【ESO】クエスト「行為の証明」攻略

「戦士ギルドの地区長の評議会は、元ギルドマスターのジョフニール・アイスブレイドの死について調査するように命令した。この任務にはエリフが同行する事となった」

プリズムのコア」からストーリーが続いており、前ギルドマスターの命を奪った者が判明するストーリーとなっています

報酬のエリフのシャドウバンドはアクセサリーの指輪で武器ダメージ付呪と健康の特性が付いたユニーク装備です「エリフはエルスウェアの境にあるデューンの小さな店で、ある男の闇に包まれた秘密と引き換えにこの指輪を手に入れた」

クエスト名受注場所/人物報酬
「行為の証明」場所:戦士ギルド付近(戦士ギルドのレベル4以上)

ベラ・ムーアスミスから受注

究極のグリフ(スタミナ)

指輪:エリフのシャドウバンド

664ゴールド

スポンサーリンク

攻略

ダガーフォル・カバナントで攻略しているので行き先等が少し違いますがクエスト内容は同じです

タスク1:メリックと話す
メリックはアクリル砂漠地方にあるセンチネルの街の戦士ギルドにいます。アクリル砂漠へはストームヘブン地方のウィエレストの街から船で移動できます

タスク2:エリフと話す
エリフは戦士ギルドの屋上にいますので、そこへ向かい彼女と話をします

タスク3:ジョフニールの部屋を調べる
ジョフニールの家は戦士ギルドのすぐ西にある家です。家に入ったら魂石、ドワーフのギア、バックパック、ジョフニールの日記を調べます

タスク4:エリフと話す
ジョフニールの部屋を一通り調べ終わったら、エリフの所へ戻り、彼女と話します

タスク5:ラグンサールへ行くためエリフと会う
センチネルの街から南東にあるバーガマの街、そこからさらに東にあるオーガの崖にエリフはいます。バーガマの街にある戦士ギルドでケイリス武器庫軍曹、リウド司令、アキータからジョフニールについて聞くことができますので興味がある場合は話しかけてみましょう

タスク6:エリフと一緒にラグンサールへ行く
エリフとの話が終わるとラグンサールへ案内してくれるので後をついて行きます

タスク7:エリフと話す
ラグンサールに着いたらエリフと話をします

タスク8:ラグンサールに入る
ラグンサールの入口にいるエリフとの会話が終わると、彼女が入口の障壁を取り除いてくれるので中に入れるようになります

タスク9:ラグンサールで手掛かりを調べる
ラグンサールの内部は狭く、道も一本道です。遺跡の最奥へ向うと何かの儀式のサークルがあるのでそこへ近づきます

タスク10:エリフと話す
儀式のサークルに近づくと、障壁が現れて近付けなくなるので、エリフに相談します

タスク11:クリスタルを破壊する
障壁は4つのクリスタルから力をもらっており、それをエリフが抑えてくれるのでいそいで、4つのクリスタルを破壊します。間に合わなければもう一度挑戦できます

タスク12:遺体を調べる
クリスタルを破壊すると障壁は取り除かれ、サークルの遺体を調べる事ができるようになります

タスク13:罠を切り抜ける
遺体を調べると数体のドワーフ・スパイダーとドワーフ・スフィアが攻撃してくるので撃退しましょう。最後にオーロランの魔闘士が出てくるのこれも倒します

タスク14:エリフと話す
罠を切り抜けたらエリフと話します

タスク15:ジョフニール・アイスブレイドの証言を目撃する
エリフがジョフニールを呼び出し、彼の死の真相を聞き出すので、それを一緒に聞きます

タスク16:エリフと話す
ジョフニールの話を聞いたら、エリフに次はどうするのかを聞きます

タスク17:メリック・アトアスワラと話す
エリフとの話が終わったら、センチネルの戦士ギルドに戻り、メリックに今までのことを報告します。以上でクエスト「行為の証明」はクリアです

関連クエスト

関連クエスト概要
プリズムのコア「行為の証明」を受注するためにクリアする必要があるクエストです
評議会の意思「行為の証明」からストーリーが続いているクエストです

関連資料

ジョフニールの日記
ジョフニールの日記

ストーリー

ベラ・ムーアスミス:「伝言があるわ。ギルドがその才能を必要としているの」

何の用件だ?

ベラ・ムーアスミス:「メリック・アトアスワラから伝言がある。できるだけすぐに会いたいそうよ。ギルドマスター・アイスブレイドの死について調査が開始されたの」

彼はどこにいる?

ベラ・ムーアスミス:「彼はセンチネルで地区長の評議会を招集した。そこのホールにいるはずよ」

彼は他に何か言っていたか?

ベラ・ムーアスミス:「いいえ、ただ・・・評議会の調査について色々な噂があってね。年長の連中は、ジョフニールが亡くなった事であらゆる色を見る者が得をしたと考えている。聞いた限り、彼女は会合に来ていなかった」

できるだけ早くセンチネルに向かい、メリックと話をしなくては

メリック・アトアスワラ:「また会えて嬉しいよ」

何が起こっている?ここにいる彼らは何者だ?

メリック・アトアスワラ:「これは地区長の評議会だ。彼らはギルドマスターの指示の元、ギルドを運営している。そして、とても心配している。私はジョフニールの亡霊と、アースフォージの襲撃について話したんだ」

何か決まったのか?

メリック・アトアスワラ:「我々は・・・評議会はジョフニールの死についてもっと調査する必要があると思っている。お前はエリフの力を借りて、評議会の目と耳になるんだ。彼女は外の空気を吸いに行った。もっと詳しいことは彼女に聞いてくれ」

分かった

メリック・アトアスワラ:「真相に辿り着けるのは、お前とエリフしかいない。エリフは外の空気を吸いに屋上に上がっている。ステンダールが歩みをお守りくださいますように」

地区長の評議会についてもっと教えて教えてくれないか?

メリック・アトアスワラ:「タムリエルを旅している時に、評議会の者と会ったことがあると思う。彼らは以前の帝国の各地を代表する者だ。ギルドマスターのために事業を管理している。ステンダールの加護によってね・・・ただ・・・」

どうした?

メリック・アトアスワラ:「これを全体だとは思わないでくれ。スカイリム、ハイロック、エルスウェア、ヴァレンウッド、シロディール・・・帝国全てとは言い難い。この数年で、多くの地区長を失った。ジョフニールが亡くなってから去った者もいる」

この前話してから何かあったか?

メリック・アトアスワラ:「武器の鍛造は終わった。デイドラの攻撃でアースフォージが受けた損傷は修復した。だがコアはまだ終わっていない。陰謀に対処していたからな」

ジョフニールは?

メリック・アトアスワラ:「エリフが魔術師ギルドに連絡を取った。彼の霊魂を呼び出して話そうとしたらしいが、失敗した。エリフが言うには、何かが我々との交信を妨げたらしい。私にはよく分からないが、彼女は詳しいようだ」

あらゆる色を見る者はごこにいる?

メリック・アトアスワラ:「それを知りたい。私は彼女にステンダールの加護を願っているが、評議会は同意していない。彼女はフォージが攻撃された後、部屋から姿を消した。彼女を探すため、一般のメンバーにも呼びかけている」

一連の事態は彼女の仕業だと思うか?

メリック・アトアスワラ:「いや、思わない。だが、これは少数意見だ。エリフもすでに決心を固めている。彼女はあらゆる色を見る者が攻撃を命令したと思っているだけでなく、ジョフニールの命を奪ったのがあらゆる色を見る者だと一部の評議会のメンバーに納得させたんだ!くそ!」

エリフの所へ行き、話を聞いてくる

エリフ:「メリックと話したのね?評議会を見てきた?行動を起こす時がきたわ」

会えてよかった、エリフ

エリフ:「この者は謝るわ。行動を促そうとしていた時もあった。やっと・・・ああ。ジョフニールの死を調査する任務があるのね?始めましょう」

何をすればいい?

エリフ:「ジョフニールの部屋は近くよ。エリフは我々が着くまで、そこに誰も入ってはいけないと指示を出した。ここを見張っているわ。ジョフニールの部屋を調査して。前進させてくれるようなものをね」

何か見つけたら知らせる

エリフ:「エリフは彼女が信頼できると知っている」

なぜ評議長やメリックと一緒にいない?

エリフ:「意見が多すぎるその全てが重要で、耳を傾けられていた。彼らはこの謎が今すぐ解決されることを望んでいる。彼らは戦闘、つまり直接的な行動に慣れている。考える事は、彼らの頭を傷つける」

エリフは違うのか?

エリフ:「ええ、エリフはもう気づいていると期待していた。この者は戦いも好き。戦闘のスリルが大好きよ。でも厄介な謎、巧妙な錠、森の中で辿る小道は、剣で殴り合うのと同じくらい面白いわ」

ジョフニールはどうやって亡くなったんだ?

エリフ:「この者たちは彼を部屋で見つけた。永遠の眠り。それはまったく突然だった。でもその時、この者たちはそのことを何とも思わなかった。ジョフニールは歳を取っていた。遅かれ早かれ、素早い剣の一撃が彼を休ませたでしょう」

戦闘の形跡はなかったのか?

エリフ:「ないわ。確かに鈍かったけど、戦わずに彼はどこかに行かないでしょう。そう、ソブンガルデ。彼が戦わずにソブンガルデに行くとは思えない」

ジョフニールの家で何を探せばいい?

エリフ:「何でも手掛かりになる。何か場違いなもの、場所や人物に関係するもの。この者たちは、彼の死はちょっとした偶然だったと考えていた。だから捜索するべきだと気づかなかった」

ジョフニールの部屋へ行って何かないか調べてみる

ジョフニールの私室を調べていると、ラグンサールと呼ばれる場所について触れている日記が見つかった。エリフの元へ戻って報告しよう

エリフ:「あなたは何を見つけたの?」

ジョフニールはラグンサールと呼ばれる場所を訪れ、誰かと会ったと日記に記されていた

エリフ:「興味深い、実に興味深い。ラグンサールはドワーフの遺跡よ。彼がなぜ・・・?この者たちもそこへ行きましょう。もっと情報を掴めるかもしれない」

部屋には魂石と宝石の欠片があった

エリフ:「エリフは本当に驚いている。ギルドマスターの魔法の能力は、特に遅い馬並みだった。彼はあの遺跡で何をしていたの?」

他にもドゥエマーの遺物が何個かあった

エリフ:「遺物?ジョフニールは書記でも何でもなかった。彼はこの者が会った大半のノルドと同じよ。戦鎚で物事を考える外交官。ギルドはそのせいでいくつか契約を失ったけど、メンバーは彼を愛した」

バーガマに向かおう。そこに寄ったと日記に書かれている

エリフ:「良い考えね!ギルドホールの誰かが、そこで彼を見かけたかもしれない。この者はバーガマで質問するよう提案する。エリフはいろいろ準備をしないといけないから、近くで合流する」

どこで会えばいい?

エリフ:「バーガマの近くにオアシスがある。オーガの崖。オーガの崖はハロード荒野にあるバーガマの東よ。ここからアリクルの南の境界を辿ればいい。橋が見えてくるはず。この者は西で待つわ。エリフとそこで合流しましょう。そこから一緒にラグンサールへ向かえる」

分かった、エリフ。先にバーガマに立ち寄ってジョフニールを見てないか聞いてからそちらへ向かう

バーガマに辿り着いた。戦士ギルドのメンバーにジョフニールを見なかったか聞いてみよう

ケイリス武器庫軍曹:「割れたデイドラの頭蓋骨を探しているの?それならここにあるわよ」

ギルドマスターのジョフニールをここで見たか?

ケイリス武器庫軍曹:「ええ、亡くなるまでの数か月の間に何度か来ていたわ。いつも酷い所を通ってきた後みたいに、汚い格好でブーツみたいな臭いをさせていた。どうしたのか聞いたことはないけど、彼も言うつもりはなかったみたい」

そうか、ありがとう

ケイリス武器庫軍曹:「気をつけて。タムリエルは不安定になっている。信頼できるのは良い武器だけよ」

リウド司令:「会えて嬉しい。我々はもう昔ほどの人数ではない、剣で生きるってのはこんなものだ」

ギルドマスターのジョフニールをここで見たか?

リウド司令:「もちろん。彼がここにいたのを覚えている!だが何をしていたのかは知らない。アキータと何度か話をしていた。彼がまだここにいれば、この任務についてどう思うか聞いてみたい。評議会は完全に分裂してしまったからな・・・」

それはどういう意味だ?

リウド司令:「ああ、知っているだろ。ギルドがやってきたのはいつも簡潔で単純な任務だ。仕事をして、それで終わり、がモットーだった。そこにこの長期の任務だ。アンカーだぞ?報酬はいいが、大きな変わりようだ。皆が好む訳ではない。それだけだ」

ありがとう、リウド

アキータ:「ホールヘようこそ!アンカーとの戦いについて、良い話があるみたいね」

実は、前ギルドマスターについて質問に来た。ここでジョフニールを見かけなかったか?

アキータ:「ええ、見たわよ。何回か彼に物資を用意したわ。彼はあの古くて変なドゥエマーの遺跡、ラグンサールに向かうと言っていた。すでに魔術師たちがそこをもぬけの殻にしたって何度も伝えたんだけど、しきりに行く必要があるって」

魔術師ギルドはどういう理由で探索したんだ?

アキータ:「ああ、研究とかよ。ラグンサールは・・・変なところよ。独特ともいえるわ。あのね、どこにあるのか、誰にも分からないのよ。物理的にね。この近くに入口があるわよね?だけど、魔術師たちが言うには扉を通るのは何かの・・・ええと」

何だ?

アキータ:「そう!時間・・・時間空間的な跛行、だっけ。確か彼らはそう呼んでいた。とにかく、遺跡の中は時間と空間がごっそりかき出されているのよ。タムリエル中にあの場所への入口がある。だけど、本当はどこにあるのか誰にも分からない」

彼はそこへ行く理由を言ってなかったか?

アキータ:「彼は誰かに会うと言っていた。どこか安全な場所で会わなければいけないって。話し合う内容がとても重要だったみたいね。そのため、ジョフニールがあの古くて変な場所に行ったんだと思う」

時間を取ってくれてありがとう

バーガマにいる戦士ギルドのメンバーからジョフニールに関しての情報を得る事ができた。エリフと待ち合わせしている場所へ急ごう

エリフ:「ようこそ!この者は事態が動くことを心配している。もし準備ができているなら、エリフがラグンサールまで案内するわ」

案内してくれエリフ

エリフ:「行くわよ、遅れないでついてきてね?」

エリフがラグンサールまで案内してくれる。遅れないようについて行こう

エリフ:「ラグンサールの空気を早く味わいたいわ。ジョフニールは亡くなる直前に古いドゥエマーの遺跡を訪ねた。偶然じゃない。そして今ギルドは公然とデイドラ公に敵対している!危険、危険よ。ギルドをそんな力にぶつけるなんて、バカげてる。ギルドがゴブリンや山賊と戦っていた日を覚えてる。小さな仕事。仕事をして、それで終わり、でしょ?もうすぐ。気を引き締めて」

ラグンサールの入口に到着した。エリフに次は何をするのか聞いてみる

エリフ:「ラグンサールへようこそ。ここの障壁はこれを建てた者の遺物ね。何かとても・・・奇妙なことをこの場所でしたのね」

何をしたというのだ?

エリフ:「ラグンサールは空間が捻じ曲げられている。この入口を使えば入れる。だけど、本当はここにない。理解できる?幸いにも、エリフは準備している。この者は扉に焦点を合わせられる。それで中に入れる」

どうすればいい?

エリフ:「エリフは旅の中で、色々な技を学んだ。魔術師、デイドラやアンデッドと戦ったことがある。ウェアウルフとも。この者はモンスターを狩る時、何かを学ばずにはいられない」

お先にどうぞ

エリフ:「ギアの音・・・気をつけて!」

エリフはラグンサールへの入口を阻んでいた障壁を停止させた。彼女は先にドワーフの遺跡に入って行った。追いかけよう

エリフ:「この遺跡が答えをもたらすに違いない。エリフは分かっている」

何を探す?

エリフ:「ジョフニールの死を説明してくれるようなものよ。エリフは、彼が亡くなる前にここに来たのは偶然じゃないと確信している。この遺跡のどこかで、手がかりを見つけましょう」

ここでジョフニールが何をしていたのかを探るため、遺跡を探索する

遺跡の奥で儀式のサークル内に置かれた遺体を発見した。調べようとすると何らかの魔法のシールドが起動したようだ。エリフと相談してみよう

エリフ:「素晴らしい戦術ね・・・大丈夫?傷つけられた?」

大丈夫だが、何が起きている?

エリフ:「防護の障壁よ。中に何かある。エリフはここに強い力を感じる。恐ろしい。しかし、この者は無効にする呪文を知っている」

破壊できるのか?

エリフ:「あなたの援助があればね。エリフはクリスタルを抑える。その間にあなたが破壊して。この呪文は負担が大きい。エリフはあまり長く維持できない。時間は限られている。急いで」

もう一度整理させてくれないか

エリフ:「周囲にある4つのクリスタルが障壁に力を与えている。エリフは呪文を唱える。あなたは4つのクリスタルに走って行って全て破壊する。そうすれば障壁は消える」

分かった、準備はいいぞ

エリフは呪文を唱え始めた。彼女がクリスタルの力を抑えている間に、障壁に力を与えている4つのクリスタルを破壊する

エリフ:「さあ!クリスタルを破壊するのよ・・・よし、これで遺体を調べれられる」

障壁は消えた。儀式のサークルにある遺体を調べてみる。遺体の胸骨に戦士ギルドの記章が挟まっていた。記章を手に取ると何かの音が聞こえた

エリフ:「どうも・・・まずい感じね」

この音は罠の起動音だったようだ。ドワーフのオートマトンがこちらに攻撃を仕掛けて来た

エリフ:「オーロラン?ここに?」

ドワーフのオートマトンを倒した。オートマトンではない最後に出てきた武装した生物についてエリフに聞いてみる

エリフ:「エリフはともに戦えて喜んでいるわ」

あの武装した生物は何だ?

エリフ:「オーロランと呼ばれている。デイドラの変種だと思う。エリフは前に一度だけ見たことがある。記憶が正しければ、彼らは忠誠を誓うかどうか慎重に判断する。ここで見られるなんて珍しい」

そうか。それとさっき調べた遺体がギルドの記章を持っていた

エリフ:「エリフに見せて・・・これはジョフニールのものよ!彼の遺体がここに?でもなぜ?彼はイーストマーチの家の近くに埋葬されたはずよ」

遺体の周囲に障壁がある

エリフ:「この者たちが触れないようにね。でも、もしかして彼を閉じ込めるため?エリフはエセリウスからジョフニールの霊魂を召喚しようとした。でも無理だった。もしかして、今なら・・・エリフに考えがある」

何だ?

エリフ:「障壁がなくなれば、彼と直接話せるかもしれない。この者は接触する方法を知っている。遺体がこれだけ近ければ、エリフはこの場所にジョフニールの霊魂を引き寄せられる。どう?答えを聞く準備はできている?」

準備はできている

エリフ:「ジョフニールの霊魂を見たのは、いつも一瞬だけだった。この者が彼を呼び出そう。彼と話して。誰が彼の命を奪ったのかきくのよ」

できるのか?

エリフ:「エリフが言ったように、この者には力がある。向こうの世界と繋がる魔法の贈り物。霊魂をここへ引き出すために使う。そうしたら分かる。いい?始めるわよ」

ジョフニール・アイスブレイド:「誰が呼び出した?」

エリフ:「黙れ、霊魂め。エリフが質問する」

ジョフニール・アイスブレイド:「何を知りたい?できるだけ答えよう」

エリフ:「お前の命を奪った者の名が知りたい。誰にやられたのジョフニール?」

ジョフニール・アイスブレイド:「アルゴニアン。部下のあらゆる色を見る者だ」

エリフ:「やはり思っていた通りね。立ち去れ、霊魂よ。エリフの用は済んだ」

ジョフニール・アイスブレイド:「答えてやったのだ。ソブンガルデに行かせてくれ」

エリフ:「去れ。エリフがまたすぐに呼ぶでしょう」

エリフはジョフニール・アイスブレイドの霊魂を召喚し、彼は自分の命を奪ったのはあらゆる色を見る者だと明かした。エリフと話そう

エリフ:「ジョフニールの話を聞いたわね。あらゆる色を見る者、彼女がジョフニールの命を奪った」

信じられない

エリフ:「あなたにとってはね。この者はずっと疑っていた。ギルドマスターになったのはトカゲだった。この者たちを聖戦に行かせたのもトカゲだった。エリフは怪しさを嗅ぎ取っていた」

それで、どうする?

エリフ:「メリックと評議会を探しなさい。彼らはセンチネルのギルドホールで議論しているはずよ。このことを知らせなければいけない。彼らはあなたの言葉を聞くでしょう。エリフはここに残って、もっと手がかりを探す」

センチネルのギルドホールに喉り、評議長とメリックに今ここで起こった事を伝えよう

メリック・アトアスワラ:「どんな知らせを持っているんだ?」

残念だが、メリック。あらゆる色を見る者はジョフニール・アイスブレイドの命を奪った

メリック・アトアスワラ:「そんなことは考えたくなかったが、お前がアイレイドの遺跡に行った後、あらゆる色を見る者は姿を消した・・・友よ、証拠は何だ?評議会には確実な証拠が必要だ」

エリフがラグンサールでジョフニールの霊魂を呼び出した

メリック・アトアスワラ:「エリフが何をしたって?ステンダールの息にかけて、最悪だな。彼女が戻ったら話さなければ・だが・・・これで問題の答えが出たようだ。オブリビオンにはトカゲと猫の両方を連れて行くんだ!」

次はどうする?

メリック・アトアスワラ:「あらゆる色を見る者はいずれ発見され、投獄される。連絡は取り合おう。時が来たら、お前が必要になる。それでは・・・」

以上で「行為の証明」のストーリーは終了し、「評議会の意思」へと続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました