【ESO】イベント「ニュー・ライフ・フェスティバル」攻略

【ESO】エルダースクローズオンラインで2019/1/2(水)23:59までイベント「ニュー・ライフ・フェスティバル」が開催中です

イベントを進めるとキャラクターのスキン、記念品、スタイルアイテム等、様々なアイテムが手に入るチャンスがあります。また、イベントチケットも1日1枚入手することができます

スキン狙いの場合はデイリークエストをクリアした時にもらえる「ニュー・ライフ・フェスティバル・ボックス」の報酬に入っていることがある「ニュー・ライフ慈善依頼」が合計12個必要ですので、毎日9個のデイリーミッションをこなしましょう。旅の祠を解放していれば30分~60分くらいで終わります。「ニュー・ライフ慈善依頼」は中々でないのでデイリークエストがめんどい場合でお金をたくさん持っているならバザーで買うのもありだと思います

このクエストの報酬のブレダのハチミツ酒マグ(底なし)は記念品で「コレクション」→「記念品」から使用することで2時間の間、経験値100%アップの効果が得られます。これは何度でも使用できますが使用して経験値がアップするのは2019/1/2(水)23:59までとなっています

クエスト名受注場所/人物報酬
「ニュー・ライフ・フェスティバル」場所:クラウンストア
ニュー・ライフ・フェスティバルの巻物から受注
ニュー・ライフ・フェスティバル・ボックス

ブレダのハチミツ酒マグ(底なし)

118ゴールド

スポンサーリンク

イベントの始め方

ゲーム内のクラウンストアを開きます(ショートカットはキーボードの「,」)。次に「ホリデー」の項目を選択したら「スタータークエスト」を選ぶと「ニュー・ライフ・フェスティバルの巻物(無料!)」があるので購入します。次はアイテムを開いてその他の項目を見ると先程購入した巻物があるので使用するとクエスト「ニュー・ライフ・フェスティバル」が始まります

イベント攻略

タスク1:ブレダと話す
ブレダはイーストマーチのウィンドヘルムの街から少し南のテントにいます

イーストマーチへの旅の祠が解放されていない場合はストーンフォール地方にある「ダボンズ・ウォッチ」の港に行き「ファルヴィス・ララム」に話しかけて、エボンハート・パクトの中を旅したい→良かったらリフトへ行って欲しいを選び「リフト」へ向かいます

「リフト」へ着いたら再度「ファルヴィス・ララム」に話しかけて、エボンハート・パクトの中を旅したい→準備ができたら、イーストマーチへ行って欲しいを選ぶとイーストマーチへ辿り着きます。もちろん、地図を見ながら歩いて行ってもいいですが、船を使った方が速く目的地にいけます。イーストマーチのウィンドヘルムの街についたら忘れずに旅の祠を解放しておきましょう。今後のデイリークエストでタムリエル中を冒険することになるので、上記のような「ナビゲーター」と書かれているキャラを利用すると、歩かなくても目的地へたどり着くことが出来ますので覚えておきましょう。基本は目的地の同盟へ行く→目的地の隣接する地方へ行く→目的地へ到着という流れです

ブレダの話を聞くと「ニュー・ライフ・フェスティバル」はクリアとなり、彼女からデイリークエストを受注できるようになります

関連資料

オールド・ライフからニュー・ライフへ
オールド・ライフからニュー・ライフへ1
オールド・ライフからニュー・ライフへ2
オールド・ライフからニュー・ライフへ3
オールド・ライフからニュー・ライフへ4

ストーリー

簡単な地図が、参加者をイーストマーチにいるニュー・ライフの使者、ブレダの元へ導いている。地図にはちょっとしたメモがある「ニュー・ライフ・フェスティバルは、あらゆる者を歓迎する!」

イーストマーチにいるニュー・ライフの使者ブレダからニュー・ライフ・フェスティバルの祝い方について話を聞く

ブレダ:「ニュー・ライフ・フェスティバルに来たの?喜んで使者の務めを果たすわ。知りたいことがあったら、何でも教えてあげる!」

ニュー・ライフ・フェスティバルとは何だ?

ブレダ:「新年の新鮮な始まりの印で、太陽の下を歩くすべての者のための祭り。全タムリエルが祝うの!まあ、マオマーは違うかもしれないけど・・・でも、それ以外は全員ね。自分で試して、その目で確かめてみて!」

興味が湧いてきた。もっと教えてほしい

ブレダ:「ニュー・ライフ・フェスティバルは以前、太陽の神マグナスの祝祭だった。本があるから、歴史について読みたいなら歓迎するわ。興味があるならね。でも、私はいろんな祝い方について話したいわ。こっちなら紙で手を切ることもない!」

「祝いの数々?」複数の祝い方があるのか?

ブレダ:「ええそうよ!場所によって全く違うの。私がやったのは崖からの飛び降り、碇投げ、酔っぱらったエチャテレース・・・まあ、オルシニウムは中止にしなければいけなかったけどね。何でも聞いて。タムリエルで最高のお祝いに導いてあげる!」

以上で「ニュー・ライフ・フェスティバル」のストーリーは終了です

デイリークエスト(全9種)

クエスト「ニュー・ライフ・フェスティバル」をクリアするとブレダからデイリークエストを受けれるようになります。デイリークエストは全部で9個あります。

報酬のイベントチケットとミステリー報酬箱は1日1回のみで15:00にリセットされますがニュー・ライフ・フェスティバル・ボックスは毎回貰えるので1日最高9回(デイリークエストの数)まで貰う事ができます

ニュー・ライフ・フェスティバル・ボックスからはたまに「ニュー・ライフ慈善依頼」という依頼書を入手することがあり、使用するとクエストが開始します(指定された家具の納品)。この慈善依頼を12個クリアするとキャラクタースキンが手に入ります

受注場所/人物報酬
場所:イーストマーチ
デイリークエスト「ニュー・ライフ・フェスティバル」の受注場所
ブレダから受注
ニュー・ライフ・フェスティバル・ボックス

ミステリー報酬箱

イベントチケット1枚

237ゴールド

五つ爪の策略の試練攻略

タスク1:ラウル・ハにいるトゥミラと話をする
ラウル・ハは街でナビゲーターを探しアルドメリ・ドミニオンの「マラバル・トール」に行き、再度ナビゲーターに話して「リーパーズ・マーチ」へ行くを選ぶと辿り着きますので、街のなかにいるトゥミラと話しをします

タスク2:こそ泥のコイン、空き巣のコイン、ラジーンのコインを集める
それぞれのコインが入った宝箱はトゥミラがいる場所の道を挟んで正面に3つ並んでいます。1つ目の宝箱挑戦した時点から1分以内に他の宝箱を開けないといけません。失敗してもやり直しができるので焦らず挑戦しましょう。ロックピックがなければトゥミラの隣にいる商人から購入することが出来ます

タスク3:ブレダと話す
ラウル・ハでの祝いが終わったら、イーストマーチに戻りブレダと話すと報酬を貰えます

ストーリー

ブレダ:「ラウル・ハのカジートは、トリックスターの神ラジーンを称えて、五つ爪の策略の試練で祝うの。リーパーズ・マーチへ行ってトゥミラと話して。すごく器用なの。ニュー・ライフを祝う手伝いをしてくれるわ!」

イーストマーチにいるニュー・ライフの使者ブレダが、リパーズ・マーチのラウル・ハで行われるニュー・ライフ・フェスティバルについて聞いた。ラウル・ハに行き、トゥミラに話を聞いてみる

トゥミラ:「この者は五つ爪の策略の試練へ歓迎する!ここではニュー・ライフを祝い、同時にラジーンに敬意を払える」

何をすればいいんだ?

トゥミラ:「ラジーンはかつて「鍵はブーツから投げ捨てる鍵」と言った。ロックピックを使って、近くの宝箱の中身を手に入れて。偉大なるラジーンと同じように、障害をものともしないところを示して。素早くね!」

鍵の掛かった宝箱3つの中身を短時間で取り出さなければならない。宝箱を開けるにはロックピックが必要だ

鍵の掛かった宝箱それぞれから珍しいコインを手に入れた。トゥミラに報告しよう

トゥミラ:「ラジーンはあなたの素早さをお褒めになるわ!まあ、あなたの技に気を取られた誰かの持ち物を失敬するかもしれないけどね。真に、最良の盗賊ってのは風と共に現れて、風と共に去るのよね」

コインはどうすればいい?

トゥミラ:「何のコイン?ラジーンを崇拝するのはあなただけじゃない。私の所へ持ってきたら、別の人があなたのポケットからコインを奪って、宝箱に戻す。そうしてラウル・ハはニュー・ライフを祝う。行動に本物の富を見出すの」

ラウル・ハの祝いは終わった。イーストマーチに戻りブレダと話そう

ブレダ:「ああ、草原とスイートロールの地から、雪と蜜の地へお戻りね!ラウル・ハへの旅はどうだったの?」

五つ爪の策略の試練を終えた

ブレダ:「トゥミラには何をしろって頼まれた?宝箱からコインを集めろと?それとも勝者の財布から?ああ、言わないで。彼女が来たら聞くから」

以上で「五つ爪の策略の試練」のストーリーは終了です

戦争孤児の道

タスク1:グラーウッドのオームレルで八大神の聖堂と話す
今までと同じように旅の祠を使うか、ナビゲーターを使ってグラーウッド地方へ向かいます。今回は街の中に使者がいないのでグラーウッド地方のエルデンルートの街から北西にある八大神の聖堂まで歩いて行き、そこで使者と話をします

タスク2:献金し野生生物を倒す
使者のオーレムルに話すと、献金するか、野生生物を5体倒すかを選ぶことになりますが、どちらを先に選んでももう一つの依頼をこなさないといけないので好きな方を選びましょう。野生生物は指定されたエリアに行くとウーヴァーが出てくるので倒します

タスク3:ブレダと話す
オーレムルからの依頼が終わったら、イーストマーチにいるブレダに報告して報酬を貰いましょう

ストーリー

ブレダ:「ヘヴンのハイエルフは戦争孤児の道を歩く。グラーウッドの中心にある聖堂まで旅して、できる範囲で献金を行う。地図に印をつけたわ。とても簡単。施せるものを施してあげて」

戦争孤児の道を歩き終えるには、最初にグラーウッドの八大神の聖堂へ旅してオームレルと話す

オーレムル:「戦争孤児の道を歩く者が増えたかのか?孤児たちにはステンダールがあらゆるものを与えてくれるが、彼らへの捧げ物は有難く受け取っている」

献金の他に助けられる事はあるか?

オーレムル:「ああ。戦争孤児の道を歩く者の中には、あなたのように腕利きではない者もいる。獣の中には、そういった人たちをごちそうだと思うものもいる。獣たちを思いとどまらせてくれたら、道は安全になる。あくまでも、その気があればだが」

オーレムが言っていた獣を倒した、彼に報告しに行こう

オーレムル:「戦争孤児の道を歩く者は、道を開いてくれた事に感謝するだろう」

戦争孤児に献金するにはどうすればいい?

オーレムル:「私が手伝える。いくらでも結構だ。子供たちを飢えさせるわけにはいかない」

分かった。献金をしよう

オーレムル:「素晴らしい。孤児たちを助ける者に、ステンダールは微笑むだろう。今日はあなたに微笑んでいる」

戦争孤児の道を歩き終えた事をブレダに報告しよう

ブレダ:「戻ったのね。大変だったでしょ。それで?」

戦争孤児の道を歩き終えた。子供たちを助けるためにできることはすべてやった

ブレダ:「これで戦争孤児の道を心から理解できたわね。全てを失った子供たちを。できることをして、新しい年にニュー・ライフを彼らに与えることを。簡単ではないけど、重荷が軽くなる。彼らに分かるのはそれだけよ」

以上で「戦争孤児の道」のストーリーは終了です

城の魅了の試練

タスク1:アルカイア城に行く
アルカイア城はストームヘヴン地方の北西にあります。旅の祠か街や港等にいるナビゲータを利用して移動します

タスク2:年老いたヤギ亭で芸を披露する
アルカイア城の南西にある宿屋に入ると芸を披露すると出るのでボタンを押して芸をします

タスク3:アルカイア城広場で芸を披露する
宿屋での芸が終わったら、今度は外にある広場に行き、そこで芸を披露します

タスク4:アルカイア城玉座の間で芸を披露する
広場での芸が終わったら次で最後です。城の中に入り、玉座の前で芸を披露します

タスク5:ブレダの所に戻る
アルカイア城で芸を披露し終わったら、ブレダの所へ戻り報酬を貰います

ストーリー

ブレダ:「アルカイア城のブレトンには、城の魅了の試練と呼ばれる面白い伝統があるの。昔々、恐ろしい戦争の後で執事が競争を宣言した。城の生き残りを最も喜ばせることのできた演者は誰でも素晴らしい名誉を勝ち取る、と」

どんな種類の芸だ?

ブレダ:「見て、この芸の道具を使うの。面白い経験をさせてくれるわ。ストームヘヴンのアルカイア城に行って、観衆の前で芸を披露して、すごく親しみやすい人たちだから、前に出ても恐れずにね」

アルカイア城の人々を楽しませるため、現地へ向かう

アルカイア城外の宿屋、広場、そしてアルカイア城で芸を披露し人々を楽しませた。ブレダの所へ戻り報告しよう

ブレダ:「アルカイア城で楽しい時間を過ごせたならいいのだけど。私も見たかったわ!」

城の魅了の試練を終えた

ブレダ:「ならアルカイア城にとっての重要性は知っているわね。城が血なまぐさい戦いから回復するところを想像してみて。両親を亡くし、家族は負傷し、子供は埋葬される。そんな悲劇の後に、彼らはニュー・ライフを祝っているの。もう一度笑ったり驚いたりするためにね」

以上で「城の魅了の試練」のストーリーは終了です

泥玉祭り

タスク1:スカイウォッチで泥玉の楽しみを分かち合う
まずは旅の祠やナビゲーター等を使いオーリドン地方にあるスカイウォッチの街へ向かいます。そこでプレイヤーでもNPCでもいいので泥玉を10個投げます。設定で一般人への攻撃をオフにしているとNPCへは泥玉を投げれないので設定をオンにするかプレイヤーに投げましょう

タスク2:各同盟の大使に泥玉を投げる
各同盟の大使はスカイウォッチの街の奥にあるスカイウォッチ邸に向かい3人の大使の誰でもいいので泥玉をぶつけます。この時は一般人への攻撃をオフのままでも大丈夫です

タスク3:ブレダと話す
スカイウォッチで泥祭りを楽しんだら、ブレダに報告して報酬を貰いましょう

ストーリー

ブレダ:「オーリドンへ移ったウッドエルフの移住者が、スカイウォッチの人々に泥玉祭りを教えたの。あなたが予想した通りの祭りよ。誰にでも泥玉を投げつけるの。でも毎年、ウッドエルフが謙虚になるべきだと合意した特別な標的がいるの」

今年のターゲットは誰だ?

ブレダ:「3人いる!各同盟の大使がオーリドンで会合して、高潔な事を話し合うの。きっと交渉用のテーブルの形とか、次に出されるワインとかについてね。自分達をそんなに重要視しなくてもいいと思わない?」

泥玉祭りに参加するにはまずスカイウォッチに向かい、尊大で祭りを楽しめないように見える者に泥玉を投げつける

スカイウォッチで存分に泥玉祭りを楽しんだ。ブレダに話しに行こう

ブレダ:「その手についているのは泥?スカイウォッチへの旅はどうだった?」

泥玉祭りに参加してきた

ブレダ:「素晴らしい!顔についた泥は、そんなに偉ぶらなくてもいいってことを思い出させてくれる。誇り高すぎて参加できない人々にも、ニュー・ライフが少し楽しくなるのよ」

以上で「泥玉祭り」のストーリは終了です

狼煙ダッシュ

タスク1:バーガマへ行く
バーガマはアリクル砂漠地方にあります。祠が解放されていない場合はダガフォールの港からナビゲーターの「アゾウファー」に話かけて「バンコライ」へ行き、そこから再度「アゾウファー」に話かけて「アリクル砂漠」に行くを選ぶとアリクル砂漠地方のセンチネルの街に行けるので、そこから歩いて南にあるバーガマを目指します

タスク2:アウサバと話す
バーガマについたら、街の南西にいるアウサバから狼煙ダッシュの事について聞きます

タスク3:東西南北にある狼煙に火をつける
一つ目の狼煙に火をつけた時点から1分以内に他の3つの狼煙に火をつけないといけません。前もってどこに狼煙があるのか確認してから点火を始めましょう。騎乗動物を使わなくても十分間に合いますが、不安なら料理でスタミナを上げて長くダッシュできるようにしておきましょう

タスク4:アウサバと話す
4か所の狼煙を時間内に点火出来たらアウバサに報告しに行きます

タスク5:ブレダの所に戻る
バーガマでの狼煙ダッシュが終わったら、イーストマーチにいるブレダの所へ戻り、バーガマでの事を話して報酬を貰います

ストーリー

ブレダ:「バーガマのレッドガードは狼煙ダッシュで祝う。街を破滅から救った先人を称えるためのもの。ニュー・ライフの真の贈り物ね。アリクル砂漠へ行って、アウバサと話して。彼女が説明してくれるわ!」

バーガマまで行って、アウバサと狼煙ダッシュについて話す

アウバサ:「あなた、見ない顔ね。でも歓迎するわ。どうしてバーガマへ来たの?」

狼煙ダッシュのために来た

アウバサ:「あなたは進み、私達を称えなければならない。私が数え終わる前に、バーガマの狼煙に火をつけて。強靭なるゾーレが大昔にやったようにね」

強靭なゾーレとは何者だ?

アウバサ:「昔々、ひどい病がバーガマに蔓延したの。守り手たるバーガマの護衛隊もやられて、生き残った者もひどい症状だった」

続けてくれ

アウバサ:「毒の舌のエメーシュ、砂の戦士長はバーガマが疲弊していることを知っていた。ある夜、彼の部隊が私達の富を奪い人々の命を奪おうと街に近づいたの。その日は、護衛隊の一人が見張りに立っていた」

その護衛隊の一人が強靭なゾーレだった?

アウバサ:「そう、彼女は苦しみながらも一人で持ち場についたの。けど敵の数はあまりにも多く、希望がないことも分かっていた。それでも、彼女はバーガマを救う方法を知っていた。狼煙に火をつければエメーシュは疫病が終息したと考える。それで私達の守り手が準備できるって」

続けてくれ

アウバサ:「ゾーレは火のついていない狼煙に向かって走った。病気の体をおして全てに火をつけた。バーガマにいる護衛達全員を招集したの。私達が守備に加わったことで、エメーシュ達は慌てふためき、逃げ惑った。病に侵されていようと、私達の守り手は砂漠の犬を全て切り倒した」

ゾーレはどうなった?

アウバサ:「残念ながらその夜、病に命を奪われた。エメーシュを追い払ってからね。ゾーレはバーガマが無事だと知り、息を引き取ったの。それからは毎年、彼女の犠牲に敬意を払う。これ以上の遺産はまずないわ」

ありがとう。ところで時間内に火を付けるヒントはあるか?

アウバサ:「ゾーレは忍耐力だけで強靭と呼ばれていたわけではないの。その明晰な頭脳でバーガマを守った。私達の英雄がしたように狼煙の場所を知り、経路の計画を立てて」

間に合わなかったら?

アウバサ:「私達のお祝いは全ての者に開かれている。老いも若きも負傷者にもね。だから、狼煙は複数人で点火してもかまわない。ゾーレの故郷への愛は深く揺るぎない。共同で点火することは彼女の思い出に敬意を払う事にもなる」

アウバサが数え終わる前にバーガマの周囲にある狼煙に火をつけよう

アウサバが数え終わる前に4つの狼煙の点火に成功した。彼女と話そう

アウバサ:「狼煙が点火され、守り手が警戒した時、ゾーレは倒れたの。その勇気に導かれて、私達の祖先は戦士長とその手下に勝利したのよ。彼女の犠牲を理解することは、バーガマをを理解することなの。さて、これでお別れね。ゾーレの思い出に敬意を表し、街に栄誉を与えてくれた。長身のパパのご加護がありますように。常に水と日蔭が見つかるよう祈るわ」

バーガマでの狼煙ダッシュを終えたことをブレダに報告しよう

ブレダ:「バーガマから戻って来たの?私は暑さと砂になじめないわ。無理」

狼煙ダッシュを終えて来た

ブレダ:「ああ、ゾーレの物語は素敵よね。バーガマのお祝いは、私達が時に払わなければならない犠牲を称えるもの。他の人たちが新しい夜明けを楽しむためにね。あなたの俊足に乾杯!」

以上で「狼煙ダッシュ」のストーリーは完了です

魚介の宴

タスク1:指定された魚3種類を集める
シャドウフェンへはストーンフォール地方にある「ダボンズ・ウォッチ」の港に行きナビゲーターの「ファルヴィス・ララム」に話しかけて、エボンハート・パクトの中を旅したい→デシャーンへ行って欲しいを選び「デシャーン」へ向かいます。「デシャーン」についたら再度、ナビゲーターの「ファルヴィス・ララム」に話しかけてシェドウフェンへ行ってほしいを選ぶとストームホールドの街に到着します。そこから遠いですが南に目的地のヒスミールはあります。魚を釣った後はまたここに戻ってくるので近くにある旅の祠を解放しておきましょう。餌がない場合はここで簡単な餌を購入しておきます。指定された釣り穴はヒスミールから南西の方角にありますのでそこで指定された魚を3種類釣ります。この時にある程度まとめて釣っておくと再度このクエストを受注した時に、魚を釣らなくてもいいので複数回デイリークエストをする場合は多めに各種の魚を釣って置くことをお勧めします

タスク2:穏やかな心の者と話す
指定された3種の魚、ヒストムック・ブロブフィン、シャドウフェン・クリービングリーチ、ブラック・マーシュ・カカンバーを釣ったらヒスミールに戻り穏やかな心の者に魚を渡します

タスク3:ブレダのところにもどる
魚介の宴の支援が終われば、ブレダの所に戻り、話しかけて報酬を貰います

ストーリー

ブレダ:「ヒスミールのアルゴニアンは魚介の宴を開く。シャドウフェンで最も古いお祝いの一つよ。内容はすごく単純。釣れる者が魚を釣る。釣れない者は魚を食べる」

それは単純でいい。何をすればいい?

ブレダ:「釣りに行くの!シャドウフェンで釣るのが一番よ。もし魚が嫌いでも、飢えている人に食べ物をあげられるわ。友人と取引しても、ギルド商人から手に入れてもいい。手に入れたら穏やかな心の者に渡して。ヒスミールにいるから」

魚介の宴を支援するにはヒストムック・ブロブフィン、シャドウフェン・クリービングリーチ、ブラック・マーシュ・カカンバーを釣り上げてヒスミールにいる穏やかな心の者に渡す

穏やかな心の者:「魚の匂いがするわね。魚を持ってきたの?」

この魚で足りるか?

穏やかな心の者:「なんて素敵なの。あなたの寛大さに心が温かくなるわ。捌くのは任せてね。知ってた?私達は参加できない者にも魚を届けるの。老いた者、衰弱した者、貧窮した者・・・誰も飢えるべきじゃない」

魚介の宴を支援することができた。ブレダの所にもどり話をしよう

ブレダ:「シャドウフェンへの旅はどうだった?何か得るものがあった?」

ヒスミールで魚介の宴を支援してきた

ブレダ:「魚介の宴は、空腹が満たされる時に心が温まることを思い出させてくれる。とくにそのお腹が自分のではない時にね。そしてあなたが本当に必要としていたら?その時は・・・他人の小さな優しさが、生き延びることを助けてくれる」

以上で「魚介の宴」のストーリーは終了です

ストントゥースの強撃

タスク1:ベトニクのストントゥース要塞に移動する
ベトニクへはグレナンブラ地方のダガーフォールの街の港にいるギルジアという人物に話しかけると連れて行ってもらえます

タスク2:マトロン・ボルブガと話す
ベトニクについたらストントゥース要塞の中にいるマトロン・ボルブガに何をすればいいのか聞きます

タスク3:ストントゥースの新鮮な肉を集める
謎の肉はストントゥース要塞の外にいる狼から入手できます。1体から複数の肉を入手できるので3体程倒すと必要な数は集まります

タスク4:ベトニクのハチの巣を集める
ハチの巣は要塞の外にいる昆虫型の魔物のワスプを倒すと入手できます。1つだけでいいので倒すのも1体で大丈夫です

タスク5:食材をマトロン・ボルブガに届ける
新鮮な肉とハチの巣を入手したらマトロン・ボルブガの元へ戻り食材を渡します

タスク6:宴会に出された料理を食べ、感謝を表す
近くのテーブルと樽にあるベトニクのスパイクエール、ハチミツウルフパイ、ビターゴートチーズを試食します。全部食べ終わったら汚れたナプキンを使うと出るので使用するとゲップをし、感謝の証となります

タスク7:ブレダのもとに戻る
ストントゥースの強撃を祝うことができたら、イーストマーチにいるブレダに話しかけて報酬を貰います

ストーリー

ブレダ:「ベトニクのオークはストントゥースの強撃で祝う。絶え間ない宴でね。顔を繰り返し殴るわけではないけれど、まあ時には殴り合いもあるわね。マトロン・ボルブガは古い友人よ。ベトニクで彼女を探して!教えてくれるから」

ストントゥースの強撃を祝うには、ストントゥース要塞にいるマトロン・ボルブガに詳しく教えてもらわなければならない

マトロン・ボルブガ:「あなたは誰?なぜ私の時間を無駄にするの?」

ブレダからストントゥースの強撃を祝うために送られた

マトロン・ボルブガ:「あのマンモス婆さんはまだ元気なの?私達の若い頃の姿を見せたかったわね!ブレダの友人はクランの友人よ。さあ、自分の仕事をして。食糧庫を満たす手伝いをね!」

何をすればいい?

マトロン・ボルブガ:「新鮮な肉と蜂蜜の巣を持ってきて。それほど遠くまで行く必要はないよ。必要なものはすべてこの島にある」

ストントゥースの強撃を祝うにはいくつかの食材が必要なようだ。探して持ってこよう

マトロン・ボルブガ:「よかった戻ったのね。そろそろ肉が尽きそうだったのよ。何を持ってきたの?」

新鮮な肉と蜂蜜を手に入れてきた

マトロン・ボルブガ:「暖炉婦人ショルグはあなたが戻ってこないと言ったけど、あなたには狩人の魂がある。そうでなきゃブレダは送って寄越さないでしょう。ほら突っ立ってないで!どんどん食べて飲んで。なめられないようにショルグの顔へ盛大なゲップをするといいかもね」

ストントゥースの強撃を祝うにはマトロン・ボルブガの一族と宴会をする!すべての料理を食べ、感謝の印としてゲップをする。祝いが終わったらブレダの所へ戻ろう

ブレダ:「お帰りなさい!ベトニク島への旅は楽しめた?」

ストントゥースの強撃に参加してきた

ブレダ:「ベトニクのニュー・ライフの祝いの中心には、よい食べ物、よい飲み物、そしてよい時間がある。マトロン・ボルブガが、あなたに示せたことを嬉しく思うわ。若い頃にした冒険が懐かしい。話したいけど、あなたの耳が焼け落ちてしまうでしょうね」

以上で「ストントゥースの強撃」のストーリーは終了です

雪熊の飛び込み

タスク1:カブズ・ダンブルから水に飛び込む
イーストマーチのウィンドヘルムの街の港に行き(クエスト手中場所から北東)川に飛び込み、近くにある焚火で体を温めます。凍ったまま(画面に氷のエフェクト)だと移動が遅くなるので焚火を使ってから次の場所に向かいましょう

タスク2:ホーカーズ・ドロップから水に飛び込む
次はウィンドヘルムの街の出口にある橋から川に飛び込みます。ここでも近くに焚火があるので体を温めておきましょう

タスク3:デッドマンズ・フォールから水に飛びこむ
最後にウィンドヘルムから南西にあるデットマンズ・フォールに行き、今までと同じように川に飛び込んで焚火で体を温めます

タスク4:ブレダの所に戻る
イーストマーチの3か所から川に飛び込んだら、ブレダの所へ行き、雪熊の飛び込みが終わったことを伝え報酬を貰います

ストーリー

ブレダ:「ヨルグリム下層のノルドは人里離れた場所へ旅して下着姿で凍えそうな水に飛び込んで祝うの。あなたも雪熊の飛び込みをやってみて!すごく元気がでるから」

どうやればいいんだ?

ブレダ:「地図に印をつけておくわ。それぞれの場所へ行って、服を脱いで飛び込んで!終わったら焚火で体を温めて、他に飛び込んだ人と一緒に飲むの!」

雪熊の飛び込みを終えるには、イーストマーチの3か所から冷たい水に飛び込まなければならない。3か所で飛び込みが終わったらブレダに報告しよう

ブレダ:「元気そうね!体の端々が少し凍っているみたいだけど」

雪熊の飛び込みを終えた

ブレダ:「ええ、知ってる!あなたは輝いているわ。ヨルグリム下層では寒さがもたらすものを恐れないと証明するために、こうやって祝うの。冬の旅の終わりには温かい火と上質の蜂蜜酒、それと素晴らしい仲間がいる」

以上で「雪熊の飛び込み」のストーリーは終了です

溶岩の踏み鳴らし

タスク1:ダボンズ・ウォッチのウォッチハウス宿屋で踊る
旅の祠を使いストンフォール地方のダボンズ・ウォッチの街へ移動し街の中央付近にある宿屋に入ります。宿屋に入るとまばゆいピンを使うと出るのでボタンを押し踊ります

タスク2:ダボンズ・ウォッチのフィッシュスティンクで踊る
宿屋で踊ったら、外に出て街の東にあるフィッシュスティンクという酒場で同じように踊ります

タスク3:エボンハートの黒檀のフラスコで踊る
次は別の街のエボンハートに向かいます。同じストンフォール地方にあり、ダボンズ・ウォッチからは南西の方角になります。エボンハートについたら街の東にある黒檀のフラスコに入り、ダンスを踊ります

タスク4:エボンハートのフラールの家で踊る
今度はエボンハートの中央にあるフラールの家の下の階へ向かい、今までを同じようにまばゆいピンを使って踊ります

タスク5:ブレダの所に戻る
ストンフォール地方の4か所で踊ったら、ブレダの所へもどり報酬を貰いましょう

ストーリー

ブレダ:「とても短い間だけどエボンハートはダンスを違法にしたことがある。そしてダークエルフはすぐに溶岩の踏み鳴らしを考え出した。ブーツに炎が燃え移ったときに必要だからって理由でね。小さなピンを付けながら、酒場で練習したの」

どんな種類のピンだ?

ブレダ:「こんな感じのまばゆいピンが、互いに親しい仲間である事を示したの。今は参加のシンボルよ。溶岩の踏み鳴らしは自分で経験するのが一番。地図に印をつけるわね。さあ、出かけて踊ってきて!」

溶岩の踏み鳴らしを終えるにはストーンフォールにあるダボンズ・ウォッチとエボンハートで踊らなければならない。踊りが終わったらブレダに報告しよう

ブレダ:「ススの臭いがする!エボンハートから戻って来たの?」

溶岩の踏み鳴らしを終えた

ブレダ:「で、ストンフォールの陰気な土地で必要とされる楽しみをもたらしてくれたのね?それが溶岩の踏み鳴らしが毎年行われている理由よ。少なくともしばらくは、温かい気持ちが内から湧き上がる。近くの火山からじゃなくてね」

以上で「溶岩の踏み鳴らし」のストーリーは終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました