ブレスト マクロの使い方

ブレイドストーリー(ブレスト)マクロの使い方です。ブレストマクロを使用することでステージ、イベント、闘技場の周回が可能となります。イベントバナーの画像とイベントのクエスト画像はイベントごとに画像を撮りなおしてください

アカウント停止などの処置を受けた場合でも当サイトは責任を負いませんので使用は自己責任でお願いします。以上のことを了解した方のみ見て下さい

使用環境はWindows10を想定しています。それ以外の場合はマウス操作で動くマクロしか使えない場合があります(クリックの度にマウスを取られます)。Windows10の場合はマウスを使用しない裏マクロを使う事でPCを操作できます

Nox用しか用意していません。「BlueStacks」には未対応ですが要望があれば追加します

テストのためバレンタインイベントが始まってからほぼ毎日24時間稼働させていましたが、課金アイテム無しでアイテムをほぼ全て交換できて、ランキングイベントの上位にも入れます(ギルドにスカウトされて気が付きました)。その辺が面倒な方は使い過ぎに注意してください

順を追って説明しますが、分からない、動かない、エラーが出る等ありましたらコメントか「お問い合わせ」より連絡いただければ、私の分かる範囲で修正、回答いたします

v.1.03以降は4.再起動の設定、4.1.バッチファイルの設定、4.2.バッチファイルの動作確認の必要はありませんので読み飛ばしてください(マウス版の再起動設定はなくなりました)

マクロを使用するには「UWSC」が必須なので持っていない方は下記のサイト等からダウンロードして適当な場所に解凍してください

UWSCの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
Windows操作の自動化

ブレストマクロ更新情報

マクロが更新され新しいマクロファイルをダウンロードしたら、今まで使っていた画像ファイルを新しくダウンロードした最新版に上書き保存してください。こうすることで画像を撮りなおす必要がなくなります。マクロは基本的に最新版しか公開していません。以前ダウンロードして過去のバージョンが必要な場合はご自身のPCに残しておいてください

ブレストマクロを購入済みの方で最新版のダウンロードする場合は「ログイン」した状態で「購入履歴」からダウンロードをお願いします

ブレストマクロv1.03

再起動の設定を簡易化しました。(マウス用の再起動はできなくなります)他に修正はありません

ブレストマクロv1.04(最新版)

マウス用の再起動もできるように修正しました

クエストの途中で落ちた場合に復帰できるように「はい.bmp」の画像を追加しました。クエスト中に一度アプリを落とし、復帰した時に出てくる「はい」のボタンの画像を撮ってください

再起動確認用.uwsのファイルを追加しました。uwsc.exeに登録して、アプリを起動した状態で使用すると再起動が上手くいくかを前もって確認することができます。使用した時の動作はアプリを終了し、再度立ち上げ、タイトル画面で終了します(実際のマクロに組み込んでいるものはその後周回を開始します)

ブレストマクロv1.05(最新版)

イベントクエストを選択する時のスクロールの挙動が安定していなかった不具合を修正しました。

上記不具合に伴い新たに「イベント確認.uws」の画像を追加していますので、画像の取得をお願いします

下記画像の赤丸で囲んでいる部分の画像です

ブレストマクロで最初にやる事

ダウンロードしたらzipフォルダを解凍してください。必須ではないですが、動かない等のトラブル回避のため解凍場所はUWSC.exeがあるフォルダ内をお勧めします。違う場所に解凍して動かない場合はUWSC.exeをコピーして使用するマクロフォルダ内に貼り付けてください。一例として私のフォルダ構造は「D:\uwsc5302」という風になっています。uwsc5302は自分でフォルダを作り、その中にUWSC.exeとブレストマクロのフォルダを入れています。同じフォルダ構造にしていただくと後々の設定が楽になります。下記は参考画像です

uwscとマクロのフォルダ構造

マクロを解凍したらadbまでのシステム環境パスを通します。「Noxplayer」の場合は「Nox\bin」までのファルダのフルパスをシステム環境パスに追加します。これはマウス用のみを使用する場合は読み飛ばしてくれて大丈夫です(マウス版の場合はフリーズ対策なしとなるので注意してください)。パスの通し方が分からない場合は下記の記事を参考にしてみて下さい

システム環境パスの通し方
システム環境パスを通し方です。私のサイトで取り扱うことが多い、「Noxplayer」と「BlueStacks」のadbまでのパスの通し方を例として説明します コントロールパネルを開きシステムをセキュリティを選び、次にシステムを...

UWSCにマクロを登録する方法

使いまわし画像なので別ゲーのマクロになっていますが、やり方は変わりません

uwscマクロ

まずはUWSCをクリックしてランチメニューの設定を選びます。するとスクリプト登録というウインドウが出るので、空いている番号の長方形のボタンをクリックします

次にスプリクト設定の画面が出てくるのでスプリクトファイルにチェックを入れタイトルを入力します。これは自分が分かりやすい名前にしておきます

次にスクリプトの右端にある…を押します。するとフォルダが開くのでマクロファイルが入っている場所まで移動して「ブレストマクロ.uws」を選びます。最後にOKを押したら終了ですが、同時起動でマクロを複数使う場合だけ別プロセスで実行にチェックを入れて下さい。同時起動でもマクロを1つしか使わない場合や、同時起動しない場合はチェックの必要はありません

同じようにして今度は「画像認識確認用.uws」を登録します。これは常時使うものではないですが、自分で撮った画像を認識するためや、座標を調べるのに必要なので登録してください。「画像認識確認用.uws」は別プロセスで実行にチェックは必要ないです。(闘技場もマクロで動かす場合は闘:画像認識確認用.uwsも登録してください)

フォルダの中には他にも.uwsファイルがありますが、使うのは上記の種類だけです(他ファイルは部品なので消さないでください

NoxPlayerの設定

「NoxPlayer」の性能設定の項目で解像度の設定を携帯電話、540×960にしてください。ウィンドウサイズを手動で変えた場合はウィンドウのサイズを復元するボタンで元に戻してください

以上の設定だとクリックのずれは無いと思いますがクリックがずれる場合はコメントか「お問い合わせ」より連絡ください

ブレストの画像を撮る

元々フォルダに入っている画像は私の環境で撮っているものです。そのままだと使えない可能性が大きいので必要に応じてご自身の環境で画像を撮りなおしてください。そのまま使えるかどうかは対象の画像が出ている画面で画像認識確認用.uwsを起動するとわかります。また撮りなおす前にファイル名を変えてしまった時などのために違うフォルダに元の画像を全部残しておいてください(画像判定が終われば必要なくなります)

画像を保存する際は「24ビットビットマップ.bmp」形式で名前を変更せずに該当の画像を上書き保存してください

画像をトリミングする時はなるべく背景が入らないようにトリミングしてください

「new.bmp」「clear.bmp」はクエスト画面の物を撮ってください。ステージを全てクリア済みでnewが無い場合はそのままで、ストーリークエストが追加された時に撮ってください

「イベント.bmp」のイベントはホーム画面ではなく、ホーム→クエストを選択した時に右上に出てくる青背景で金文字のイベントを撮ってください(ホーム画面のイベントには対応させていません)

「イベント確認.bmp」は下記画像の赤丸部分、イベントクエスト選択時の画面のものを取得して下さい

他の画像の内容はファイル名と見た目で分かると思います。分からなければコメントで連絡お願いします

画像ファイルの前に「闘:」とついているものは闘技場専用の画像です。闘技場をマクロでプレイしない場合は画像を撮る必要はありません(画像ファイルは消さないでください)

新たに保存した画像は「画像認識確認用.uws」を使って認識するか試してください。画像認識はメッセージボックスの「もう一度画像認識を行いますか」ではいを押すと再度が画面内の認証を行います。画面を切り替えながら連続で確認することもできます(下の動画のような感じです。使いまわしなので別ゲーです)。注意点として「画像認識確認用.uws」を使用中に新しく画像を撮りなおした場合は一度終了してから再度起動してください。(キャッシュが残っているため)

 

ブレストマクロの設定

設定は全て「設定.uws」で行います。ブレストマクロをダウンロードし解凍すると中に「Nox用」「Noxマウス用」というフォルダが入っており、中に構成ファイル等が入っています。その中の「設定.uws」を開いて下さい

有料版はソースコードが見える状態なので設定以外のファイルを直接編集や、追加してくれても大丈夫です

設定は基本的に「PUBLIC 〇〇 = □□」となっている□□の部分の数字を変えるか、文字を変えるかだけなので難しくはないですが、4.再起動の設定だけ別のファイルを使用します

1.デバイス番号の貼り付け

この設定は「設定.uws」の3、4行目になります。ブレストマクロを使いながらエミュで別のゲームをしたい場合(同時起動)に設定します。エミュを同時起動しない場合とマウス用の場合は関係ないので読み飛ばしてくれて大丈夫です

ブレストのマクロ+別のゲームを自分でプレイ

まずはマクロを使用するエミュを立ち上げた状態でコマンドプロンプトを立ち上げてnoxの場合は「adb devices」、BlueStacksの場合は「HD-adb devices」と入力してEnterを押します(「」の中をコピーして貼り付けてください)

下記の画面の赤く塗りつぶしている部分にデバイス番号が出てくるのでコピーして「設定.uws」の4行目にある「PUBLIC dn = “ここにデバイス番号を貼り付け”」の””の中に貼り付けます。””は消さないように注意してください。これでデバイス番号の設定は完了です

デバイス番号の確認のやり方

2.複数のエミュを使う場合

この設定は「設定.uws」の7、8行目になります。同時起動しない場合とマウス用の場合は読み飛ばしてください

「設定.uws」の8行目にある「PUBLIC ch = 0」を「PUBLIC ch = 1」に変えて下さい。数字を変えるだけです。これで複数のエミュを使う設定は完了です

3.エミュレーターの名前

この設定は「設定.uws」の11、12行目になります。自分の使用しているエミュレーターの名前を入力します。基本的には部分一致でOKですが同じエミュを同時起動してマクロも同時に動かす場合とマウス用の場合は完全一致の名前を入力して下さい

エミュレーターの名前はマルチインスタンスマネージャーで確認できます(画像は使いまわしなのでBlueStacksが映っていますが対応していません)

エミュレータの番号と名前の確認方法

「設定.uws」の12行目にある「PUBLIC wid = getid(“Noxplayer3”) 」の””で囲っている部分を変更します。(””は消さないように注意ください)例として画像のNoxplayer2でマクロを使用したい場合は「PUBLIC wid = getid(“Noxplayer2”) 」とします。これででエミュレーターの名前の設定は完了です

4.再起動用の設定

v.1.03以降はこの設定は必要ありません。読み飛ばしてください。この設定は「設定.uws」の15、16行目になります。フリーズ、アプリ落ちなどの設定です。今までに比べて若干面倒ですが基本的にはコピペ作業で終わります

12行目の「PUBLIC dc = “D:\uwsc5302\ブレストマクロv1.01\Nox用\Nox再起動.bat”」の””の中の\Nox再起動.batの前の部分(青部分です)を自分の環境に合わせて変える必要があります。(同じ場合はそのままでいいです)

使用するマクロのフォルダまで移動してフルパスをコピーします。次にに\Nox再起動.batの前に貼り付けてください(上記の青部分です)

再起動の説明画像

4.1バッチファイルの設定

v.1.03以降はこの設定は必要ありません。読み飛ばしてください。「設定.uws」の再起動の設定はこれで完了ですが、次は「Nox再起動.bat」を編集する必要があるので、自分が使用するマクロのフォルダにある「Nox再起動.bat」を右クリック→編集で開いて下さい(ダブルクリックだとバッチファイルが起動します)。ファイルを開くと下のようになっています。

  1. Nox.exe -clone:Nox_3 -quit
  2. timeout /T 5 /nobreak
  3. start “” “D:\Program Files(x86)\Nox\Nox\bin\Nox.exe” -clone:Nox_3 -package:jp.bdst
  4. timeout /T 30 /nobreak
  5. “D:\uwsc5302\UWSC.exe” “D:\uwsc5302\ブレストマクロv1.01\Nox\ブレストマクロ.uws”

1行目の「Nox.exe -clone:Nox_3 -quit」の「3」を自分が使用するエミュの番号に変えて下さい。エミュの番号は下記画像の赤枠部分です。例としてNoxplayer2で使用する場合は「Nox.exe -clone:Nox_2 -quit」となります

エミュレータの番号と名前の確認方法

2行目は触る必要がありません

3行目の「start “” “D:\Program Files(x86)\Nox\Nox\bin\Nox.exe” -clone:Nox_3 -package:jp.bdst」青部分を変更します。Nox_3 -package:の部分は3と-の間に半角スペースがあるので注意してください。同様にstart “” “D:\の”start “”の後ろにも半角スペースがあるので注意してください

青部分を自分の環境に合わせて変更するのですがデスクトップにあるショートカットを使えば簡単にできます。(ショートカットを作っていない場合はマルチインスタンスマネージャーからショートカットを作成してください)

ショートカットのプロパティを開くとリンク先があるのでそれをコピーして最初に出てきた青部分“D:\Program Files(x86)\Nox\Nox\bin\Nox.exe” -clone:Nox_3に貼り付けします。半角スペースを潰さないように注意してください(下記の画像は使いまわしなので別ゲーになっています)

再起動の説明1

5行目も触る必要がありません

6行目の「”D:\uwsc5302\UWSC.exe” “D:\uwsc5302\ブレストマクロv1.01\\Nox用\ブレストマクロ.uws”」を自分の環境に合わせて変更します。青部分はUWSC.exeがあるフォルダのフルパス(青部分以降の\UWSC.exeは変更する必要はありません)、黄色部分はブレストマクロ.uwsがあるフォルダのフルパス(黄色部分以降の\ブレストマクロ.uwsは変更する必要はありません)を入力します

例としてUWSC.exeがC\program Files、ブレストマクロ.uwsがC\program Files¥ブレストマクロv1.01\Nox用にある場合で説明すると「”C\program Files\UWSC.exe” “C\program Files¥ブレストマクロv1.01\Nox用\ブレストマクロ.uws”」となります

これでNoxの再起動設定は終わりですが、動作確認のため4.3バッチファイルの動作確認を読んでください

4.3バッチファイルの動作確認

v.1.03以降はこの設定は必要ありません。読み飛ばしてください。これで再起動の設定は終了です。実際にマクロを使うエミュを起動して、自分が使用するマクロフォルダにある「Nox再起動.bat」をダブルクリックしてください

コマンドプロンプトが自動で立ち上がり、起動しているエミュが終了します。5秒間のカウントダウンの後に先程起動していたエミュを起動し、アプリも起動します。この間30秒のカウントダウンがあり、最後にマクロファイルが立ち上がります。アプリが無事に起動してUWSCのログが出てきたら成功です

もし上記の状態にならない場合はどこかでミスをしている可能性があります。原因を調べてみて下さい(ファイルまでのパスが間違っていないか等)。どうしても分からない場合は「お問い合わせ」より連絡ください。(コメントだと不特定多数の方がフォルダのパス等を見れてしまうため)

5.ステージ周回の設定

「設定.uws」の19、20行目になります

この設定でブレストマクロのステージ、イベント、闘技場のどれを周回するか設定できます

ステージを周回したい場合は20行目にある「PUBLIC sk = 〇」を「PUBLIC sk = 1」にイベントを周回したい場合は「PUBLIC sk = 2」に闘技場を周回したい場合は「PUBLIC sk = 3」に変更します。変更するのは数字のみです

6.ステージの自動進行

「設定.uws」の23、24行目になります

「設定.uws」の24行目が「PUBLIC stz = 0」だと自動進行無しでクリア済みのステージを周回します。「PUBLIC stz = 1」だと自動でストーリーを進行します。(進めるステージが無い場合はクリア済みのステージを周回します)。変更は数字を変えるだけです

7.イベント用の設定

「設定.uws」の27~31行目になります

イベント時のクエストで画面をスクロールしないとクエストが選択できない場合はここでスクロールするように変更できます。(下の画像のように周回したいクエストが見えない場合)初期の画面内にクエストがある場合は変更する必要がありません

ブレストマクロの説明2

変更する場合は31行目の「PUBLIC sy2 = 200」の200を-400~-900の値に変更してください(基本的に28~30行目は変更しなくても大丈夫です)

例として「PUBLIC sy2 = -900」とすると大体一番下までスクロールします

8.フリーズ対策用の設定

「設定.uws」の45~49行目になります

基本的に触らなくてもいいですが、フリーズ判定の時間を変えたい場合は48行目の「PUBLIC fz = 300」の300の数字を変えて下さい(大雑把に1は1秒です)初期値は300秒(5分)画像が見つからない状態だと再起動をかけます

ブレストマクロの使い方

設定が終わったらマクロが使えるので簡単に使い方を説明します。このゲーム自体を私があまりプレイしておらず依頼されて作ったものなので説明不足の点があるかもしれまん…特にイベントに関してはマクロ作成時のイベントを基準に説明しているので別のイベントだと違うかもしれません(その時はマクロファイルを修正します)

ステージ周回マクロの使い方

ステージ周回の場合は設定.uwsの20行目を「PUBLIC sk = 1」にします

ステージの周回マクロはホーム画面の他、ステージを選択した状態、戦闘中、戦闘後にマクロを開始しても動いてくれます

ステージの方は自動進行に設定していても新しいクエストが無くても動きますのでそれ程気にせずに済みます

イベント周回マクロの使い方

イベント周回の場合は設定.uwsの20行目を「PUBLIC sk = 2」にします

イベント周回マクロはクエストで必要なアイテムがなくなったら、マクロは止まるので十分な量をあらかじめ用意しておいて下さい

簡単な対策としてイベント時はクエストに必要なアイテムが貰えるクエストを周回するようにしておきます(作成時のイベントで説明するとお勉強ステージ通常)。ある程度アイテムが溜まったら、自分でアイテムを消費するクエストを選び(作成時のイベントで説明すると抜き打ち試験)、クエスト出発画面、戦闘中、戦闘後の画面でマクロを開始します

こうすることでアイテムがなくなるか、アプリが落ちるか、フリーズするまで、ずっとアイテム消費のクエストを周回してくれます。もし途中でアイテムがなくなったら(フリーズ、アプリ落ち)、またアイテムが貰えるクエストを周回してくれるので無駄がなくなります

闘技場周回マクロの使い方

闘技場周回の場合は設定.uwsの20行目を「PUBLIC sk = 3」にします

闘技場マクロはホーム画面か、闘技場の画面でマクロを開始してください

宝箱は自動で開けてくれます(ジェムは使用しません)

ブレストマクロの購入はこちら

無料版(デモ用)と通常版(v.〇〇〇)があります。

無料版は動作確認のデモ用なので周回制限5回と一部ソースコードの暗号化をしています。無料版は基本的にアプリのアップデートによるマクロの使用不可以外で、更新することはありません

通常版に制限はなく、ソースコードも全て公開しています。通常版は一度購入すれば、マクロファイルを更新時も追加料金は発生せずに、無料で最新版をダウンロードできます

ブレストマクロの購入は下記のページからお願いします

マクロ販売
当サイトで販売しているuwscを使用したマクロです。マクロは動作確認用の無料版(制限有り)と無料版にかけている制限を外した有料版に分かれています 販売しているマクロはほぼ依頼を受けて作成したものです。継続してプレイしていないので、アプ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました