴァッチにあるアカトシュ大聖堂の指導者よ。詠唱師や説教師達は竜神に選ばれし者としての権威に黙って従っていて、時の騎士団でさえ彼の命令に従っている。敬虔かつ誠実。あの男は耐え難いわ」

闇の一党の評判はどうなっている?

アスタラ・カエレリウス:「一般市民に恐れられ、政治的指導者には容認されている。いなくなってほしい誰かがいて支払いができる者は、皆躊躇なく我々を雇うわ。私たちの評判は勢いを保っている。でも、説教師による攻撃があった。何かを企んでいるのは明白ね」

何を計画していると思う?

アスタラ・カエレリウス:「何だってあり得るわ。アルトリウス大司教と司祭たちが、闇の一党を嫌っているのはほぼ確実よ。大聖堂は黒き聖餐を禁止するつもりなの?そんな行動を取れるの?だとしても、あの説教は我々にとって良くないわ」

コー:「新入りよ、俺はクヴァッチで任務がある。終わり次第、お前とタネクに合流する」

ヒルデガルド:「同一の任務に三人を送る?それは賢明ですか?」

アスタラ・カエレリウス:「とにかく、大説教師を始末しなさい、それが最大の関心事になる」

アスタラの命令により、クヴァッチでタネクと会うことになった。合流したら、大説教師と信者達に闇の一党の真なる力を証明する方法を決める

タネク:「いつになったらお前がここに着くのかと思っていたところだ。アスタラは任務の緊急性を伝えなかったのか?彼女も年を取ったせいで、考えが甘くなっているようだな」

何も問題はないだろう?

タネク:「ああ、そう思うね。人生なんて、いたずらと失敗が複雑に絡み合ったようなもんだ。それに、これはお前の任務だ。私がここにいるのはただ監視して、収拾がつかなくなったら手助けをするためさ」

つまり、ぼんやり見ているだけか?

タネク:「いや、それは退屈だ。私が本当の挑戦をしている間に、お前は説教師の司祭たちを始末し始めろ。私は大説教師の隠れ場所を突き止めよう。その後にお前を探し出すから一緒に大説教師を始末しようじゃないか。ははっ、そうすればクヴァッチの民に、闇の一党の恐ろしさを植え付けられるだろう!」

気づかれたらどうなる?

タネク:「隠密に行動するか、邪魔する者は全員始末するんだ。うまく行く方法ならどちらでもいい。結局最後は皆がシシスの元へ行くんだ。何を心配することがある?さあ、そこから出て、大説教師と嘘つき司祭たちとの決着をつけよう」

その計画でやるしかないようだな

タネク:「短剣を説教師の血で染める時だ。気を付けろ、新たなる剣」

衛兵と目撃者を避けながら、クヴァッチの路上でアカトシュの説教師達を倒す。司祭達を襲い大説教師おびき出すことができれば、タネクが彼女の隠れ家を特定してくれる

街で説教師達を倒しているとタネクが現れた

タネク:「獲物はクヴァッチ郊外にある一族の土地に隠れている。そこで落ち合おう。統括せし者に気に入られたかったら、途中で説教師どもをもっと消しておくんだな」

タネクは大説教師がクヴァッチの壁の外にある、大説教師の一族の屋敷に身を潜めていることを突き止めた。彼女の屋敷へ行き、中に入る方法を見つける

大司教が隠れている屋敷に入った。辺りを探索して屋敷の中の状況を調べる

タネク:「時の騎士団がいないだと?ふむ、新たなる剣、ついてこい」

屋敷の中でタネクと合流した。彼について行こう

タネク:「おい!静かにこっちへ来い。獲物が下で騒いでいる」

ブラックドラゴン:「大説教師、聖域の場所は聞き出せましたか?」

大説教師フィチア:「残念なことに、このアサシンは情報を吐く前に力尽きてしまった」

ブラックドラゴン:「また捕えます。闇の一党の隠れ家を聞き出すまで痛めすぎないようお願いします」

大説教師フィチア:「アカトシュよ、祈りを聞き届けたまえ!遺体を整えさせてもらいましょう・・・このように」

タネク:「黒い鎧を着た戦士は誰だ?傭兵か?大説教師が動く・・・好機だ。ついて来い!」

大説教師は審問場に一人で入って行った。任務を完了させる絶好の機会だ。今なら闇の一党を批判している彼女を葬り去ることができる

大説教師は姿を消した。だが彼女は拷問したアサシンをそのまま残して行った。タネクが犠牲になったアサシンを調べるようだ

タネク:「シンバーか?!・・・あの女はシンバーを拷問したが奴の口は堅かった!家族への侮辱は許さない!・・・何だ?どんな邪悪な魔法だ?新たなる剣よ・・・気をつけろ・・・力が・・・入らない・・・ああ、動け・・・ない・・・」

大説教師フィチア:「アサシンが二人?私がそんなに怖いの?相応にもてなして、闇の一党の聖域の場所を吐かせてやるわ」

呪文によりタネクが麻痺し、大説教師が現れた!これは罠だ!呪文の効果が切れるまでタネクを守る

大説教師フィチア:「なぜ、ブラックドラゴンはお前のようなものを気に入っているのかしら?・・・これは・・・予想外ね。でも、ここでやられるわけにはいかない」

倒しきる前に大説教師は姿を消した。だがタネクはまだ呪文の影響を受けている。大説教師を追跡する前にタネクが無事か確認する

タネク:「さて、先に来のはシシスか、長身のパパか」

コー:「おいタネク!横たわって力尽きるつもりか?」

タネク:「奴らは我々が来ることを知っていたんだ。だから、シンバーに魔法を」

コー:「立つんだ、タネク!シシスの使命が残っている!おい、新入り、大説教師は任せたぞ。俺はタネクを連れ帰る」

クヴァッチで別の任務についていたコーが現れた。コーがタネクを聖域まで連れ帰ってくれるようだ。そして自分の任務を終わらせるため、大説教師を追跡するように指示された。逃げ切られる前に逃走経路を辿って彼女を追跡する

屋敷の地下にある大説教師の避難用トンネルを見つけた。彼女を追跡して、逃げ切られる前に捕獲する

大説教師フィチア:「私を守りなさい、時の騎士団たちよ!アサシンにアカトシュの真の力を見せてやりなさい!アカトシュを信じよ!竜神の導くままに撃て!」

大説教師と時の騎士団の幹部に追いついた。この戦いに勝利し、闇の一党の力を証明する

大説教師フィチア:「お前を罰するには言葉より鋭いものが要るようね。アカトシュよ我が魂を捧げます。アカトシュのしもべを襲ったら、ブラックドラゴンの報いをうけるわよ!」

大司教と時の騎士団に打ち勝った。任務を果たす時だ

大説教師フィチア:「始末したいのならやりなさい。それでも闇の一党は助からない」

大説教師を始末した。闇の一党の聖域に戻り、アスタラに大説教師の館でシンバーに何が起こったかと、黒い鎧の戦士のことを彼女に報告する

アスタラ・カエレリウス:「コーがタネクを連れ帰ったのよ。怪我はしているけど、生きているわ。彼はあなたが大説教師を追ったと言っていた。それで、やるばきことはやったの?」

大説教師と司祭たちを始末した。シンバーを見つけたが、拷問されて命を落としていた

アスタラ・カエレリウス:「シンバーは最も有能な者だった。あんな風に捕らえられるなんて・・・大説教師や時の騎士団に、そんなことが出来るとは思わなかった。どうしてそんなことが起こったの?」

シンバーは黒い鎧の戦士に捕まった。そいつは我々の聖域の場所を知りたがっていた

アスタラ・カエレリウス:「黒い鎧ですって?そういった戦士の噂は聞いたことがある。でも聖域の場所を探しているだなんて!どうやら、道の敵と戦争になったようね。これについては考慮が必要だわ。そう言えば、タネクがあなたに会いたがっていたわ」

タネクは大説教師の罠が原因で重傷を負ったが、コーの助けもあり聖域に帰還できた。彼が会いたがっているとアスタラから聞いた。彼の様子を見にいこう

タネクのところへ行くとコーとヒルデガルドがタネクと話をしていた。彼らの用事が終わるまで待とう

コー:「心配するな、タネク。ハチミツ酒の樽を開ければ、あっという間に元気になる」

タネク:「お前のハチミツ酒はハチのゲロみたいだ。遠慮しとくよ」

ヒルデガルド:「ああ、タネク!こんなことになるなんて」

タネク:「統括せし者より心配してくれるんだな、ヒルデガルド。心配はいらんよ。・・・ああ、新たなる剣が来たか。二人きりにしてくれ」

コー:「いいとも、タネク。だが任務は数日以内に果たしてもらうぞ。分かったな」

タネク:「期待に沿えるよう、努力しよう」

ヒルデガルド:「休んで、タネク。早く治るように祈ってくるわ」

タネクがコーとヒルデガルドを部屋から出した。個人的な話があるようだ。彼の話を聞こう

タネク:「コーとヒルデガルドは善良だが、雌鶏の群れ以上にやかましいのでな。生きていたんだな。ということは、大説教師はもういないのか?」

大説教師は始末した。そちらの調子は?

タネク:「大説教師がどんな魔法をシンバーの体にかけたのか分からないが、お前とコーがいなければ私は助からなかっただろう。お前たちには借りができたな」

少なくとも、奴らに聖域の場所を知られずに済んだ

タネク:「皆がシンバーの勇敢さを忘れないようにしておくよ。大説教師に何をされようとも、彼は我々の秘密を守り抜いた。そう考えると、彼を倒したその戦士とは一体・・・」

黒い鎧の戦士のことか?

タネク:「シンバーは戦いなら私よりかなり上だ。その戦士は、シンバーを凌いだ。彼女にまた出くわしたら、その腕と能力を侮るな。彼女は狩人狩りをしている。私はそんなゲームをやるつもりは毛頭ない」

何か今必要なものはあるか?

タネク:「自己記録を更新する絶好の機会だ。それで、説教師を何人始末した?真面目に言うが、警戒を怠るな。我々が抱える問題は、地底の奥深くに根を張っている。事態の悪化は避けられないだろう。それを忘れるな」

以上で「無言の教訓」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました