【ESO】クエスト「イカサマ」攻略

「静かに歩む者が古い友人が関係する個人的かつ繊細な状況で助けを必要としている」

このクエストは盗賊ギルドのメンバーの一人である静かに歩む者に関するクエストです。クエストを受注するには盗賊ギルドのメインストーリである「長いゲーム」をクリアする必要があります

クエスト名受注場所/人物報酬
「イカサマ」場所:ヒューズベイン地方のアンバー・ランディングの街、盗賊の隠れ家
クエスト「イカサマ」の受注場所
静かに歩む者からのメモから受注
未確認のバーハラの呪いの頭用防具

332ゴールド

スポンサーリンク

攻略

タスク1:上層地区で静かに歩む者と話す
アバーズ・ランディングの北にあるヴェルモンド邸の近くにいる静かに歩む者と話をします

タスク2:ヴェルモント邸に入る
静かに歩む者と話をしたら、近くにあるヴェルモント邸の扉を開錠して中に入ります

タスク3:静かに歩む者のハッチリングの殻のブレスレットを見つける
ヴェルモント邸に入ったら、すぐ右にある扉から中庭に出ます。中庭の奥にある花壇に目的の思い出の品があるので回収します

タスク4:静かに歩む者のヴェルモントへの献身の指輪を見つける
中庭で静かに歩む者のハッチリングの殻のブレスレットを回収したら、中庭の南からキッチンへ入ります。キッチンへ入ったらすぐそばにある階段から2Fへ行くと踊り場に宝石箱があり、その中に思い出の品が入っています

タスク4:住居部分で静かに歩む者と会う
2つの思い出の品を回収したら、キッチンから中庭に出て、北の向かい側の通路へ沿いにあるヴェルモント邸の部屋に入ります。部屋に入ったら、2Fへ向かい静かに歩む者と合流します

タスク5:アミュレットを回収する
静かに歩む者からアミュレットを取ってほしいと頼まれるので近くにある宝石箱からアミュレットを回収します

タスク6:バルコニーへ行く
アミュレット回収したらヴェルモント邸の部屋から中庭へ戻ります。出てきた扉からすぐ北がバルコニーなのでそこへ向かいます

タスク7:アナイス・ヴェルモントと対決する
バルコニーへ出てきたアナイスと話をします

タスク8:邸宅から逃げる
アナイスとの会話が終わったら、邸宅を脱出します

タスク9:盗賊の隠れ家で静かに歩む者と話す
ヴェルモント邸を脱出したら、盗賊の隠れ家に戻り、静かに歩む者と話をします。以上でクエスト「イカサマ」はクリアとなります

関連クエスト

関連クエスト概要
長いゲーム「イカサマ」を受注するためにクリアが必要なクエストです
「金で買えない者はいない」「イカサマ」からストーリーが続いているクエストで「イカサマ」と「完璧な計画」をクリアると受注できるようになります

ストーリー

静かに歩む者からのメモ:「慎重な対処を必要とする個人的な問題が発生した。古い友人と、忘れるべき過去の事件が関係している。この状況の繊細な性質から、信頼できる仲間にしか協力を求められない。つまり、強力してくれれば大変ありがたい。ヴェルモント邸の近くで会ってくれ、この件の詳細について相談しよう-静かに歩む者」

このメモに書かれている状況についてもっと知るため、アバーズ・ランディングのヴェルモンド邸の近くで静かに歩む者と会う

静かに歩む者:「この個人的な問題に対して助けてくれるか?これは旧友アナイス・ヴェルモントの邸宅だ。前にいた時と変わらず、大きく豪勢だ」

ここで育ったのか?

静かに歩む者:「俺はとても幼かった頃にここに連れてこられたんだ。最初の記憶はアナイスとヴェルモント邸の記憶だ。アナイスと俺は一緒に育った。親友だったんだ!一家がブラック・マーシュに旅立つまで、二人はいつも一緒にいた。それくらい近かったんだ!」

アルゴニアンの家族はどうした?

静かに歩む者:「なあ、それを聞くとは思っていなかったよ。父親が俺を何か恐ろしい運命から救い出したのだとアナイスは言ったが、詳しいことは何も、決して教えてくれなかった。ヴェルモント家の人たちはどても親切にしてくれた。ギルドを除けば、彼らは家族に最も近い存在だ」

友達が旅立ってから、しばらく経っているのか?

静かに歩む者:「一家が旅立った時、俺は十三歳になったばかりだった。アナイスは一緒に来て欲しいと望んだが、俺は自分が知っている唯一の故郷を離れられなかった。夜に抜け出して、それ以来一家を見ていない。今はアナイスが戻ってきて、邸宅を管理している」

アナイスについてもっと話してくれ

静かに歩む者:「アナイス・・・どこから始めようか?初めてアバーズ・ランディングに着いた時、俺はアナイスとその家族に引き取られた。彼女とヴェルモントの人たちにはたくさんの恩義がある。行動様式、話し方、ファッションセンス」

アナイスには長い間会っていないんだろう?

静かに歩む者:「時は過ぎ、物事は変化する。一家がブラック・マーシュへの長い旅行のために荷物をまとめた時、ここに留まることを決めた。一家は商売の相手と取引に行き、俺はアバーズ・ランディングの通りをさまよい歩いた。そして、ギルドが俺を見つけ、採用した」

メモに書いてあった協力してほしいとは具体的に何をしてほしいんだ?

静かに歩む者:「アナイスはここへ戻ってきてから俺のことを聞いて回っているようだ。一緒に過ごした記憶のため、過去を過去にしたくなかったことははっきりしている。その記憶を盗みたい。できれば捕まらずに」

幼馴染から何を盗みたい?

静かに歩む者:「過去は私達を引き止める万力にもなりうる。目にしたことがある。アナイスに記憶を手放して俺を忘れ、自分の生活に戻ることを教えたい。あのアイテムを盗んだら・・・もっとも、それはかつて俺のものだったアイテムだが、彼女は俺を探すのをやめるだろう」

どんなアイテムだ?

静かに歩む者:「思い出の品。俺が生まれた卵の殻と、生え替わりの時期に抜けた鱗からアナイスが作った宝飾品だ。大きな声で口に出すと何だな。誰かが抜け落ちた自分の体の一部を持っているというのは、何だか変な気がする。これは一般的な習慣なのか?」

それがどこに保管されているか心当たりは?

静かに歩む者:「ヴェルモントの邸宅は大きな邸宅だ。俺が部屋を探している間に、キッチンと中庭を調べてくれないか?終わったらそこで合流して、一緒にここから出よう」

分かった、準備はできている

静かに歩む者:「影のように。あまり混乱を起こさず、また誰かに見られることなく邸宅に出入りする。分かったな?」

静かに歩む者が、ともにヴェルモント邸に侵入して友人のアナイスが長年保管している思い出の品を探すのを助けてほしいという。見られないように注意て邸宅に入ろう

静かに歩む者:「ここに戻ってくるなんて変な感じだ。早くしよう。思い出の品を見つけたら、誰かに気づかれる前にここから出る。中庭とキッチンを調べろ。その後で邸宅の家族棟で落ち合おう」

静かに歩む者が邸宅の中庭とキッチンを捜索し、そこでアナイスと暮らしていた頃の思い出の品を幾つか探してほしいという。捜索中は注意を引かないように隠れたままでいる

静かに歩む者が探していた思い出の品かも知れないアイテムを2個見つけた。邸宅の住居部分で静かに歩む者と会い、他にアナイス・ヴェルモントから盗みたいものがあるか聞く

静かに歩む者:「寝室にある俺のアミュレットを取ってくれないか?アルゴニアンがその近くにいてな。彼は・・・俺を不安にする」

静かに歩む者は寝室にあるアミュレットを取ってほしいようだ。見つからないように回収する

静かに歩む者:「ここを出る前にもう一つやることがある。以前はアナイスとバルコニーに座って夕日を見たものだ。この思い出を忘れる前にもう一度見てみたい」

静かに歩む者は若い頃アナイスと一緒に遊んで過ごしたバルコニーに行きたいようだ

静かに歩む者:「ああ、記憶のとおりだ。とても美しい。アナイスとここでよく夕日を見ていた。最高の時間だった!」

アナイス・ヴェルモント:「それなのに、あなたは逃げた。私を裏切って一人にした。最愛のペットがそんなことする?」

静かに歩む者:「アナイス、違う・・・お前はここにいるはずではない」

アナイス・ヴェルモント:「友達だったのに!一緒にたくさんのことをしたのに!あなたは夜のうちに盗賊のように逃げて行った。それが戻ってくるなんて。財産を盗みに来たの?」

静かに歩む者:「何を言っているんだ?理解できない・・・・」

バルコニーにいる時にアナイス・ヴェルモントが近づいてきた。彼女は静かに歩む者に酷い言葉を浴びせた。この件について彼女を追及する

アナイス・ヴェルモント:「お前は歩む者と同じくらい悪い。一体何の権利があって、我が家に侵入し所持品を持ち去るの?衛兵を呼び、お前達二人に教訓を教えるべきね。ヴェルモント家は盗賊や反逆者を快く受け入れない」

どうして静かに歩む者にそんな風に話すんだ。2人は友人ではないのか?

アナイス・ヴェルモント:「友人?おそらく私が幼く、何も知らなかった頃はね。でもあのトカゲはペットなの。それ以上の何でもない。私がまだ少女だった頃、父がくれたのよ。逃げ出し、するべきことではないことをしたペットに、どう対処すべきだと言うの?」

そう思っているのなら、なぜ彼を探していた?

アナイス・ヴェルモント:「私は家の遺産を管理し、古い事業を清算するためにここへ戻って来たの。彼は私の所有物なのよ。所有物を自分の手に戻したいだけ。あなたは、衛兵に対処させるわ。働くより盗みを選ぶような者たちに対して、忍耐力は持ち合わせていない」

静かに歩む者は所有物などではないし、ここには留まらないだろう。彼はお前に彼のことを忘れてもらいたいと思っている

アナイス・ヴェルモント:「彼を忘れる?この数年間、彼のことばかり考えてきたのよ。どうして私を捨てたのか。友情と愛情を拒んだのか。いいえ、彼が悪いトカゲのように扱われたいのなら、そうするわ。もう衛兵は呼んだわよ」

静かに歩む者:「お前は変わった、アナイス。そうでなければ、そうでないのなら俺はずっと思い違いをしていた。さよなら、昔の友よ」

アナイス・ヴェルモント:「さよなら?違うわ。子の館から逃げようとしても、私の密偵があなたを見つける。あなたは今も、これからも私のものよ!衛兵!侵入者達の身柄を確保して!」

静かに歩む者:「もう行く時間だ、早く!」

長居をし過ぎたようだ。静かに歩む者とともにアナイスの邸宅を速やかに去る

ヴェルモント邸から脱出した

静かに歩む者:「アジトに来てくれ。そこで話そう」

盗賊の隠れ家に戻り、静かに歩む者とアナイス・ヴェルモントとの遭遇について話す

静かに歩む者:「アナイスとの会合は思っていたようにいかなかった。彼女は変わった。私が変わったのかもしれないが。自分の真実を知ることは、時にとても混乱させられる」

彼女は友人ではなかったのか?

静かに歩む者:「彼女は友人だったのだ。昔はな。ほぼ確かなことだ。我らはいつも一緒だった。互いに笑い、遊び、館を探検したのだ。おそらく自分が逃げ出した時、彼女を見捨ててしまった・・・それが彼女を、この様な見慣れぬ獣に変えてしまったのだろうか?」

彼女の奴隷だったのかと思った

静かに歩む者:「自分が奴隷だったって?いいや、それがどういう意味かどちらも知らなかったと思う。我らがまだ子供だったあの頃はな。しかし・・・おそらく、心の底では、全てを知っていたんだろう・・・だからアナイスとブラック・マーシュに行かずに逃げ出したんだろうな」

これらの思い出の品を盗んで、何かを達成したのだろうか?

静かに歩む者:「もちろんさ!アナイスから思い出を取り上げて、自分の若い頃の思い出の品を取り戻したんだ。それに、友人がどれほど変わってしまったかが分かった。あとは彼女が以前の姿を取り戻せるように、どう手助けできるか考えよう。彼女が俺を見つけるより先にな」

お前を見つけるために密偵を送ると言っていたが、アナイスは本当にそこまですると思うか?

静かに歩む者:「彼女は俺が近くにいると知ったのだぞ?これまでの労力を倍にして、家族の金で買えるものなら何でも利用するだろう。俺ならそうする。ところで、この件では協力してくれてありがとう。次の行動を決めたら、連絡する」

以上でクエスト「イカサマ」のストーリーは終了し、「金で買えない者はいない」へと続きますが、先に「完璧な計画」をクリアしておく必要があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました