【ESO】イベント「年央の騒乱」攻略

【ESO】エルダースクローズオンラインで2019/1/21(月)23:59までイベント「年央の騒乱」が開催中です。イベントクエストはシロディールで行われるので、Lv10以上必要です。イベントの実績をすべて解除し、コレクションアイテムを入手するにはDLCインペリアルシティかESO Plusの会員が必要となります

イベントを進めると新生インドリクを進化させるための4つのアイテムの内1つ、コレクション等、様々なアイテムが手に入るチャンスがあります。また、イベントチケットも1日2枚入手することができ、昨年行われたイベントで入手できた騎乗動物の新生インドリクを入手するこができる場合もありますが0からスタートの場合は交換に必要なイベントチケットが40枚必要なので、今回のイベントだけでは交換はできません。ただ、後に続くイベントでチケットは手に入るので新生インドリクの交換は可能です。進化後のインドリクまで交換できるかは現時点では不明ですが、おそらく可能なはずです。詳細は公式の「こちらから」確認できます

ペリナルの勇敢の巻物はアイテム(その他)として使用することで2時間の間、獲得同盟ポイントとプレイヤーを倒した時に得られる経験値を100%アップする効果が得られます。巻物は何度でも繰り返し使用できますが効果が得られるのは「年央の騒乱」のイベント期間中のみとなっています

クエスト名受注場所/人物報酬
「年央の騒乱」場所:クラウンストア

年央の騒乱の詳細から受注

ペリナルの勇敢の巻物

ペリナルの年央恩恵箱

301ゴールド

スポンサーリンク

イベントの始め方

ゲーム内のクラウンストアを開きます(ショートカットはキーボードの「,」)。次に「ホリデー」の項目を選択したら「スタータークエスト」を選ぶと「年央の騒乱の詳細(無料!)」があるので購入します。次はアイテムを開いてその他の項目を見ると先程購入した巻物があるので使用するとクエスト「年央の騒乱」が始まります

イベントチケットの入手方法

イベントチケットを手に入れるにはバトルマスター・リヴィンのデイリークエスト、シロディールでのミッションボードor大将軍のデイリークエスト、シロディールにあるヴラスタルスの街、ブルーマの街、クロップスフォードの街、シェイディンハルの街、コロールの街のクエスト、この中でどれでもいいのでクリアすると1日2枚のイベントチケットが貰えます。チケットのリセットは毎日15:00に行われます

バトルマスターのデイリークエストを受けるには「栄光に向けて」のクリアが必要です

シロディールでのデイリークエストを受けるには「シロディールへようこそ」、「攻囲戦」、「任務の報告」のチュートリアルクエスト(途中でスキップ可)のクリアが必要です

ソロの場合はバトルマスター・リヴィンのデイリークエストやシロディールの潜入ミッション、各町でのデイリークエストがクリアしやすいです。それ以外はパーティでないと厳しいです

シロディールのデイリークエスト一覧はこちら

【ESO】シロディールのデイリークエスト攻略
クエストボードのデイリーミッション クエストボードから受けられるデイリーミッションです 偵察ミッション 指定された場所に行くと偵察報告書を書くと出るので報告書を書いてミッションボードへ戻ります 賞金ミッション 敵プレイヤー...

シロディールへの入り方

ゲーム内で同盟戦争の項目を開きます。次に一般戦、チャンピョン無効、レベル50未満等、いくつかのキャンペーンがありますので、自分の好きなキャンペーンを選びます。するとキャンペーンの右側にある名前が表示されるのでマウスのカーソルを合わせると下の方に「ホーム」と「ゲスト」と選択肢が出るのでホームで入りましょう。再度名前にカーソルを合わせると「キャンペーンに入る」、「キャンペーンを放棄する」と出るので「キャンペーンに入る」を選ぶと順番待ちが始まります。自分の順番が来るとシロディールのキャンペーンに参加するかどうか聞かれるので参加するを選びましょう。これでシロディールに入ることができます

攻略

この攻略はダガーフォール・カバナントの陣営で行っています

タスク1:シロディールで説教師マエラを探す
シロディールに入ったら、自陣の門の中央付近にいるマエラと話をします

タスク2:徳高き血の器を使う
徳高き血の器はマエラがいる場所のすぐ近くにあるので調べます

タスク3:説教師マエラと話す
徳高き血の器を調べたら、マエラと会話して「年央の騒乱」はクリアとなります

関連資料

年央の騒乱の詳細
年央の騒乱

ストーリー

「タムリエルの中心よ。聞きたまえ。聖アレッシアの信者が戻ったわ!我らインペリアルの血が正しく流れようとも、形勢があなたたち同盟にとって有利なことは分かっている。シロディールへの門にて、我らの悲願と祝福を受け入れて!」

シロディールにある同盟の門の駐屯地で開かれている、祝祭についてメモを見つけた。同盟の門の駐屯地のどこかにいる司祭を探し、このホリデーが何を祝っているのかを確認する

説教師マエラ:「神官アロイジアは説教に熱心すぎることがあるけど、聞く者は必ず触発されるのよ。あなたもホワイトストレークの祝福を受けたいの?」

この人々は、祝福をうけるためにいるのか?

説教師マエラ:「ええ!あなたの指揮官と停戦した後、すぐに聖アレッシアが祝福をされ始めたの大評判なのよ!兵士たちは全員、戦場での努力を2倍称えられる」

具体的な報酬は何だ?

説教師マエラ:「ペリナル・ホワイトストレークと聖アレッシアの伝説を知っていれば、あなたも理解への道を進んでいるわ。知らないなら、その・・・祝福を受けた者はその後しばらく、その勇敢な行為で有名になるの。それはきっと、あなた達が大事にしていることよね?」

参加するにはどうすればいい?

説教師マエラ:「聖なる書には、ヘルドンの戦いで険しいペリナルの顔と髭が、正しく討伐されたアイレイドの血で覆われたと書いてある。彼の武勇に敬意を表して同じように自らを清め、私の元へ戻ってきなさい」

ペリナル・ホワイトストレークについて教えてくれないか

説教師マエラ:「彼は冷酷な主人アイレイドから自由になるため、戦いを先導した扇動者だった。私たちは彼の行動が素晴らしく、見事だったと思っているわ。ヘルドン橋での戦いは、彼が数多く上げた勝利の1つよ。エルフに対抗する人間の部族を統一したの」

ヘルドン橋の戦いとは?

説教師マエラ:「エルフ達は聖アレッシア軍の援軍として派遣されたノルドを追い返し、北の橋を封鎖しようとした。彼らの部族は、これまでになくエルフの血を渇望したホワイトストレークに襲撃された。エルフはノルドが武器を構えるより先に、みんな倒された」

聖アレッシアとは何者だ?

説教師マエラ:「かつては奴隷だったけど、竜神その人に駆り立てられ奮起した彼女は、アイレイドの主人達を倒すために、人々を集結させた。ペリナルとモリハウスは彼女が信頼する親友だった。翻訳によって違うけど、どちらか一方、あるいは両方の恋人だったらしいわ」

あなた達、聖アレッシアの司祭とは何者だ?

説教師マエラ:「私たちは帝都の聖堂地区がモラグ・バルに包囲されて略奪される前に、そこでアレッシアの真実を説いたの。多くの人が倒れたけど、私たちの仕事を城壁の外で続けるために、多くの者が逃れたわ」

あなた達はインペリアルなのにどうして駐屯地に入れる?

説教師マエラ:「私たちは将軍と取り決めをしたの。駐屯地に守ってもらう代わりに、希望があればあなたの味方に祝福を与えると。予防措置として何人か拘留されたけど、待遇は悪くないわ」

ありがとう、祝福を受ける準備をしてくる

説教師マエラは祝福を受けるためにはペリナルの武勇に敬意を表し、自らを清めないといけないらしい。近くにある徳高き血の器に入っている液体で頭を濡らし、マエラに話しかける

説教師マエラ:「さて・・・どうだった?話して!活力を得た?正義の力で満たされた?聖アレッシア自身の幻視に圧倒された?さあ、聖なる変異を全て教えて!」

今のところ、何も起きていない

説教師マエラ:「ええ!まあ、確かに経験は人それぞれよ。それでも。あそこへ行って伝説になることはできるわ。ホワイトストレークはあなたと共に歩み、正義の怒りを煽るでしょう!」

以上で「年央の騒乱」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました